福島 祥行 (フクシマ ヨシユキ)

FUKUSHIMA Yoshiyuki

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://chat--noir.com/

メールアドレス

メールアドレス

旧氏名・ペンネーム等

安部/枕流、アベ/チンリュウ

プロフィール

大阪市立大学・文・フランス語圏言語文化學。構築主義の相互行為論。文法屋⇒コミュニケーション屋。協働學習とポートフォリオを實踐&研究中。教育促進支援機構元事務局長。文學少年⇒演劇青年⇒アニ特漫中年(腐も)。熊。林明子本蒐集。親指シフター。芝居はNGRとSAC所屬。すべてのつぶやきはわたしとあなたでつくりあげたものです。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(文学)

研究分野 【 表示 / 非表示

ヨーロッパ文学, 美学・芸術諸学, 言語学, 外国語教育, 外国語教育方法論

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 「コミュニケーション」がいかに成立するのかというを、哲学的思弁とじっさいの会話データ分析の両面から、「意味」や「指示」の生成過程を追うことで探究している。 また、コミュニケーションがコラボレーションであるという考えから、外国語教育の新しい学習法を研究している。 さらに、コミュニケーション空間からのアナロジーとして、演劇空間のもつ特異性についても研究をおこなっている。

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 構築主義的コミュニケーション研究

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  コミュニケーション、構築主義、言語

  • 劇場のトポス

    (個人研究) 研究期間:

    2002年04月
     
     

    研究課題キーワード:  演劇、野外演劇、トポス

  • フランス語会話分析

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  フランス語、会話分析、コーパス

  • CALLによる外国語教育法

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  CALL、Web、外国語教育

  • 相互行為論

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  会話分析、指示、コミュニケーション

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 全学共通教育★フランス語の基礎・応用(文法・発話練習etc.) 専門★フランス語の歴史、フランス語の仕組み、フランス語研究方法の紹介・実践。論文作成法。 大学院★一般言語学、フランス言語学の研究紹介・実践。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本フランス語フランス文学会

  • 外国語教育メディア学会

  • 大阪市立大学フランス文学会

  • 日本フランス語学会

  • 日本フランス語教育学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2003年
    -
    現在

    日本フランス語教育学会   理事

  • 2002年
    -
    現在

    外国語教育メディア学会   関西支部運営委員

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   文学研究科   言語文化学専攻   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    大阪市立大学  文学研究科  仏文学 

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    大阪市立大学  文学部  西洋文学科フランス語フランス文学専攻

 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 独我論と普遍性の構造――構築主義的コミュニケーション研究のこころみ (2)――

    福島 祥行

    人文研究  57   165 - 180 2006年  [査読有り]

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 外国語科教育法(仏語)I,II,III,IV

    (1995年度)大学 教職科目

  • フランス語基礎

    大学 共通(教育)科目

  • フランス語特修

    大学 共通(教育)科目

  • 対照言語学

    大学

  • フランス語学演習

    大学

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 出張講義

    (咲くやこの花高校)

    役割:講師

     対象:高校生 

    2013年12月
     
     
  • 北新地ガーデンブリッジカフェ社会実験

    (大阪市)

    役割:企画, その他

     対象:その他 

    2012年10月
     
     

     概要を見る

    水都大阪2012に連携して、2012年10月13~21日(11:00 - 21:00)の期間限定で、中之島ガーデンブリッジ上に、大阪初の橋上オープンカフェを展開、あわせて橋周辺にてコンサートやトークショウを実施、従来の動線とことなるにぎわい空間の創出に成功した。福島は空間設営にたずさわった。
    ◆関係組織:大阪市、水都大阪、振興町会

  • 地域防災劇団育成

    (大阪市)

    役割:企画, その他

     対象:その他 

    2012年
    -
    現在

     概要を見る

    大学周辺の住民たちとともに劇団「スミヨシ・アクト・カンパニー」を設立し、災害時に率先して行動できる住民をそだてるとともに、地域コミュニティを創発することにより、防災・減災・復興のための資源とすることをめざす。年1回のペースで公演をおこない、これまで2回の公演を実施、現在、第3回公演の稽古中である。福島は、構成、演出にたずさわっている。
    ◆関係組織:住吉区

  • 船場博覧会

    (大阪市)

    役割:企画, その他

     対象:その他 

    2006年
    -
    2010年

     概要を見る

    2006年にはじまった船場建築祭を発展させ、船場地区の各振興町会や企業の参加による、船場の建築資産を活用する地域振興イヴェント。毎年11月、6日間開催される。福島は、2010年まで空間設営にたずさわった。
    ◆関係組織:船場げんきの会、振興町会

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • マルチメディアを用いたフランス語教育方法論

    研究テーマ概要:今後ますます増加するであろうコンピュータを用いた言語教育にかんし、殊にフランス語の分野において、ソフト、ハードの両面から理想的な環境を研究・開発する。

    交流の種別:共同研究

    交流可能な時期・期間:2000~

    キーワード:CALL, フランス語, 言語教育, アプリケーション, インターネット

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:CALL設備の具体的内容や、ソフトの開発などについて、現在までの研究結果や実践結果を基にアイディアを提供する。

    中核となる知識・技術・情報等:CALL教室における実践経験、コンピュータについての知識。

    交流可能な研究テーマに関する詳細:様々の可能性を秘めたコンピュータ利用の言語教育は、現在発展途上であり、ソフト、ハードの両面において、改良の余地は多大である。この点にかんし、ハードメーカーとは、配備機器の内容、設置方法、導線や授業内容を考慮したデスクの配置、授業分析装置の開発などについての共同研究が可能であり、またソフトメーカーとは、言語教育の様々な面、すなわち会話・読解・作文などに特化した教育ソフトや、一斉授業用か自学自習用かを考慮したソフト、さらにネットワークを活用した「仮想教室用」ソフトなどの開発を共同で行なうことが可能である。

  • 野外劇による地域振興

    研究テーマ概要:野外劇を招致することで、地域の活性化に資する。

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 講演, 技術相談, 講演, 劇団を紹介する。

    交流可能な時期・期間:2003-

    キーワード:演劇, パフォーマンス, イヴェント

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:地域振興、イヴェント学。