嘉名 光市 (カナ コウイチ)

KANA Koichi

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

都市計画・都市デザイン, エリアマネジメント, 景観論・景観デザイン, 社会工学, 都市再生政策

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 都市や国土の風景やデザインはどうあるべきかという問題について、人と環境との関係性を手がかりとしながら研究を進めています。
    人々がいきいきと暮らすことができる都市のあり方やその方法論を研究する都市再生分野にも取り組んでいます。

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 景観計画・景観論

    (個人研究) 研究期間:

    1992年04月
     
     

    研究課題キーワード:  景観、眺望、デザイン

  • 都市再生計画

    (個人研究) 研究期間:

    2000年04月
     
     

    研究課題キーワード:  都市再生、計画

  • 都市デザイン

    (個人研究) 研究期間:

    1995年04月
     
     

    研究課題キーワード:  市街地整備、景観デザイン、規制誘導

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 人々にとって魅力的な都市空間とはどうあるべきかという観点からの都市デザインのあり方や、都市のプランニングを実際に行う演習を担当しています。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会

  • 日本都市計画学会

  • GSデザイン会議

  • 土木学会

  • 全国エリアマネジメントネットワーク

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2018年03月
    -
    現在

    神戸市都市空間向上計画策定に向けた有識者会議   座長

  • 2018年03月
    -
    2019年03月

    水都大阪コンソーシアム中之島公園水辺利活用促進事業「水辺のまちあそび」運営業務のプロポーザル方式等事業者選定委員会委員及び事業評価委員

  • 2017年12月
    -
    2019年03月

    大阪市水道局扇町用地プロポーザル選定委員会委員

  • 2017年12月
    -
    2018年03月

    神戸市の人材確保方策に関する有識者会議

  • 2017年10月
    -
    2018年02月

    中之島3・4丁目地域熱供給プラントのネットワーク化及び未利用エネルギー活用によりエネルギーマネジメントシステム構築マスタープラン策定検討委員会   座長

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年日本建築学会賞(業績)

    大阪市「生きた建築ミュージアム事業」による建築文化の振興

    2017年   日本建築学会

    受賞者:橋爪紳也,嘉名光市,倉方俊輔,高岡伸一,大阪市都市整備局

  • 2015年度日本都市計画学会石川賞

    水都大阪のまちづくり

    2016年   日本都市計画学会

    受賞者:水と光のまちづくり推進会議,水都大阪パートナーズ,水都大阪オーソリティ,橋爪紳也,嘉名光市

  • 2011年度日本都市計画学会年間優秀論文賞

    2012年  

  • 第3回ゆめづくりまちづくり賞優秀賞

    2010年  

  • 第8回日本都市家協会賞特別賞(関西支部賞)

    2009年  

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
     
     

    大阪市立大学   准教授

  • 2006年04月
     
     

    大阪市立大学   助教授

  • 2003年10月
     
     

    大阪市立大学   講師

  • 1992年
    -
    2003年

    UFJ総合研究所・主任研究員  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    東京工業大学  社会理工学研究科  社会工学専攻  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    東京工業大学  工学部  社会工学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Construction of Small Buildings in Historical City Centers during the Period of High Economic Growth and Their Architectural Features - With a Focus on the Government Housing Loan Corporation of Japan’s Medium and High Rise Fireproof Buildings in Chuo Ward, Osaka -

    Shinichi TAKAOKA, Koichi KANA

    Asian-Pacific Planning Societies 2017  CD-ROM 2017年08月  [査読有り]

  • 三大都市圏における市街化区域と人口推移から見た都市の類型化とその市街地特性に関する研究

    山添 光訓, 嘉名 光市

    公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画論文集  52 ( 3 ) 336 - 342 2017年  [査読有り]

     概要を見る

    人口が集積する三大都市圏(首都圏、中京圏、近畿圏)を対象に、高度成長後、人口増加が緩やかとなったバブル期以降(1990~2010年)の市街化区域とその人口推移から、都市の類型化を行い、モデルとなる都市を抽出し、市街地特性を分析することにより、大都市地域に適したコンパクトな市街地形成に向けた参考となる知見を得ることを目的とする。市街化区域を拡大せずに人口増加している都市と、市街化区域の拡大に比べて人口が増加している都市は、公共交通の利便性が高い上、1)新規鉄道路線や鉄道駅の開業に伴い土地区画整理事業が施行、2)ニュータウン等の面的開発の実施、3)景観保全の取り組みが進められていることが明らかとなった。

  • 都市部河川の船上景における景観構成要素への注視行動特性に関する研究

    畠田 恵, 嘉名 光市, 佐久間 康富, 阿久井 康平

    公益社団法人 日本都市計画学会 日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集  15 ( 0 ) 61 - 64 2017年

     概要を見る

    本研究では視対象の多い都心部河川の船上景の変化や人々の注視を明らかにし、注視の動態を把握するために、船で移動中の被験者に装着したウェアラブルカメラによって撮影したVTRや船に固定したカメラによって撮影したVTRを用いて注視行動特性を分析し、以下のことを示した。(1)被験者は注視活発タイプと注視不活発タイプに分けられ、注視は注視対象の位置によって沿川注視と流軸注視に分けられた(2)沿川注視と流軸注視ともに、注視を行う距離と仰角、水平見込角にはそれぞれ単純相関が見られた (3)沿川注視と流軸注視という特性がある中でも、それらが混在する区間では流軸注視が短時間になるという特性から、沿川注視と流軸注視の連続的な関係が見られた

    DOI CiNii

  • 中山間集落の水利システムと土地利用の変遷および関係について

    宮地 聡, 金田 聖輝, 川江 祐司朗, 向井 雅人, 大村 りか, 芳永 有梨, 佐久間 康富, 嘉名 光市, 阿久井 康平

    日本建築学会 日本建築学会技術報告集  23 ( 55 ) 991 - 996 2017年  [査読有り]

     概要を見る

    We aimed to clarify the transition and relation of the water management system which is considered to be the priority development in the process of establishment of the village have the strongest relation with the land use. The transition can be divided into 3 phases, and it turns out that there are two conditions that as a factor of diversion of a field, (1) access from a private house is bad, (2) not cooperate with owned field. Furthermore, it was found that it is important to look at this condition on a water management system basis in considering future village conservation.

    DOI CiNii

  • 密集市街地の民有地を暫定利用する防災空地の評価手法の検討

    三好 章太, 嘉名 光市, 佐久間 康富

    公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画論文集  52 ( 3 ) 293 - 300 2017年  [査読有り]

     概要を見る

    本研究の目的は、密集市街地において自治体が民有地を暫定的に借受して、防災空地として整備する事業の評価手法を検討することである。期間が未確定である防災空地の効果を暫定的に都市施設を補完する機能を持つ考えのもとでの「都市計画」の視点、密集市街地を改善する指標等による「密集市街地」の視点から、インタビュー調査、現地調査、分析等を行い、評価手法の検討を試みた。研究では、神戸市の「まちなか防災空地整備事業」の4年間における41事例を対象とした。防災空地の効果には、防災空地の確保や利用方法等により一部の防災空地に見られる「空地の確保で得られる効果」、継続的な整備で他事業との関わりや更なる効果が得られる「継続的な整備で得られる効果」がある。これらの整備効果を評価の枠組みとして検証することができた。

    DOI CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 初めて学ぶ都市計画 第ニ版

    饗庭 伸, 鈴木 伸治 (担当: 共著 )

    市ヶ谷出版社  2018年03月

  • 景観計画の実践

    浅野 聡, 宇於崎 勝也, 志村 英明, (担当: 共著 )

    森北出版  2017年04月

     概要を見る

    景観法は、景観に関する条例に法的拘束力をもたせることができる点などが注目されていますが、その自由度の高さゆえに運用の難しさが指摘されています。

    本書では、全国の自治体に対して景観計画の取り組み状況を調査し、運用の実態・課題を整理。
    さらに、課題解決に向けての具体的な提案も示すなど、これから景観法を運用していくうえでのポイントが盛り込まれています。

    都市計画やまちづくりにかかわる自治体担当者・コンサルタントに最適な1冊。

    [本書の特長]
    ●特徴的な景観計画を進める27の自治体の取り組みを紹介。
    ●届出業務体制、他制度との連携、市民のモチベーション管理といった観点からも分析。
    ●景観法の評価や今後の展望について、著名な都市デザインや土木分野の専門家にインタビューを敢行。

  • 包摂都市のレジリエンス 理念モデルと実践モデルの構築 (文化とまちづくり叢書)

    (担当: 共著 )

    水曜社  2017年03月

  • 光のまちをつくる:水都大阪の実践

    橋爪紳也,光のまちづくり推進委員会 (担当: 共著 )

    創元社  2015年12月

  • 京都建築スクール〈2015〉リビングシティを構想せよ「公共の場の再編」

    京都建築スクール実行委員会 (担当: 共著 )

    建築資料研究社  2015年12月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 地域・民間が主導する大阪の都市デザイン

    嘉名 光市

    日本都市計画家協会 Planners  86 ( 2017夏 ) 4 - 5 2017年08月  [依頼有り]

  • OBPサステナブル・スマート・コミュニティの挑戦 エリアマネジメントの蓄積が拓く未来

    大阪府建築士会・建築人  ( 623 ) 24 - 25 2016年05月

  • 若者を惹きつける魅力的な都市空間(まち)の創造 (特集 神戸2020ビジョン : 神戸創生に向けた神戸創生戦略と一体的に策定)

    神戸都市問題研究所・都市政策  163   16 - 22 2016年04月

  • 建築と社会を考える(NO.7)水都再生 : 水辺から都市が変わる

    日本建築協会・建築と社会  97 ( 1129 ) 22 - 25 2016年04月

  • 水都大阪 水都再生という壮大な社会実験と新たな都市計画論への展望

    日本都市計画学会・都市計画特別号:これからの都市計画    25 2016年01月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 地域資源としての近代建築の活用主体間の連携とその展開 大阪市北船場地区を事例として

    日本建築学会2016年度大会(九州) 学術講演梗概集 F-1  2016年08月 

  • オフィスビルにおける分散型ワークスペースの設計手法に関する研究その3 環境変化や他者との関係に着目した行動観察

    日本建築学会2016年度大会(九州) 学術講演梗概集 E-1  2016年08月 

  • オフィスビル公開空地に設置された“屋外ワークスペース”の利用実態と温熱環境

    日本建築学会2016年度大会(九州) 学術講演梗概集 D-1  2016年08月 

  • オフィスビルにおける分散型ワークスペースの設計手法に関する研究 : その1 利用者数の推移と利用の空間分布特性

    日本建築学会大会[関東]  2015年09月 

  • 密集市街地の二方向避難路確保事業に関する研究 : 全国4自治体の事業を対象として

    日本建築学会大会[関東]  2015年09月 

全件表示 >>

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • アーバンデザイン甲子園2017

    フィールドワーク 

    2017年12月
     
     
  • 生きた建築ミュージアムフェスティバル2017

    フィールドワーク 

    2017年10月
     
     
  • アーバンデザイン甲子園2016

    フィールドワーク 

    2016年12月
     
     
  • 生きた建築ミュージアムフェスティバル2016

    フィールドワーク 

    2016年11月
     
     
  • Urban Picnic(神戸東遊園地社会実験)2016

    2016年06月
    -
    2016年11月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 都心再生に向けた回遊型実証社会実験による都市計画マネジメント手法の構築

    基盤研究(B) 代表者

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2016年03月
     

  • 歴史的都心市街地において近代以降に目指された景観像とその実現手法に関する研究

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2012年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • エリアマネジメント活動によるアクティビティ調査

    制度名:  受託研究 (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2017年11月
    -
    2018年01月

  • グランフロント大阪北館西側歩道空間の魅力化研究

    制度名:  受託研究 (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2017年10月
    -
    2017年12月

  • Walkable Cityコンセプトの健康都市計画への適用可能性に関する研究

    制度名:  大阪市立大学平成29年度知と健康のグローカ拠点事業推進研究B (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2017年07月
    -
    2018年03月

  • 生きた建築学実践教育のためのアゴラ的対話型コラボレーションプロセスの記録および論文発表

    制度名:  大阪市立大学平成29年度地域志向教育研究助成 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2017年05月
    -
    2018年03月

  • 地理・空間的視点による分野を横断したまち歩きフィールドワーク実践教育の研究

    制度名:  大阪市立大学平成29年度地域志向教育研究助成 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2017年05月
    -
    2018年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 景観デザイン

    (2017年度)大学 専門科目

  • 計画・デザイン演習III

    (2017年度)大学 専門科目

  • 都市論

    (2017年度)大学 専門科目

  • 都市計画

    (2017年度)大学 専門科目

  • アゴラセミナーII(CR副専攻)

    (2017年度)大学 副専攻科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 学部・研究科横断型教育プログラムへの貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    COC、CR副専攻での演習担当(地域実践演習IV、アゴラセミナーIa、アゴラセミナーIb、アゴラセミナーII)

  • FD活動への貢献

    (2011年度)

     概要を見る

    総合演習WGを通じた演習授業の設計および教員間での協議による演習課題の構築と、学生・非常勤講師からの意見を踏まえた授業内容の見直し。

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2011年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    7名
    卒業論文審査数
    4件
    博士課程学生指導数(前期)
    2名
    博士課程学生指導数(後期)
    2名
    修士論文審査数(主査)
    6件
    修士論文審査数(副査)
    3件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 暮らしを魅力的にする都市デザイン

    (インテックス大阪)

    役割:講師

     対象:その他 

    2013年06月
     
     
  • 生きた建築ミュージアム事業

    (大阪市中央区)

    役割:その他

     対象:社会人・一般 

    2013年
    -
    現在

     概要を見る

    現在も活用されている大阪を代表する建築ストックを開放、見学する社会実験事業の企画、立案と運営、および効果検証。
    ◆関係組織:大阪市都市整備局

  • 北新地ガーデンブリッジオープンカフェ社会実験

    (大阪市北区)

    役割:その他

     対象:社会人・一般 

    2012年
    -
    現在

     概要を見る

    橋上オープンカフェ社会実験事業を大阪府、大阪市、地元と共同で実施。公共空間でのオープンカフェ設置による賑わい効果の検証について、分析・研究。
    ◆関係組織:大阪市都市整備局、大阪府都市整備部、大阪市北区

  • 船場博覧会

    (大阪市中央区)

    役割:その他

     対象:社会人・一般 

    2011年
    -
    現在

     概要を見る

    地域の公共空間や近代建築等の資産を活用した、文化振興およびまちづくりイベントへの企画・参加、検証。
    ◆関係組織:大阪市都市整備局

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 都市再生に関する計画・研究

    研究テーマ概要:都市再生に資するプロジェクト・構想の立案や都市再生に関連する調査・研究

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 講演, 講演

    交流可能な時期・期間:2003-

    キーワード:都市再生, 都心活性化, 計画

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:計画技術

    予測される波及効果:産官学連携型の都市再生プロジェクトの検討

  • 景観論・景観計画に関する研究

    研究テーマ概要:景観論・景観計画あるいは景観条例等の景観政策・制度規制等に関する調査研究

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 講演, 講演

    交流可能な時期・期間:2003-

    キーワード:景観, シミュレーション, 制度

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:景観に関する規制・制度、景観シミュレーション

  • 都市デザイン計画

    研究テーマ概要:街並み形成や地域の特性を生かした風景計画などに関する調査研究、計画の策定

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 講演, 講演

    交流可能な時期・期間:2003-

    キーワード:景観, 都市デザイン, 街並み, シミュレーション

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:景観シミュレーション、GIS、フィールドワーク、ワークショップ、都市計画規制・制度研究など

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2008年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名
    外国人留学生受入数
    1名

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2017年06月
     
     

    活動内容:平成29年度大阪市立大学国際学術シンポジウム「人と植物の共生-都市の未来を考える」

    Italy, Australia, Singapore

  • 活動期間:

    2011年02月
     
     

    活動内容:インドネシア、ガジャマダ大学での国際学術研究発表への参加(都市研究プラザ 10th URPseminar forum on February 20, 2012)およびガジャマダ大学工学部との学術交流