KANEKO Yukihiro

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Abeno Campus

Degree 【 display / non-display

  • Nagasaki University -  Bachelor (Medical)

  • Nagasaki University -  Doctor (Medical)

Research Areas 【 display / non-display

Bacteriology (including mycology), Infectious disease medicine

Research Interests 【 display / non-display

antimicrobial resistance

Association Memberships 【 display / non-display

  • American Society for Microbiology

  • The Japanese Society for Clinical Microbiology

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Basic Medicine Course   Professor  

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Basic Medicine Course   Professor  

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Basic Medicine Course   Research Center for Infectious Disease Sciences   Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2014.04
    -
    Today

    Osaka City University  

Graduate School 【 display / non-display

  • 1999.04
    -
    2003.08

    Nagasaki University  Graduate School, Division of Medicine 

Graduating School 【 display / non-display

  • 1991.04
    -
    1997.03

    Nagasaki University   Faculty of Medicine  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report

    Imoto Waki, Arima Hironori, Yamada Koichi, Kanzaki Toshiyuki, Nakagawa Chihiro, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Goto Takeo, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY  27 ( 3 ) 521 - 525 2021.03  [Refereed]

     View Summary

    頭蓋内出血および脳梗塞を伴う神経梅毒の偶発的所見に関する症例報告である。神経梅毒は、脳血管炎や虚血性脳卒中を引き起こすことがよく知られている。神経梅毒の日本人男性症例、脳出血、多発性脳梗塞、脳血管の口径の不規則性が認められ、入院当日に脳出血の手術を受けたが、いずれも梅毒が原因と考えられた。彼は入院日にペニシリンの抗菌治療を開始し、翌週、血清と髄液の検査結果に基づいて神経梅毒と診断された。

    DOI PubMed

  • Risk factor analysis for piperacillin-tazobactam-resistant Enterobacter spp. bacteremia at a tertiary hospital.

    Yamairi K, Yamada K, Imoto W, Kuwabara G, Shibata W, Namikawa H, Oshima K, Nakaie K, Niki M, Kaneko Y, Kakeya H

    Diagnostic microbiology and infectious disease  100 ( 2 ) 115342 2021.02  [Refereed]

     View Summary

    この研究は、ピペラシリン-タゾバクタム(TZP)耐性エンテロバクター属の危険因子を分析することを目的とした。菌血症。エンテロバクター属の111人の患者の医療記録から、 TZP感受性グループ(MIC≤16μg/ mL)とTZP耐性グループ(MIC>16μg/ mL)に分け、菌血症を遡及的にレビューした。男性対女性の比率、年齢、基礎疾患、および感染部位は、2つのグループ間で異ならなかった。多変量解析により、TZP耐性エンテロバクター属に関連する独立した予測因子が明らかになった。エンテロバクター属が疑われる場合のTZP投与において、以前に第3世代セファロスポリンで治療された菌血症は慎重に検討する必要があるという結果が得られた。

    DOI PubMed

  • Clinical and virulence factors related to the 30-day mortality of Klebsiella pneumoniae bacteremia at a tertiary hospital: a case-control study(三次病院での肺炎桿菌菌血症の30日死亡率に関連する臨床的および病原性因子の検討:症例対照研究)

    Namikawa Hiroki, Niki Makoto, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Nakaie Kiyotaka, Sakiyama Arata, Oinuma Ken-Ichi, Tsubouchi Taishi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    European Journal of Clinical Microbiology and Infectious Diseases  38 ( 12 ) 2291 - 2297 2019.10  [Refereed]

     View Summary

    肺炎桿菌菌血症は、高い死亡率に関連する重要な感染症である。しかし、患者の肺炎桿菌菌血症の死亡率に関連する病原因子を調査した研究は非常に少ない。本研究は、三次病院での肺炎桿菌菌血症の30日間死亡率に関連する臨床的および病原性の要因を明らかにした。 2012年1月から2018年12月の間に大阪市立大学病院に入院した129人の肺炎桿菌菌血症患者の医療記録を後方視的に検討した。患者の背景、抗菌薬治療、予後を評価した。さらに、肺炎桿菌との関連を解明するために、PCRを用いて病原因子を評価した。多変量解析により、敗血症(オッズ比(OR)、7.46; p = 0.005)およびiutA(OR、4.47; p = 0.046)が肺炎桿菌菌血症の30日間死亡率に関連する独立した予測因子であることが示された。肺炎桿菌菌血症の患者の30日死亡率は比較的低いが、敗血症患者およびiutAを保有する肺炎桿菌に感染した患者では、予後を改善するために慎重な管理が必要な場合がある。
    本人担当部分:検討結果について細菌学的見地から評価し、筆頭著者と考察を行った。

    DOI PubMed

  • Clinical characteristics of bacteremia caused by hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae at a tertiary hospital(三次病院での高粘稠性肺炎桿菌による菌血症の臨床的特徴の検討)

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Sakiyama Arata, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Yoshii Naoko, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Oinuma Ken-Ichi, Tsubouchi Taishi, Niki Mamiko, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    Diagnostic Microbiology and Infectious Disease  95 ( 1 ) 84 - 88 2019.09  [Refereed]

     View Summary

    この研究は、高粘稠性肺炎桿菌(hvKP)による菌血症の予測因子と死亡率を評価することを目的とした。 hvKP(n = 24)と非hvKP(n = 90)のグループに分け、後方視的に肺炎桿菌菌血症の114人の患者の医療記録を検討した。男女比、年齢、および基礎疾患は、2つのグループ間で差はなかった。死亡率は、非hvKP菌血症群よりもhvKP菌血症群の患者で高かった(29.2%対6.7%)。多変量解析により、hvKP菌血症に関連する独立した予測因子は膿瘍であり(P = 0.01)、抗菌薬曝露がない(P(= 0.02)ことが示された。したがって、これらの状態の早期評価が重要である。膿瘍の既往があり、抗菌薬に暴露していない患者の場合、hvKPのリスクを考慮しながら治療を行う必要がある。
    本人担当部分:検討結果について細菌学的見地から評価し、筆頭著者と考察を行った。

    DOI PubMed

  • Discovery of anti-mucoviscous activity of rifampicin and its potential as a candidate antivirulence agent against hypervirulent Klebsiella pneumoniae(リファンピシンが粘液活性を減少させ、高病原性肺炎桿菌の病原性を低下させることを見出した)

    Namikawa Hiroki, Oinuma Ken-Ichi, Sakiyama Arata, Tsubouchi Taishi, Tahara Yuhei O., Yamada Koichi, Niki Mamiko, Takemoto Yasuhiko, Miyata Makoto, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    International Journal of Antimicrobial Agents  54 ( 2 ) 167 - 175 2019.08  [Refereed]

     View Summary

    高病原性肺炎桿菌(hvKP)感染の発生率の最近の増加、特にクローングループCG23(CG23-I)の亜系統によって引き起こされるものは、世界中で深刻な健康上の懸念を引き起こしている。 hvKPの高い病原性は、少なくとも部分的に、莢膜多糖(CPS)の過剰産生によることがわかっている。hvKPの病原性メカニズムに関して研究が行われているが、病原性を抑制する治療薬の開発に焦点を合わせた研究はない。この研究では、hvKP高粘稠性を抑制することができる抗菌剤を特定し、検証した。 β-ラクタム、キノロン、アミノグリコシドを含む合計18種類の市販の抗菌薬を試したところ、リファンピシン(RFP)が、増殖抑制濃度以下でhvKPの粘液産生を抑制することがわかった。hvKPからの多糖類抽出物は、菌をRFPで増殖させた場合、大幅に粘度が低下した。さらに、顕微鏡観察により、RFP処理によりhvKP細胞周辺のCPS層の厚さが大幅に減少することが示された。 RFP処理により、rmpAおよびrmpAによって制御されるcps遺伝子の転写レベルが低下し、RFPがrmpA転写の阻害を通じてhvKPの粘稠性を抑制することが示された。これらのデータは、RFPが難治性hvKP感染の潜在的な抗病原性薬として役立つ可能性があることを示唆している。
    本人担当部分:検討結果について細菌学的見地から評価し、筆頭著者と考察を行った。

    DOI PubMed

display all >>

Books etc 【 display / non-display

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • AMR対策における微生物検査の役割 我が国における耐性菌の現状

    金子 幸弘

    日本臨床検査自動化学会会誌  2018.09  (一社)日本臨床検査自動化学会

  • Binary毒素産生株を含むCDIアウトブレイクへの対応

    山田 康一, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 中家 清隆, 川口 博資, 岡田 恵代, 藤田 明子, 安部 順子, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    日本化学療法学会雑誌  2018.04  (公社)日本化学療法学会

  • New developments in our understanding of tuberculosis. Longitudinal evaluation of humoral immunity to Mycobacterium tuberculosis-specific antigens for correlation with clinical status and effective vaccine development

    Niki M, Yoshiyama T, Kaneko Y, Matsumoto S, Kudoh S, Goto H, Hoshino Y

    Keystone Symposia  2017.01 

  • Discovery and analysis of a novel Rhizopus antigen as a potential diagnostic marker for mucormycosis

    Oinuma K, Sato K, Niki M, Kakeya H, Kaneko Y

    2016 International Symposium on New Frontiers in Microbiology and Biotechnology  2016.07 

  • Antimicrobial stewardship teamの今後は? ASTとしての現在までの活動とその成果

    山田 康一, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 川口 博資, 中村 安孝, 安部 順子, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    日本化学療法学会雑誌  2016.05  (公社)日本化学療法学会

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • bacterial and fungal infection

    (2019) University, Special course

  • viral infection

    (2019) University, Special course

  • bacterial and fungal infection

    (2018) University, Special course

  • viral infection

    (2018) University, Special course

  • viral infection

    (2017) University, Special course

display all >>

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Extra-Curricular Activities

    (2020)

  • Contribution to FD activities

    (2020)

  • Contribution to FD activities

    (2019)

  • Extra-Curricular Activities

    (2019)

  • Contribution to FD activities

    (2018)

display all >>