YABE Mitsuhide

写真a

Search Institutional Repository


Title

Lecturer

Laboratory location

Abeno Campus

Research Areas 【 display / non-display

Pain science

Education summary 【 display / non-display

  • Pain Clinic, Palliative care medicine

Association Memberships 【 display / non-display

  • Japanese Society of Anesthesiologists

  • Japan Society of Pain Clinicians

  • Japanese Society of Palliative Medicine

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Clinical Medicine Course   Lecturer  

Career 【 display / non-display

  • 2013.04
    -
    Today

    Osaka City University Graduate School of Medicine   Department of Anesthesiology  

  • 2010.04
    -
    2013.03

    Osaka Rosai Hospital   Department of Anesthesiology  

  • 2008.04
    -
    2010.03

    Osaka Rosai Hospital   Department of Anesthesiology  

  • 1996.07
    -
    2008.03

    Osaka Rosai Hospital   Department of Anesthesiology  

Graduate School 【 display / non-display

  • 1992.04
    -
    1996.03

    Osaka City University  Graduate School, Division of Medical Sciences 

Graduating School 【 display / non-display

  • 1986.04
    -
    1992.03

    Osaka City University   Faculty of Medicine  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • 抑肝散で冷えのぼせ症状を訴えた1症例

    矢部 充英, 河邉 讓治, 藤田 麻耶, 山崎 広之, 西川 精宣

    日本疼痛漢方研究会 痛みと漢方  30   133 - 135 2020.05  [Refereed]

     View Summary

    抑肝散を内服することで冷えのぼせや頭痛、悪寒、発汗などの症状を発現した症例を経験したので報告する。症例は70歳代の女性、開胸術後疼痛症候群と肩こりで通院中、他科で処方されたエスシタロプラムが原因と思われるセロトニン症候群のため入院となった。鎮痛目的で投与した抑肝散を内服後、冷えのぼせ症状、頭痛、発汗、興奮が再燃した。内服中止後ただちに症状は軽快し、抑肝散による副作用と思われた。抑肝散を処方する場合には、セロトニン過剰症状が発現する可能性があることを念頭に置く必要がある。(著者抄録)

  • 腰椎圧迫骨折に対する椎体穿孔術後に新たな神経根症状の出現が疑われた1症例

    河合 茂明, 山崎 広之, 藤田 麻耶, 舟尾 友晴, 矢部 充英, 西川 精宣

    一般社団法人 日本ペインクリニック学会 日本ペインクリニック学会誌  2020  [Refereed]

     View Summary

    <p>急性期の腰椎圧迫骨折に対する椎体穿孔術は,腰痛を改善し早期の離床を可能とする.しかし術直後の椎体への影響は詳しく知られていない.今回われわれは,椎体穿孔術後に新規の神経根症の出現が疑われた症例を経験したので報告する.症例は67歳,女性.腰部脊柱管狭窄症に対して近医で保存的に加療されていたが,腰痛悪化を認めたため当科紹介となった.画像上,第2,第3腰椎(L2,L3)の圧迫骨折を認め,入院治療が必要と判断した.持続硬膜外ブロックを施行後も体動時痛が残存するため,L2,L3椎体に椎体穿孔術を行い,体動時痛は改善した.しかし,新規のL3神経根症状が出現したためパルス高周波法を施行したが,数日の効果しかなく痛みが残存したまま転院となった.本症例においては持続硬膜外ブロックをしていたため症状の顕在化が遅れた可能性があるが,椎体穿孔術の影響は否定できない.急性期の腰椎圧迫骨折において症状が悪化した場合,経過中に繰り返し画像評価や身体診察を行い,骨折の進展や神経根症の悪化がないか評価すべきである.</p>

    DOI CiNii

  • Possible use of low-molecular weight dextran as adjuvant for erector spinae plane block procedure

    Tsuchiya Masahiko, Mizutani Koh, Yabe Mitsuhide, Mori Takashi

    SAUDI JOURNAL OF ANAESTHESIA  14 ( 4 ) 576 - 577 2020  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Ultrasound-guided mandibular nerve block with local anesthetic and low-molecular weight dextran helps reduce anesthetic requirements for parotidectomy

    Tsuchiya Masahiko, Mizutani Koh, Yabe Mitsuhide, Mori Takashi, Ueda Wasa

    MINERVA ANESTESIOLOGICA  85 ( 2 ) 202 - 203 2019.02  [Refereed]

    DOI PubMed

  • 後腹膜腫瘍術後の遷延する痛みに対して治打撲一方が奏効した2症例

    矢部 充英, 河合 茂明, 山崎 広之, 舟尾 友晴, 西川 精宣

    日本疼痛漢方研究会 痛みと漢方  28   109 - 112 2018.05  [Refereed]

     View Summary

    後腹膜腫瘍術後に遷延する痛みに対して治打撲一方が奏効した2症例を経験した。症例1:70歳代、女性。腹腔鏡補助下両側附属器摘出術と開腹下後腹膜腫瘍摘出術を施行1年後から、股関節屈曲時に右下腹部から股関節にかけて鋭い痛みを自覚するようになった。治打撲一方(TJ-89)を5g分2/日で開始したところ、2週間後には日常生活に支障ない程度に軽快した。症例2:40歳代、男性。後腹膜腫瘍切除術後、坐骨神経領域に痛みが残存、フェンタニル貼付剤(FP)で鎮痛をはかっていたが、徐々にFPの持続時間が短くなり、ビリビリした持続痛が残存していた。治打撲一方を5g分2/日で開始したところ、2週後には痛みは30%程度軽減し、FPの持続時間も延長した。治打撲一方は7つの生薬から構成され、薬効はその抗炎症作用、抗酸化作用および駆お血作用によると考えられている。治打撲一方は術後の遷延する痛みに対しても一部の症例では有効である可能性が示唆された。(著者抄録)

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • Anesthesiology

    (2018) University, Special course

  • Anesthesiology

    (2017) University, Special course

  • Anesthesiology

    (2016) University, Special course

  • Anesthesiology

    (2015) University, Special course

  • Anesthesiology

    (2014) University, Special course

display all >>