WATANABE Toshio

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Abeno Campus

Research Areas 【 display / non-display

Gastroenterology, Epidemiology and preventive medicine

Research Career 【 display / non-display

  • Roles of prostaglandins and cyclooxygenases in the pathogenesis of gastrointestinal diseases

    (Individual) Project Year :

    1997.04
     
     

    Keyword in research subject:  prostaglandin, cyclooxygenase, cytokine

Association Memberships 【 display / non-display

  • American College of Gastroenterology

  • American Gastroenterological Association,

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Clinical Medicine Course   Professor  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1996

    Osaka City University  Graduate School, Division of Medicine 

Graduating School 【 display / non-display

  • 1983.04
    -
    1989.03

    Osaka City University   Faculty of Medicine  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Vonoprazan shows efficacy similar to that of proton pump inhibitors with respect to symptomatic, endoscopic, and histological responses in patients with eosinophilic esophagitis

    Kuzumoto Takuya, Tanaka Fumio, Sawada Akinari, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    ESOPHAGUS  18 ( 2 ) 372 - 379 2021.04  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Comparison of the Diagnostic Efficiency of Radial- and Convex-Arrayed Echoendoscopes for Indirect Findings of Pancreatic Cancer: A Retrospective Comparative Study Using Propensity Score Method

    Ishikawa-Kakiya Yuki, Maruyama Hirotsugu, Yamamoto Kei, Yamamura Masafumi, Tanoue Kojiro, Higashimori Akira, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    CANCERS  13 ( 6 )  2021.03  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Role of nucleotide binding oligomerization domain-like receptor protein 3 inflammasome in stress-induced gastric injury

    Higashimori Akira, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Nakata Akinobu, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  36 ( 3 ) 740 - 750 2021.03  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs

    Nakata Akinobu, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY  2021.02  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Prevalence and risk factors of functional constipation in the Rome IV criteria during a medical check-up in Japan

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  2021.02  [Refereed]

    DOI PubMed

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • Annual Review 消化器2008

    荒川哲男, 富永和作, 渡辺俊雄, 藤原靖弘 (Part: Single Work )

    中外医学社  2008

  • サイトプロテクション-生体防御機構の解明と最先端医療への道

    渡辺俊雄, 樋口和秀, 富永和作, 藤原靖弘, 押谷伸英, 荒川哲男 (Part: Single Work )

    癌と化学療法社  2006

  • 消化器病学の進歩2005―モノグラフ― 消化器病学のニューフロンティア

    富永和作, 樋口和秀, 門内かおり, 越智正博, 佐々木英二, 斯波将次, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 押谷伸英, 荒川哲男 (Part: Single Work )

    メディカルレビュー社  2005

  • 21世紀の胃の炎症学

    平良高一, 渡辺俊雄, 谷川徹也, 富永和作, 藤原靖弘, 樋口和秀, 荒川哲男 (Part: Single Work )

    メディカルレビュー社  2005

  • Oxidative Stress and Digestive Diseases

    Watanabe T, Higuchi K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T (Part: Joint Work )

    KARGER  2001

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 【酸分泌抑制薬の功罪】小腸・大腸 PPI投与とアスピリン小腸傷害

    渡邉 俊雄, 東森 啓, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 藤原 靖弘

    (株)東京医学社 消化器内視鏡  32 ( 8 ) 1191 - 1195 2020.08  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    カプセル内視鏡を用いた検討により、低用量アスピリン(LDA)が高頻度に小腸傷害を惹起することが明らかになった。LDAを含む非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による小腸傷害の機序には、腸内細菌が関与すると想定されている。一方、最近のげっ歯類を用いた検討により、プロトンポンプ阻害薬(PPI)が小腸細菌叢のdysbiosisを惹起し、NSAIDs起因性小腸傷害を増悪させる可能性が示唆されている。実際、PPIの併用によりNSAIDsあるいはLDAによる小腸傷害が増悪したとの臨床研究の結果が複数報告されているが、両者併用の小腸病変に及ぼす影響についてはいまだ結論が得られていない。両者併用の臨床的意義を評価するためには、PPIが出血性潰瘍や狭窄など臨床的重要度の高い小腸病変を増加させるか否かを検討する必要がある。(著者抄録)

  • 【消化器疾患と免疫系】薬剤起因性小腸傷害の基礎ならびに臨床研究

    渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (有)科学評論社 臨床免疫・アレルギー科  74 ( 1 ) 22 - 29 2020.07  [Refereed]  [Invited]

  • 【薬剤性消化器疾患の診療】薬剤性消化器疾患のメカニズム 下部消化管(小腸・大腸)

    渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科  35 ( 7 ) 683 - 688 2020.06  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    <文献概要>非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は粘膜のプロスタグランジン量の低下作用に加えて,topical effectと呼ばれる上皮細胞に対する直接傷害作用により,粘膜バリア機能を破綻させる.その結果,腸内細菌などが粘膜内に浸潤して自然免疫系が活性化され,引き続き起こる好中球浸潤により小腸傷害が発症する.Toll-like receptor 4シグナルが炎症の起点となり,NLRP3インフラマソームなどが炎症ネットワークをさらに活性化する.また,フルオロウラシルやイリノテカンなどの殺細胞性抗がん剤による消化管傷害においてもこれらの自然免疫系が活性化され,傷害機序の中心的な役割を果たす.一方,vascular endothelialgrowth factor経路を標的とする分子標的治療薬は比較的高頻度に消化管穿孔を惹起するが,その機序には腸管虚血などの複数の要因が関与している可能性が示唆されている.

  • 非ステロイド性抗炎症薬による小腸損傷に関する現在の知識 包括的レビュー(Current knowledge on non-steroidal anti-inflammatory drug-induced small-bowel damage: a comprehensive review)

    Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Chan Francis K.L.

    シュプリンガー・ジャパン(株) Journal of Gastroenterology  55 ( 5 ) 481 - 495 2020.05  [Refereed]  [Invited]

  • 【Helicobacter Year Book 2020-Helicobacter研究の進歩-】Helicobacter pylori除菌による胃がん抑制の新知見

    渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    (株)先端医学社 Helicobacter Research  24 ( 1 ) 47 - 51 2020.05  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    多くの臨床試験の結果、Helicobacter pylori除菌の胃がん予防効果については世界的にコンセンサスが得られつつある。しかし、高齢者や胃がん既往歴のある症例は胃粘膜の萎縮が高度で、腸上皮化生の合併例も多いため、これらの症例に対する除菌の効果については懐疑的な意見が存在する。2018年以降に、高齢者における除菌の胃がんの一次予防効果を示すコホート研究の結果、さらには早期胃がん内視鏡治療症例に対する除菌の二次予防効果を示す2つのランダム化比較試験の結果が報告され、ハイリスク症例に対しても除菌の有用性が明確に示された。一方、日常臨床では多くの除菌後胃がん症例を経験するが、除菌後胃がんのリスクをプロトンポンプ阻害薬などの一部の薬剤が修飾する可能性が報告された。(著者抄録)

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>