TATEMI Junya

写真a

Search Institutional Repository


Title

Associate Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Research Areas 【 display / non-display

Economic geography

Research Career 【 display / non-display

  • economics of conventions and industrial agglomeration

    (Individual)

    Keyword in research subject:  industrial agglomeration, economics of conventions, institution

Association Memberships 【 display / non-display

  • The Human Geographical Society of Japan

  • Japan Academy of Small Business Studies

  • Japan Association for Evolutionary Economics

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2014.10
    -
    2015.11

    The Human Geographical Society of Japan  

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Business   Global Business Course   Associate Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2006
     
     

    Osaka City University  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    2005

    Nagoya University 

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    2002

    Osaka City University  

  •  
    -
    2000

    Kansai University   Faculty of Literature  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • "Developpemtnt du district industriel au Japon: le cas de Kojima"

    Geography, economiy, society  7 ( 3 ) 269 - 288 2005

  • 農山村における移住起業のサポート実態―兵庫県丹波市を事例として―

    酒井 扶美, 立見 淳哉, 筒井 一伸

    公益社団法人 日本地理学会 E-journal GEO  15 ( 1 ) 14 - 28 2020  [Refereed]

     View Summary

    <p>「田園回帰」という言葉で,都市から農山村への移住に注目が寄せられている.しかし,農山村への移住者の増加による新たな「なりわい」の創造と,自治体をはじめ多様な主体が行う起業支援とは密接にかかわっていると考えられる一方,その実態についての調査研究は十分には行われていない.これに対し,本稿では,兵庫県丹波市を事例に,特に制度的な起業支援のみならず,移住者と地域住民との起業を介した新しい関係性の上で,どのようなサポートが生み出されているのか,その詳細な実態を明らかにした.移住起業のサポート実態を理解する上で,単に制度的なサポートだけではなく,地域における様々な主体が行なっている支援の総体を把握する重要性を改めて示すことができた.</p>

    DOI CiNii

  • パリのファッション産業における価値づけの装置

    立見 淳哉

    人文地理学会 人文地理  70 ( 1 ) 25 - 48 2018  [Refereed]

     View Summary

    <p>本稿では,パリのファッション産業を事例に,価値づけの仕組みと大都市集積の役割を明らかにした。パリのファッション産業は,知識創造など非物質的労働と衣服の製造に伴う物質的労働,ネットワークと結合が典型的に見出される事例であり,またパリという空間の中で複雑な価値づけの仕組みを有している。すなわち,フォーマル/インフォーマルな制度・慣行・媒介者の存在,膨大なコモン,出会いとネットワーク構築を通じた知識・情報の相互移転,買い手とのマッチングを媒介するショー・展示会・小売店舗,そしてそれらが立地する場所といったものである。これらの雑多な諸要素が,パリの中で分散しつつも,それぞれの市場の価値づけ活動の中で結合し配置されることで,価値づけの装置として機能しているのである。ミリュー論をはじめとして,これまでの集積研究が,コーディネーション問題の解決と集団学習の基盤となる「領域化された制度・慣行」として産業集積地域を捉えてきたのに対して,産業集積あるいはミリューは「領域化されたコーディネーションと価値づけの装置」として捉えられることを示した。</p>

    DOI CiNii

  • Tatemi, J. and Nagao, K., New spirit of capitalism and the social construction of the "city. in P. Batifoulier et al., eds. Dictionnaire des conventions : Autour des travaux d’Olivier Favereau.

    Batifoulier et al.

    Presses Universitaires du Septentrion    109 - 113 2016.04

  • Transformation of the Choletais Apparel Industrial District in France: Role of Institutions and Conventions

    Geographical Review of Japan  88 ( 1 ) 1 - 24 2015.01

display all >>

Books etc 【 display / non-display

display all >>