INOUE Koki

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Abeno Campus

Degree 【 display / non-display

  • Osaka City University -  Doctor of Medicine

Research Areas 【 display / non-display

Psychiatric science, Neurochemistry, Occupational Mental Health

Research Interests 【 display / non-display

Neurochemistry, Occupational Mental Health, Psychoneurology

Research Career 【 display / non-display

  • Occupational mental Health

    (Collaboration in Japan) Project Year :

    1993.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  Depression, psychisomatic medicine

  • Stress induced Psychiatric disorders

    (Collaboration in Organization) Project Year :

    1988.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  Stress, Psychiatric disorders, neurochemistry

  • eating disorders

    (Collaboration in Organization) Project Year :

    1988.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  Clinic, Animal model

Association Memberships 【 display / non-display

  • The Japanese Society of Psychiatry and Neurology

  • Society for Neuroscience

  • The New York Academy of Sciences

Awards & Honors 【 display / non-display

  • Travel grant for young participant

    1990  

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Clinical Medicine Course   Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2012
     
     

    Osaka City University  

  • 2003
     
     

    Osaka City University  

  • 2001.05
    -
    2003.08

    Scripps Research Institute   Neuropharmacology   Adjunct Associate Professor

  • 1998
     
     

    Osaka City University  

  • 1993
     
     

    Osaka City University  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1992

    Osaka City University  Graduate School, Division of Medicine 

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1987

    Osaka City University   Faculty of Medicine  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Reduction of anxiety after restricted feeding in the rat: Implication for eating disorders

    Biol Psychiatry  55   1075 - 1081 2004.12

  • Is this hypophosphatemia refeeding syndrome or not?

    Nakajima Yuriko, Harada Tomoko, Nogi Satoshi, Inoue Koki

    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES  75 ( 3 ) 109 - 110 2021.03  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Nervonic acid level in cerebrospinal fluid is a candidate biomarker for depressive and manic symptoms: A pilot study

    Kageyama Yuki, Deguchi Yasuhiko, Hattori Kotaro, Yoshida Sumiko, Goto Yu-ichi, Inoue Koki, Kato Tadafumi

    BRAIN AND BEHAVIOR    e02075 2021.02  [Refereed]

    DOI PubMed

  • 長期寛解後に再発した回避・制限性食物摂取症の1例

    播摩 祐治, 宮脇 大, 後藤 彩子, 平井 香, 三木 祐介, 坂本 祥子, 角野 信, 濱 宏樹, 井上 幸紀

    (株)医学書院 精神医学  63 ( 2 ) 269 - 273 2021.02  [Refereed]

     View Summary

    <文献概要>回避・制限性食物摂取症(avoidant/restrictive food intake disorder:ARFID)はDSM-5およびICD-11において新設された診断分類である。ARFIDは,食への関心の低下,食物の感覚的特徴に基づく回避や食後生じる嫌悪すべき結果への不安により,有意の体重減少,有意の栄養不足を来す障害である。今回,7年という長期寛解後に2度目の再発を来したARFID症例を経験した。ARFIDは,長期寛解後であっても,就職や結婚などの社会的役割の変化が大きい青年期においては再発可能性を念頭にしたフォローが必要と考えた。

  • Anorexia nervosa restricting type has increased in severity over three decades: Japanese clinical samples from 1988 to 2018

    Harada Tomoko, Yamauchi Tsuneo, Miyawaki Dai, Miyamoto Saori, Yoshida Hisako, Nishimoto Kazuya, Matsuzuka Takumi, Honda Mihoko, Inoue Koki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF EATING DISORDERS  54 ( 1 ) 54 - 58 2021.01  [Refereed]

    DOI PubMed

display all >>

Books etc 【 display / non-display

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 心身医学を専門とする医師に知ってもらいたいこと 精神医学から 心療内科と精神科 立ち位置の明確化と連携のお願い

    井上 幸紀, 山内 常生

    (一社)日本心身医学会 心身医学  60 ( 8 ) 713 - 718 2020.12  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    うつ病は本来精神疾患ではあるが、心療内科医が対応することも多い。うつ病の1割程度はのちに双極性障害と診断が変わることもあり、心療内科医は精神科医と連携して治療対応することが望まれる。摂食障害は心身症に含まれ身体管理は心療内科医が得意とするところかもしれないが、精神的な対応を併せて行う必要から精神科医が対応することも多い。心療内科医と精神科医が対応する疾患には一部重複がみられるものの、おのおのが受けてきた教育や専門性に違いがある。うつ病と摂食障害を例に挙げたが、疾患の個別病態によりどちらの診療科の要素が強いのかは異なり、病態によってはお互いの立ち位置を理解したうえで緊密に連携していくことが求められる。(著者抄録)

  • 大うつ病性障害における社会的損失と職場における早期発見の重要性

    仁木 晃大, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (一社)日本産業精神保健学会 産業精神保健  28 ( 4 ) 368 - 371 2020.12  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    大鬱病性障害(MDD)がもたらす社会的損失や、MDDにおける初期の変化などに関する文献をレビューした。MDD発症初期によくみられる業務上の問題に関する報告を、疾病性(どのような症状が認められるか)、事例性(業務上どのような支障が認められるか)、性差の観点から取り上げた。産業領域におけるMDDの早期発見や早期治療に関する報告が非常に限られていることは大きな課題である、と考えられた。

  • パーソナリティ障害の現在 職域におけるパーソナリティ障害の現在

    井上 幸紀

    (株)医学書院 精神医学  61 ( 2 ) 186 - 189 2019.02  [Refereed]  [Invited]

  • 【統合型リゾート(IR)・カジノ解禁について考える】 大阪になぜIRを誘致しているのか

    井上 幸紀

    (有)科学評論社 精神科  33 ( 6 ) 521 - 524 2018.12  [Refereed]  [Invited]

  • 【診断と治療のABC[141]うつ病と双極性障害】 (第5章)診断・治療 職域の気分障害

    井上 幸紀

    (株)最新医学社 最新医学  別冊 ( うつ病と双極性障害 ) 223 - 229 2018.12  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    社会構造や個人環境の変化などから、職域でうつ病を中心として気分障害は増加している。気分障害を正しく診断し、アルゴリズムを参考に適切な治療と対応を行う必要がある。労働者では社会および個人要因が、気分障害の発症、維持、悪化、再発などに関与しており、それらを踏まえた対応が求められる。また職場は、労災を避けるためにも安全配慮義務に留意し事例性中心に対応を行うが、主治医はそれを知り、連携することが求められる。(著者抄録)

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>

 

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Contribution to University-wide Cross-training program

    (2019)

  • Contribution to internationalization

    (2019)

  • Contribution to FD activities

    (2019)

  • Contribution to internationalization

    (2018)

  • Contribution to University-wide Cross-training program

    (2018)

display all >>