名波 哲 (ナナミ サトシ)

NANAMI Satoshi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(農学)

研究分野 【 表示 / 非表示

生態・環境, 生物多様性・分類, 森林科学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 生物の集団は、それを取り巻く環境の中で特定の空間構造を作り出す。近年生態学において、生物集団の空間構造の形成過程や、空間構造が個体群維持機構や多種共存機構に与える影響について調べる研究が続けられている。このような研究は植物生態学においては、主に雌雄同株植物について行われてきた。  ところで、植物は種によって多様な性表現を持つ。その中で雌雄異株の植物は個体レベルで雌雄の機能を分業している。植物にとって、種子段階は生活史の中で唯一分散可能な重要な段階だが、雌雄異株植物の場合、雄個体は種子の供給源とはなり得ず、種個体群の空間構造に重大な影響が出ると考えられる。したがって植物集団の動態を解析するには、雌雄の区別が当然必要である。本研究は、植物集団の動態研究に雌雄異株性を組み込む試みであり、植物の雌雄異株性の評価に新しい評価を与えられることを期待している。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

森林生態学, 温帯林, 熱帯林, 性表現, 森林樹木, 生物間相互作用

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 雌雄異株樹種の更新動態

    (個人研究) 研究期間:

    1991年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  性比、性差、高木

  • 熱帯雨林樹種の分子生態学的研究

    (国際共同研究) 研究期間:

    2003年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  フタバガキ、マイクロサテライトマーカー、遺伝構造

  • 森林への外来樹種の侵入および分布拡大

    (国内共同研究) 研究期間:

    2000年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  外来種、高木

  • 森林群集の空間構造

    (国内共同研究) 研究期間:

    1991年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  固着性、種子分散、個体間相互作用

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 生態学の立場から,植物たちが周囲の環境や他の生物たちとどんな関係を築き,自身の生命を維持し,子孫を残し,そして一生を過ごしているのか,皆さんと共に考えています.対象はアスファルトに咲く草花から原生的な森林の巨木まで,さまざまです.植物の多様性の不思議と,それを貫く普遍性を探求する面白さを伝えたいと思っています.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会

  • NPO法人社叢学会

  • アメリカ生態学会

  • 日本森林学会

  • 日本森林学会関西支部

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 関西自然保護機構 四手井綱英記念賞

    2005年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

      大阪市立大学   理学部   助手

  • 2001年03月
    -
    2005年03月

      大阪市立大学   大学院理学研究科   助手

  • 2005年04月
    -
    2010年09月

      大阪市立大学   大学院理学研究科   講師

  • 2010年10月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院理学研究科   准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    京都大学  農学研究科  林学専攻  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    京都大学  農学部  林学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Intra- and interspecific variation in wood density and fine-scale spatial distribution of stand-level wood density in a northern Thai tropical montane forest

    Sungpalee W., Itoh A., Kanzaki M., Sri-ngernyuang K., Noguchi H., Mizuno T., Teejuntuk S., Hara M.,

    Journal of Tropical Ecology  25   359 - 370 2009年

  • Hybridization rate and genotypic diversity of apomictic hybrids between native (Taraxacum japonicum) and introduced (T-officinale) dandelions in western Japan

    Matsuyama Shuhei, Morimoto Miki, Harata Tsuyoshi, Nanami Satoshi, Itoh Akira

    CONSERVATION GENETICS  19 ( 1 ) 181 - 191 2018年02月  [査読有り]

    DOI

  • Dioecious plants are more precocious than cosexual plants: A comparative study of relative sizes at the onset of sexual reproduction in woody species

    Ohya Itsuki, Nanami Satoshi, Itoh Akira

    ECOLOGY AND EVOLUTION  7 ( 15 ) 5660 - 5668 2017年08月  [査読有り]

    DOI

  • Geographical variation in soil bacterial community structure in tropical forests in Southeast Asia and temperate forests in Japan based on pyrosequencing analysis of 16S rRNA

    Ito Natsumi, Iwanaga Hiroko, Charles Suliana, Diway Bibian, Sabang John, Chong Lucy, Nanami Satoshi, Kamiya Koichi, Lum Shawn, Siregar Ulfah J., Harada Ko, Miyashita Naohiko T.

    日本遺伝学会 GENES & GENETIC SYSTEMS  92 ( 1 ) 1 - 20 2017年02月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>Geographical variation in soil bacterial community structure in 26 tropical forests in Southeast Asia (Malaysia, Indonesia and Singapore) and two temperate forests in Japan was investigated to elucidate the environmental factors and mechanisms that influence biogeography of soil bacterial diversity and composition. Despite substantial environmental differences, bacterial phyla were represented in similar proportions, with Acidobacteria and Proteobacteria the dominant phyla in all forests except one mangrove forest in Sarawak, although highly significant heterogeneity in frequency of individual phyla was detected among forests. In contrast, species diversity (α-diversity) differed to a much greater extent, being nearly six-fold higher in the mangrove forest (Chao1 index = 6,862) than in forests in Singapore and Sarawak (~1,250). In addition, natural mixed dipterocarp forests had lower species diversity than acacia and oil palm plantations, indicating that aboveground tree composition does not influence soil bacterial diversity. Shannon and Chao1 indices were correlated positively, implying that skewed operational taxonomic unit (OTU) distribution was associated with the abundance of overall and rare (singleton) OTUs. No OTUs were represented in all 28 forests, and forest-specific OTUs accounted for over 70% of all detected OTUs. Forests that were geographically adjacent and/or of the same forest type had similar bacterial species composition, and a positive correlation was detected between species divergence (β-diversity) and direct distance between forests. Both α- and β-diversities were correlated with soil pH. These results suggest that soil bacterial communities in different forests evolve largely independently of each other and that soil bacterial communities adapt to their local environment, modulated by bacterial dispersal (distance effect) and forest type. Therefore, we conclude that the biogeography of soil bacteria communities described here is non-random, reflecting the influences of contemporary environmental factors and evolutionary history.</p>

    DOI CiNii

  • Clonal structure, growth pattern and preemptive space occupancy through sprouting of an invasive tree, Triadica sebifera

    Moriya Yuuki D., Nanami Satoshi, Sumikura Jun-ichi, Yamakura Takuo, Itoh Akira

    JOURNAL OF FOREST RESEARCH  22 ( 1 ) 8 - 14 2017年01月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 御蓋山ナギの分布拡大1.諸説概観

    山倉拓夫,大前善男,名波哲,伊東明,神崎護

    関西自然保護機構会誌  22 ( 2 ) 173 - 184 2000年

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • ボルネオ島熱帯雨林における巨大高木種の遺伝構造

    フィールドワーク 

    2004年
     
     
  • 照葉樹林における外来高木の侵入

    フィールドワーク 

    2002年
     
     
  • 雌雄異株樹種の更新動態

    フィールドワーク 

    2000年
     
     
 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 専門生物学実験A

    大学

  • 野外実習A

    大学

  • 野外実習B

    大学

  • 生物学概論D

    大学 共通(教育)科目

  • 生物学実験A

    大学 共通(教育)科目

全件表示 >>