上野 敦志 (ウエノ アツシ)

UENO Atsushi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

講師

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

知能情報学, 知能機械学・機械システム

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 実世界中の認知行動システム(エージェント)は,様々な環境に柔軟に適応することが求められている.そのために,環境中の莫大な情報から有用な情報だけを抽出する手法,環境に適した行動を学習する手法などについて研究を行っている.

研究キーワード 【 表示 / 非表示

ロボットの学習, 人工知能, 強化学習

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 雑多な文章のための言語処理

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2015年04月
    -
    現在

  • 視覚に基づく強化学習

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2014年04月
    -
    現在

  • 不完全知覚環境下での強化学習

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2000年04月
    -
    2008年03月

    研究課題キーワード:  部分観測マルコフ決定過程、強化学習

  • 実ロボットによる環境認識

    (機関内共同研究) 研究期間:

    1998年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  環境認識、実ロボット

  • 自律エージェントによる状態表現学習

    (機関内共同研究) 研究期間:

    1994年04月
    -
    2014年03月

    研究課題キーワード:  状態表現学習、自律エージェント、強化学習

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 知識工学:人間の知的情報処理を計算機上で実現しようとする人工知能について学ぶ.その実現のための問題解決手法,知識表現手法,学習手法について解説する. データベース論:計算機により大量のデータを効率よく管理,処理するデータベースシステムについて学ぶ.代表的なデータベースシステムである関係データベースを中心に,その理論と実際について解説する. プログラミング演習VI:C言語を用いて,BASICインタプリタと簡単な人工知能プログラムの開発を行う. 情報工学関係外書講読:情報工学に関する英文専門書・論文を読む. 知能ロボティクス特論:知能ロボットの知覚,推論,学習,制御に関するハードウェアとアルゴリズムについて学ぶ. 特別演習(知識情報処理工学II):知能ロボットのアルゴリズムについて学ぶ.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • 人工知能学会

  • 情報処理学会

  • 日本ロボット学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2019年08月
     
     

    国際会議「The 14th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2019)」 Program & Steering Committee   委員

  • 2019年05月
    -
    現在

    2019年度情報処理学会関西支部支部大会 実行委員会   委員

  • 2019年03月
    -
    現在

    令和元年電気関係学会関西連合大会 実行委員会   委員

  • 2018年05月
    -
    現在

    情報処理学会 関西支部   幹事

  • 2018年05月
    -
    2019年05月

    2018年度情報処理学会関西支部支部大会 実行委員会   委員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • HSI-2008 最優秀論文賞(ロボット工学分野)

    2008年  

  • 人工知能学会1996年度研究奨励賞

    1996年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   電子情報系専攻   講師  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年
    -
    2004年

      奈良先端科学技術大学院大学   情報科学研究科   助手

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    東京大学  工学系研究科  航空宇宙工学専攻  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年

    東京大学  工学部  航空学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Object Pose Rotation by Pulling up the Edge of Object under a Constraint of Ground Contact

    Naoya Kobayashi, Tomohito Takubo, Atsushi Ueno

    Proceedings of the 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2020)  2020年01月  [査読有り]

  • 3D Pose Estimation for the Object with Knowing Color Symbol by Using Correspondence Grouping Algorithm

    Erika Miyake, Tomohito Takubo, Atsushi Ueno

    Proceedings of the 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2020)  2020年01月  [査読有り]

  • An Evaluation of Web Article Similarity Based on User Comments

    Katsuyuki Shimoyama, Atsushi Ueno, Tomohito Takubo

    ICIC Express Letters: An International Journal of Research and Surveys  13 ( 5 ) 409 - 413 2019年05月  [査読有り]

  • A Spoiler Detection Method for Japanese-Written Reviews of Stories

    Atsushi Ueno, Yuu Kamoda and Tomohito Takubo

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control  15 ( 1 ) 189 - 198 2019年02月  [査読有り]

  • A Method for Detecting Werewolves in the Werewolf Game based on Messages from and about a Suspected Player

    Takeshi Okada, Atsushi Ueno, Tomohito Takubo

    Proceedings of Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems in conjunction with Intelligent Systems Workshop 2018    1250 - 1253 2018年12月  [査読有り]

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Future Convenience Store Challenge に向けた移動マニピュレータの開発

    田窪 朋仁, 松本 悠, 内堀 佑希, 上野 敦志

    計測と制御  57 ( 12 ) 905 - 908 2018年12月  [査読有り]  [依頼有り]

  • 文献紹介「Moore, A. W. and Atkeson, C. G.: The Parti-game Algorithm for Variable Resolution Reinforcement Learning in Multidimensional State-spaces」

    上野 敦志

    人工知能学会誌  14 ( 5 ) 916 1999年

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Object Pose Rotation by Pulling up the Edge of Object under a Constraint of Ground Contact

    Naoya Kobayashi, Tomohito Takubo, Atsushi Ueno

    The 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2020)  (Honolulu, USA)  2020年01月 

  • 3D Pose Estimation for the Object with Knowing Color Symbol by Using Correspondence Grouping Algorithm

    Erika Miyake, Tomohito Takubo, Atsushi Ueno

    The 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2020)  (Honolulu, USA)  2020年01月 

  • Android Malware Classification Using Flattened Image Representation and SENet

    Yuta Otani, Atsushi Ueno, Tomohito Takubo

    The 14th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2019)  (Seoul, Korea)  2019年08月 

  • A Method for Detecting Werewolves in the Werewolf Game based on Messages from and about a Suspected Player

    Takeshi Okada, Atsushi Ueno, Tomohito Takubo

    Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems in conjunction with Intelligent Systems Workshop 2018  (Toyama, Japan)  2018年12月 

  • A Spoiler Detection Method for Japanese-Written Reviews of Stories

    Atsushi Ueno, Yuu Kamoda, Tomohito Takubo

    The 13th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2018)  (Lianyungang, China)  2018年08月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人とコミュニケーションするロボットのための適応学習機能に関する研究

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2002年04月
    -
    2004年03月
     

  • ネットワークにおけるコミュニケーション支援のための知識ライフサイクルの研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    1999年04月
    -
    2002年03月
     

  • オントロジーの多重化技術による専門分野知識の体系化の研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    1996年04月
    -
    1999年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ミクロ・ロボットの開発―ミクロ・ロボティクスの実現に向けて

    制度名:  大阪市立大学重点研究 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2005年04月
    -
    2010年03月

  • STNS-R: 仮想エージェントから実ロボットへの移植に適した状態空間の構成法

    制度名:  矢崎科学技術振興記念財団 国際交流援助(9.11テロで渡航を中止したため辞退) (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2001年10月
     
     

  • 認識の学習と行動の学習の協調

    制度名:  奈良先端科学技術大学院大学支援財団 下期支援事業 海外派遣 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    1999年10月
     
     

  • 変動する環境下での認識を可能とする実時間学習方式の研究

    制度名:  奈良先端科学技術大学院大学支援財団 教育研究支援(若手研究者の優れた研究に対する研究費の助成) (教育研究奨励寄附)  分担者・その他

    研究期間:

    1998年04月
    -
    1999年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 情報処理工学特論I

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 特別演習(知識情報処理工学I)

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 特別演習(知識情報処理工学II)

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 情報数学

    (2019年度)大学 専門科目

  • 人工知能概論

    (2019年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • クラス担任

    (2019年度)

     概要を見る

    2019年度入学生の学生相談委員を担当した.電気情報工学科の学科主催事業である「一回生導入研修」(4/13~14)を企画・運営し,新入生に大学生活を紹介すると共に,新入生同士の交流を深めることができた.また,定期的に学生の学業成績を確認し,思わしくない学生への指導を行った.退学・休学を希望する学生への対応を行った.

  • 学部・研究科横断型教育プログラムへの貢献

    (2019年度)

     概要を見る

    工学部の共通科目である「技術者倫理」において,第5回の講義責任者(代理)を担当し,講師の応対,講義の司会進行,学科担当者の統率などを行った.

  • FD活動への貢献

    (2019年度)

     概要を見る

    2019年9月24日に開催された工学部FD集会「工学部における海外研修制度」に参加した.

  • 学部・研究科横断型教育プログラムへの貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    工学部の共通科目である「技術者倫理」において,第5回の講義責任者を担当し,講師との連絡・応対,講義の司会進行,学科担当者の統率,レポートの管理などを行った.また学科担当者として6コマの講義を担当し,講義室の準備や講義の進行補助などを行った.

  • FD活動への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    2018年9月28日に開催された安全保障輸出管理に関する第3回工学部FD集会に参加した.

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学大学院工学研究科 第79回「オープン・ラボラトリー」 『AI(人工知能)とロボティクスがもたらす新しい世界』その1 「人工知能が拓くこれからの情報処理」

    役割:講師

    2019年07月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立大学学術・研究推進本部URAセンター,大阪産業創造館 

  • 小中高生向け教育活動

     対象:高校生 

    2011年04月
    -
    2012年03月

     概要を見る

    オープンキャンパスにおいて,情報工学科の取りまとめ役を担当した.また,ロボットサッカーのデモを行った.