TOCHINO Yoshihiro

写真a

Search Institutional Repository


Title

Associate Professor

Laboratory location

Abeno Campus

Degree 【 display / non-display

  • Osaka City University -  Medical doctor

Research Areas 【 display / non-display

medical education, Respiratory organ internal medicine

Research Interests 【 display / non-display

medical education, simulated patients

Awards & Honors 【 display / non-display

  • Teacher of the Year, 2016

    2016  

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Clinical Medicine Course   Associate Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Today

    Osaka City University  

  • 2014.07
    -
    2020.03

    Osaka City University  

  • 2011.04
    -
    2014.06

    Osaka City University  

  • 2009.06
    -
    2010.05

    University of Pittsburgh, asthma institute  

  • 2006.04
    -
    2009.05

    Osaka City University  

display all >>

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1997

    Osaka City University   Faculty of Medicine  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Predictors of the effects of smoking cessation on the endothelial function of conduit and digital vessels(和訳中)

    Fukumoto Kazuo, Takemoto Yasuhiko, Norioka Naoki, Takahashi Kanae, Namikawa Hiroki, Tochino Yoshihiro, Shintani Ayumi, Yoshiyama Minoru, Shuto Taichi

    Nature Publishing Group Hypertension Research  44 ( 1 ) 63 - 70 2021.01  [Refereed]

  • Predictors of the effects of smoking cessation on the endothelial function of conduit and digital vessels

    Fukumoto Kazuo, Takemoto Yasuhiko, Norioka Naoki, Takahashi Kanae, Namikawa Hiroki, Tochino Yoshihiro, Shintani Ayumi, Yoshiyama Minoru, Shuto Taichi

    HYPERTENSION RESEARCH  44 ( 1 ) 63 - 70 2021.01  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Efficacy of Practical Training Using a Simulator for Auscultation of Lung Sounds(和訳中)

    Tochino Yoshihiro, Sato Kanako, Sawa Kenji, Oku Sachiko, Hirata Kazuto, Shuto Taichi

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal  66   23 - 29 2020.12  [Refereed]

  • Effects of smoking cessation on endothelial function assessed by flow-mediated dilation and reactive hyperemia peripheral artery tonometry

    Fukumoto K., Takemoto Y., Norioka N., Takahashi K., Namikawa H., Tochino Y., Shintani A., Yoshiyama M., Shuto T.

    EUROPEAN HEART JOURNAL  41   3014 - 3014 2020.11  [Refereed]

  • Predictors of endothelial function improvement in patients with mild hypertriglyceridemia without evidence of coronary artery disease treated with purified eicosapentaenoic acid

    Fukumoto Kazuo, Takemoto Yasuhiko, Yoshikawa Junichi, Norioka Naoki, Iguchi Tomokazu, Namikawa Hiroki, Tochino Yoshihiro, Yoshiyama Minoru, Shuto Taichi

    ATHEROSCLEROSIS  309   27 - 32 2020.09  [Refereed]

    DOI PubMed

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 医療シミュレーションスペシャリストの現状と課題

    吉川 有葵, 奥 幸子, 高岡 奈緒美, 佐藤 直, 狩野 賢二, 栩野 吉弘, 首藤 太一

    日本シミュレーション医療教育学会 日本シミュレーション医療教育学会雑誌  7   72 - 77 2019.08  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    スキルスラボの管理ならびに運営の問題を共有し解決する機会として第5回シミュレーションスペシャリスト(SS)セミナーを開催した。多くのスキルスラボでシミュレータの購入・修理といった金銭的な問題を抱えていた。スキルスラボの活用を広げて財源を拡充することが必要である。また、SSとしてのキャリア形成のためにもSSの育成が今後の課題であり、そのためにもSSの積極的な学会や勉強会の参加が必要である。(著者抄録)

  • 肺炎予防

    並川 浩己, 栩野 吉弘

    (一社)日本病院総合診療医学会 日本病院総合診療医学会雑誌  13 ( 2 ) 34 - 36 2017.09  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    高齢化社会に伴い、肺炎による死亡者数は増加している。本稿では、肺炎予防について、ワクチン、口腔ケア、栄養管理の各項目で解説し、総合診療に役立つ大切なことについて述べた。高齢の肺炎患者はADLの低下から廃用症候群になり、寝たきり・嚥下能力が低下するため誤嚥して肺炎を繰り返す、という負のサイクルに陥る。そのため予防が非常に重要である。肺炎予防にはインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの両方の接種が重要である。2014年10月より23価肺炎球菌ワクチンの定期接種が開始されたが、先進国に比較するとその接種率は依然として低いため、接種推進の働きかけが今後重要になってくる。

  • 喘息-COPD重複症候群 高齢患者における慢性閉塞性肺疾患と喘息の共存および鑑別のためのパラメータ(Asthma-COPD overlap syndrome-Coexistence of chronic Obstructive pulmonary disease and asthma in elderly patients and parameters for their differentiation)

    Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Shuto Taichi, Hirata Kazuto

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine  18 ( 1 ) 5 - 11 2017.03  [Refereed]  [Invited]

  • 医学教育の現在 現状と課題(Vol.9) シミュレーション教育 本学スキルスシミュレーションセンターの取組みを中心に

    首藤 太一, 栩野 吉弘

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ  256 ( 13 ) 1299 - 1307 2016.03  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    シミュレーション医療教育(SME)成功のポイントは、"ハード面"の体裁を整えることよりも、それらを活用して"いかに質の高い医療教育を提供・展開するか"という"ソフト面"の立案や実践である。本学スキルスシミュレーションセンター(SSC)での取組みから、SMEにおけるTeachingのコツとスキルスラボ運営の工夫についても言及した。利用者数は年間12,000名で、医学生、研修医、看護師、他職種連携、ならびに入学前教育とさまざまなSMEを行っている。これには常在スタッフが必須である。SMEにおけるteachingのコツは"失敗できること"を活かした"教えないこと"である。失敗体験が他者の行為への繊細な観察へつながる。もうひとつ、"かぶること"をおそれない繰り返しが学習効果を高める。競争意識を活かした実・講習の質の担保、"Teaching is Learning"の理念による指導者確保、ならびに、院外講習会の有料化による維持費の確保も質の高いSMEを長期的に実践するスキルスラボ運営の工夫である。(著者抄録)

  • 【COPD(慢性閉塞性肺疾患);内科医の診断と治療の向上を目指して】 COPD病態・治療 気管支喘息 COPDオーバーラップ症候群(ACOS)

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌  104 ( 6 ) 1082 - 1088 2015.06  [Refereed]  [Invited]

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>