幸田 正典 (コウダ マサノリ)

KOHDA Masanori

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

研究分野 【 表示 / 非表示

行動生態学, 動物生態学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 社会性魚類の認知能力、共感性に関する実験研究

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 魚類における協同繁殖の解明:特に協同的一妻多夫魚における雌雄の対立.注目している点は雄間の競争と協調および雌による雄の受精の操作である

    (国内共同研究) 研究期間:

    1996年04月
     
     

    研究課題キーワード:  協同繁殖、雄間競争、雌による受精の操作

  • 魚類の環境性決定機構とその適応的意義

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  環境、性決定

  • 熱帯湖における魚類群集の多様性に関する研究

    (国際共同研究)

    研究課題キーワード:  種多様性、生態的地位、適応放散

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本進化学会

  • 日本動物行動学会

  • 日本生態学会

  • 日本魚類学会

  • 日本魚類学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2005年
    -
    現在

    日本動物行動学会   運営委員

  • 2004年
    -
    現在

    日本魚類学会   評議員

  • 2001年
    -
    現在

    日本魚類学会   編集委員

  • 1996年
    -
    2000年

    日本動物行動学会   編集委員

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    京都大学  理学研究科  動物学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    鹿児島大学  水産学部  増殖学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • If a fish can pass the mark test, what are the implications for consciousness and self-awareness testing in animals?

    Kohda Masanori, Hotta Takashi, Takeyama Tomohiro, Awata Satoshi, Tanaka Hirokazu, Asai Jun-ya, Jordan Alexander Lyndon

    PLOS Biology  2019年  [査読有り]

  • Evolutionary transitions to cooperative societies in fishes revisited

    Tanaka Hirokazu, Frommen Joachim G., Koblmueller Stephan, Sefc Kristina M., McGee Matthew, Kohda Masanori, Awata Satoshi, Hori Michio, Taborsky Michael

    ETHOLOGY  124 ( 11 ) 777 - 789 2018年11月  [査読有り]

    DOI

  • Helpers increase the reproductive success of breeders in the cooperatively breeding cichlid Neolamprologus obscurus

    Tanaka Hirokazu, Kohda Masanori, Frommen Joachim G.

    BEHAVIORAL ECOLOGY AND SOCIOBIOLOGY  72 ( 9 )  2018年09月  [査読有り]

    DOI

  • Tit for Tat in the Dear Enemy Relationship Between Territorial Females of a Cichlid Fish

    Sogawa Shumpei, Kohda Masanori

    FRONTIERS IN ECOLOGY AND EVOLUTION  6 2018年05月  [査読有り]

    DOI

  • Helpers increase food abundance in the territory of a cooperatively breeding fish

    Tanaka Hirokazu, Frommen Joachim G., Kohda Masanori

    BEHAVIORAL ECOLOGY AND SOCIOBIOLOGY  72 ( 3 )  2018年03月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Individual Specialized foraging repertoires in the piscivorous cichlid fish Lepidiolamprologus profundicola

    Animal Behavior  48   1123 - 1131 1994年

  • Piracy mating by large males in a monogamous substrate-breeding cichlid in Lake Tanganyika

    Journal of Ethology  17   51 - 59 1999年

  • Spawning timing and sites of parturition of the viviparous scorpionfish #HSebastiscus(/)-┫DB #Hmarmoratus(/)-┫DB

    Environmental Biology of Fishes  52   225 - 229 1998年

  • Inter-population variation in the mating system of a substrate-breeding cichlid in Lake Tanganyika

    Journal of Ethotogy  16   123 - 127 1998年

  • Asymmetry of mouth-opening of a small herbivorous cichlid fish #HTelmatochromis(/)-┫DB #Htemporalis(/)-┫DB in Lake Tanganyika

    Zoological Science  15   405 - 408 1998年

全件表示 >>

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 協同的一妻多夫魚カリノクロミスの繁殖生態 -雄の生活史戦略について-

    1999年
     
     
  • 協同的一妻多夫魚カリノクロミスの繁殖生態 -雌による授精の操作

    1998年
     
     
  • タンガニイカ湖産基質産卵魚カリノクロミスの協同的一妻多夫制に関する研究

    1996年
     
     
  • タンガニイカ湖岩礁域におけるなわばり性藻食魚の共存機構に関する研究

    1994年
     
     
  • タンガニイカ湖の南端域におけるカワスズメ科魚類の地理的色彩変異に関する調査

    1992年
     
     

全件表示 >>

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 河川・湖沼・海浜における生物多様性保全

    研究テーマ概要:河川や湖沼などの水域生態系における、特に魚類を中心とした多様な生物について、その保全を目的とした生態学的調査。

    交流の種別:技術相談, 共同研究, 各種相談, 調査

    交流可能な時期・期間:特に限定されない

    キーワード:生物多様性の保全, 生態学, 野外調査, 水域の生物

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:生物多様性の保全を考える上で、生物の生態学的調査は不可欠であるが、生態調査法全般について。

    中核となる知識・技術・情報等:群集生態学、生態学の野外調査法

    予測される波及効果:市民レベルでの野外調査が、より専門的なものになる。