野田 昌吾 (ノダ ショウゴ)

NODA Shogo

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • -大阪市立大学 -  博士(法学)

研究分野 【 表示 / 非表示

ヨーロッパ政治史, 政治学

研究歴 【 表示 / 非表示

  • ドイツ連邦共和国の政治体制

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  西ドイツ、政治体制

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本政治学会

  • ドイツ現代史研究会

  • 日本比較政治学会

  • 関西政治史研究会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本政治学会   2015年度企画委員

  • 2018年01月
    -
    2018年02月

    和泉市特別職報酬等審議会   会長

  • 2017年08月
    -
    2019年08月

    和泉市政治倫理審査会委員   和泉市政治倫理審査会委員

  • 2016年10月
    -
    現在

    日本政治学会   理事

  • 2016年10月
    -
    2017年09月

    日本政治学会   査読委員長

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    大阪市立大学  法学研究科  公法学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    大阪市立大学  法学部  法学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ドイツ社会民主党はなぜ危機に陥ったのか

    野田昌吾

    生活経済政策  ( 258 ) 12 - 16 2018年07月  [招待有り]

  • Von Bedingung der Demokratie zur Human Condition. Die Entwicklung der Politikwissenschaft des Subjekts im Nachkriegs-Japan und ihre gegenwärtige Bedeutung

    Shogo Noda

    Tradition und Innovation im Recht, hrsg. von Alexander Bruns, Mohr Siebeck: Tübingen     59 - 91 2017年

  • 投票率の低下と政治的平等の危機

    生活経済政策  ( 239 ) 11 - 16 2016年12月

  • ドイツ保守政治空間の変容--キリスト教民主・社会同盟の「復活」とその背景

    水島治郎編『保守の比較政治学』岩波書店    195 - 217 2016年07月

  • 欧州金融・債務危機と「再国民化」--「小文字の統合」の論理とその逆説――

    高橋進・石田徹編著『「再国民化」に揺らぐヨーロッパ』法律文化社    3 - 22 2016年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『ドイツ戦後政治経済秩序の形成』

    (担当: 単著 )

    有斐閣  1998年

  • グローバル化と社会国家原則

    髙田昌宏, 守矢健一 (担当: 共著 )

    信山社  2015年05月

  • ドイツ社会保障の危機ーー再統一の代償ーー

    竹中亨(監訳) (担当: 共訳 )

    ミネルヴァ書房  2013年01月

     概要を見る

    ドイツ社会保障の危機ーー再統一の代償ーー

  • 法発展における法ドグマーティクの意義

    松本博之・守矢健一 (担当: 共著 )

    信山社  2011年02月

  • ヨーロッパのなかのドイツ―1800~2002

    丸畠宏太、進藤修一 (担当: 共訳 )

    ミネルヴァ書房  2008年10月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 保守的政界再編論と日本政治の停滞ーー「保守の呪い」を超えて

    野田昌吾

    現代の理論 デジタル版  ( 14 )  2017年11月  [依頼有り]

  • (書評)ヤン=ヴェルナー・ミュラー著『ポピュリズムとは何か』

    野田昌吾

    公明新聞    4 - 4 2017年08月  [依頼有り]

  • (書評)西田慎・梅崎透編著『グローバル・ヒストリーとしての「1968年」 : 世界が揺れた転換点』

    野田昌吾

    歴史学研究  ( 960 ) 60 - 63 2017年08月  [依頼有り]

  • 山口定先生追悼座談会

    加茂利男,水口憲人

    『政策科学』  22 ( 3 ) 265 - 298 2015年03月

  • 「(書評)藤本建夫著『ドイツ自由主義経済学の生誕ーーレプケと第三の道』」

    『社会経済史学』  74 ( 6 ) 99 - 101 2009年

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 欧州金融・債務危機と「再国民化」--「小文字の統合」の論理とその破綻

    日本政治学会  2015年10月 

  • 選挙と政党政治から見る25年― 2013年選挙でのCDU/CSUの「復活」から考える -

    ドイツ現代史学会  2015年09月 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • グローバル・ポピュリズムの比較政治分析:ヨーロッパ・アメリカ・日本

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

  • ヨーロッパ保守政治の構造変容:保守主義・キリスト教民主主義・新右翼

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2017年03月
     

  • 「再国民化」の比較政治学-ヨーロッパ・デモクラシーのジレンマ

    基盤(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

  • マルチレベル・ガバナンス化するヨーロッパの民主的構造変化の研究

    基盤(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

  • 西欧キリスト教民主主義:その「危機」と革新の可能性

    基盤(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 欧州政治外交史

    (2017年度)大学 専門科目

  • 欧州政治外交史演習

    (2017年度)大学 専門科目

  • 基礎演習

    (2017年度)大学 専門科目

  • 外国語演習(ドイツ語)

    (2017年度)大学 専門科目

  • 特別研究(政治過程論)

    (2017年度)大学 共通(教育)科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 国際化への貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    日韓未来フォーラムへの参加学生の選抜、事前・事後の学生との懇談会への参加

  • FD活動への貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    学部FD集会への参加、授業相互参観への授業公開

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人留学生受入数
    1名
  • 外国人受入年度:2016年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    1名
    外国人留学生受入数
    1名

    Korea