阿多 信吾 (アタ シンゴ)

ATA Shingo

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://www.c.info.eng.osaka-cu.ac.jp/staffs/ata/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)

  • 大阪大学 -  工学修士

研究分野 【 表示 / 非表示

情報ネットワーク, 情報ネットワーク学

研究歴 【 表示 / 非表示

  • ネットワーク仮想化とその管理運用

    (機関内共同研究)

    研究課題キーワード:  仮想化、運用、管理

  • ネットワークトラヒックの計測、分析とその応用に関する研究

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  計測、トラヒック分析、インターネット

  • 将来ネットワークアーキテクチャ

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  将来ネットワーク、アーキテクチャ

  • 高速データ転送機構に関する研究

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  ルータ、スイッチング技術、パケット

  • ネットワークアーキテクチャ

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  ネットワーク、アーキテクチャ、制御

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • ACM

  • IEEE

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月
    -
    現在

    電子情報通信学会   情報指向ネットワーク技術特別研究専門委員会 副委員長

  • 2014年05月
    -
    2016年05月

    電子情報通信学会   情報通信マネジメント研究専門委員長

  • 2012年05月
    -
    2016年05月

    電子情報通信学会   英文論文誌B編集委員

  • 2011年05月
    -
    2013年05月

    電子情報通信学会   情報通信マネジメント研究専門委員副委員長

  • 2009年05月
    -
    2011年05月

    電子情報通信学会   情報通信マネジメント研究専門委員会幹事

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会情報通信マネジメント研究賞

    2014年  

  • 電子情報通信学会ネットワークシステム研究賞

    2013年  

  • Best Paper Award, IEEE CQR 2011

    2011年  

  • 電子情報通信学会情報ネットワーク研究賞

    2011年  

  • 電子情報通信学会情報通信マネジメント研究賞

    2010年  

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   電子情報系専攻   教授  

  • 大阪市立大学   情報基盤センター   所長  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
     
     

      大阪市立大学   教授

  • 2006年
     
     

      大阪市立大学   助教授

  • 2003年
     
     

      大阪市立大学   講師

  • 2000年
     
     

      大阪市立大学   助手

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    大阪大学  基礎工学研究科  情報数理系専攻  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    大阪大学  基礎工学部  情報工学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Design and Implementation of Tracking System for Moving Objects in Information-Centric Networking

    田中達也,Eum Suyong,阿多信吾,村田正幸

    Proceedings of ICIN 2019    1 - 5 2019年02月  [査読有り]

  • Realization of Mobility-Controlled Flying Router in Information-Centric Networking

    Gao Yuhao, Kitagawa Taku, Eum Suyong, Ata Shingo, Murata Masayuki

    JOURNAL OF COMMUNICATIONS AND NETWORKS  20 ( 5 ) 443 - 451 2018年10月  [査読有り]

    DOI

  • Exact Analysis for Error Probability of Max-Log-MAP Decoding in Sequence Dependent Channels

    Tadashi Tomizuka, Riku Iwanaga, Ikuo Oka, Shingo Ata

    Proceedings of ISITA 2018  2018年10月  [査読有り]

  • Compact CAR: Low-Overhead Cache Replacement Policy for an ICN Router

    OOKA Atsushi, EUM Suyong, ATA Shingo, MURATA Masayuki

    一般社団法人 電子情報通信学会 IEICE Transactions on Communications  101 ( 6 ) 1366 - 1378 2018年06月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>Information-centric networking (ICN) has gained attention from network research communities due to its capability of efficient content dissemination. In-network caching function in ICN plays an important role to achieve the design motivation. However, many researchers on in-network caching due to its ability to efficiently disseminate content. The in-network caching function in ICN plays an important role in realizing the design goals. However, many in-network caching researchers have focused on where to cache rather than how to cache: the former is known as content deployment in the network and the latter is known as cache replacement in an ICN router. Although the cache replacement has been intensively researched in the context of web-caching and content delivery network previously, networks, the conventional approaches cannot be directly applied to ICN due to the fine granularity of chunks in ICN, which eventually changes the access patterns. In this paper, we argue that ICN requires a novel cache replacement algorithm to fulfill the requirements in the design of a high performance ICN router. Then, we propose a novel cache replacement algorithm to satisfy the requirements named Compact CLOCK with Adaptive Replacement (Compact CAR), which can reduce the consumption of cache memory to one-tenth compared to conventional approaches. In this paper, we argue that ICN requires a novel cache replacement algorithm to fulfill the requirements set for high performance ICN routers. Our solution, Compact CLOCK with Adaptive Replacement (Compact CAR), is a novel cache replacement algorithm that satisfies the requirements. The evaluation result shows that the consumption of cache memory required to achieve a desired performance can be reduced by 90% compared to conventional approaches such as FIFO and CLOCK.</p>

    DOI CiNii

  • ワークフローのモジュール化によるネットワーク運用管理自動化手法

    瓦井 太雄, 吉田 直樹, 中山 裕貴, 林 經正, 阿多 信吾

    電子情報通信学会技術研究報告 (ICM)  117 ( 491 ) 13 - 18 2018年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • A Protocol for Anycast Address Resolving (draft-ata-ipv6-anycast-resolving.txt)

    Hiroshi Kitamura, Masayuki Murata

    Internet Draft (work in progress)  2002年

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 情報指向ネットワークを用いた ネットワークプログラマビリティの高度化に関する研究

    中村真也, 阿多信吾

    電子情報通信学会情報指向ネットワーク技術研究会  2019年03月 

  • 情報指向ネットワークを用いた移動オブジェクトトラッキング

    田中達也, Eum Suyong, 阿多信吾, 村田正幸

    電子情報通信学会情報指向ネットワーク技術研究会  2018年12月 

  • アプリケーションオリエンテッドな情報指向ネットワークの実現に向けて

    阿多信吾  [招待有り]

    電子情報通信学会通信方式研究会  2018年09月 

  • Ceforeで制御する移動体ロボット

    中村真也,阿多信吾

    電子情報通信学会情報指向ネットワーク技術研究会  2018年08月 

  • 運用管理の自動化によるパーソナライズネットワークの実現に向けて

    阿多 信吾  [招待有り]

    電子情報通信学会情報通信マネジメントワークショップ 2018  2018年03月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ビヘイビア指向ネットワーク制御を具現化するアジャイルポリシフレームワーク

    基盤研究(B) 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

  • ストリームマイニングによるユーザビヘイビア同定とその応用に向けた基礎的検証

    挑戦的萌芽 代表者

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

  • パラダイムシフトを促進させる戦略的ネットワーク制御のための基盤技術の研究開発

    若手研究(A) 代表者

    研究期間:

    2007年04月
    -
    2010年03月
     

  • 一般化直交変調のセキュリティ評価に関する実証的研究

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2007年04月
    -
    2010年03月
     

  • ユビキタス環境に適した分散型ファイルシステムの構築

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2004年04月
    -
    2006年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 欧州との連携による情報指向ネットワーキングに関する実証的研究開発

    制度名:  情報通信研究機構 高度通信・放送研究開発委託研究 (受託研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2016年07月
    -
    2019年06月

  • IoT-GWでのトラヒック特徴量を用いた状態推定技術に関する理論的研究

    制度名:  沖電気工業 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2016年07月
    -
    2017年03月

  • 情報指向ネットワーク技術を用いた自律移動型ルータによる柔軟性の高いIoTネットワーク実現のための研究開発

    制度名:  総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度 (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2016年06月
    -
    2017年03月

  • オンデマンド駆動型ネットワークによる超低消費電力ネットワーク制御とLSI 技術に関する研究

    制度名:  半導体理工学研究センター (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2014年08月
    -
    2015年07月

  • 新世代ネットワークの構築に関する設計・セキュリティ評価手法の研究開発

    制度名:  ルネサスエレクトロニクス (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2014年08月
    -
    2015年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • プログラミング演習A

    (2017年度)大学 専門科目

  • 電気情報工学基礎演習B

    (2017年度)大学 専門科目

  • 情報ネットワーク特論

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 数理計画

    (2017年度)大学 専門科目

  • ネットワーク論

    (2017年度)大学 専門科目

全件表示 >>

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2013年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    1名
    外国人留学生受入数
    2名
  • 外国人受入年度:2012年度

     詳細を見る

    外国人留学生受入数
    1名
  • 外国人受入年度:2011年度

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2009年04月
     
     

    活動内容:米国大学 (The University of Missouri-Kansas City, Arizona State University)との共同研究