DEGUCHI Yasuhiko

写真a

Search Institutional Repository


Title

Lecturer

Laboratory location

Abeno Campus

Research Areas 【 display / non-display

Psychiatric science

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Clinical Medicine Course   Lecturer  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    2012.03

    Osaka City University  Graduate School, Division of Medicine 

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Intra-individual state-dependent comparison of plasma mitochondrial DNA copy number and IL-6 levels in patients with bipolar disorder.

    Kageyama Y, Deguchi Y, Kasahara T, Tani M, Kuroda K, Inoue K, Kato T

    Journal of affective disorders  2021.10  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Relationship between initial self-perceived depressive symptoms and disease severity in working patients with first-onset major depressive disorder

    Hirota Tomoyuki, Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Sakaguchi Aya, Niki Akihiro, Shirahama Yoshiki, Nakamichi Yoko, Inoue Koki

    PLOS ONE  16 ( 7 ) e0255084 2021.07  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Nervonic acid level in cerebrospinal fluid is a candidate biomarker for depressive and manic symptoms: A pilot study

    Kageyama Yuki, Deguchi Yasuhiko, Hattori Kotaro, Yoshida Sumiko, Goto Yu-ichi, Inoue Koki, Kato Tadafumi

    BRAIN AND BEHAVIOR    e02075 2021.02  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Gender differences in self-perceived changes among Japanese workers with depression

    Niki A., Deguchi Y., Iwasaki S., Mitake T., Okuda Y., Sakaguchi A., Hirota T., Shirahama Y., Nakamichi Y., Inoue K.

    OCCUPATIONAL MEDICINE-OXFORD  70 ( 9 ) 680 - 684 2020.12  [Refereed]

    DOI

  • Major depressive disorder due to social isolation during the coronavirus disease 2019 pandemic: an elderly woman's first episode of major depressive disorder

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Inoue Koki

    PSYCHOGERIATRICS  20 ( 6 ) 934 - 935 2020.11  [Refereed]

    DOI PubMed

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 面接指導版 嘱託産業医のためのストレスチェック実務Q&A II 知っておきたい基本知識 3 うつ病の基礎知識

    ストレスチェック実務Q&A編集委員会 (Part: Single Work )

    産業医学振興財団  2016.11

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 【現代社会における不安の病理と対応】withコロナ時代の就労者を取り巻く環境と、就労者の今日的不安

    出口 裕彦

    (株)星和書店 精神科治療学  35 ( 12 ) 1305 - 1310 2020.12  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    働き盛りのメンタルヘルス不調、メンタルヘルス不調による長期休職者は増加している。新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会状況や就労環境の急激な変化、生物学的感染だけでなく心理的感染や社会的感染への不安は、今日の就労者の大きなストレス要因となっており、働き方の大きな転換が求められている。われわれ精神科医には、時代の変化、背景を念頭に就労者の不安に関わることが求められ、森田療法的アプローチは不安の尽きないwithコロナ時代における就労者のセルフケア、精神的支援に役立つと考えている。(著者抄録)

  • 大うつ病性障害における社会的損失と職場における早期発見の重要性

    仁木 晃大, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (一社)日本産業精神保健学会 産業精神保健  28 ( 4 ) 368 - 371 2020.12  [Refereed]  [Invited]

  • 職域のメンタルヘルス不調における最近の知見

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    (公財)産業医学振興財団 産業医学レビュー  31 ( 2 ) 129 - 151 2018.09  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    社会環境や労働環境の急激な変化により、メンタルヘルス不調は増加している。大阪府において2000〜2014年に調査が行われた精神疾患による休職者数の推移について概説した。次いで、代表的な職業性ストレスモデル、職業性ストレスとメンタルヘルス不調や気質の関連について、文献を基に概観した。最後に、職場のメンタルヘルスにおける基本的概念として、事例性と疾病性、4つのケア、相互連携について解説した。

  • 診療の秘訣:患者の「よりよく生きたいという生の欲望」を意識して外来診療にあたる

    出口裕彦

    Modern Physician  30 ( 2 ) 412 2018  [Refereed]  [Invited]

  • 職業性ストレスとメンタルヘルス不調について

    岩﨑進一,出口裕彦,井上幸紀

    産業医学レビュー  31 ( 2 ) 129 - 151 2018  [Refereed]  [Invited]

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>