坂口 甲 (サカグチ コウ)

SAKAGUCHI Ko

写真a

機関リポジトリ

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(法学)

研究分野 【 表示 / 非表示

民事法学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

履行不能, 受領遅滞, 請負契約法

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 請負契約における注文者の責めに帰すべき事由による不能の研究

    (個人研究) 研究期間:

    2017年
    -
    現在

    研究課題キーワード:  債権者の責めに帰すべき事由による不能

  • ドイツにおける後発的不能法の展開

    (個人研究) 研究期間:

    2012年
    -
    2017年

    研究課題キーワード:  後発的不能

  • 債権者の責めに帰すべき事由による不能の研究

    (個人研究) 研究期間:

    2009年
    -
    2012年

    研究課題キーワード:  受領遅滞、危険負担

  • 受領遅滞(債権者遅滞)の研究

    (個人研究) 研究期間:

    2005年
    -
    2008年

    研究課題キーワード:  受領遅滞

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 学部では、1回生向けの基礎演習、3・4回生向けの専門演習(民法)のほか、民法の講義(2018年度前期は親族・相続、後期は債権各論)を担当している。 大学院では、ドイツの契約法に関連する原書の講読を担当している。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 国際古代法史学界(SIHDA)

  • 日本私法学会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   准教授

  • 2008年04月
    -
    2013年03月

      神戸市外国語大学  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2008年

    京都大学  法学研究科  民刑事法専攻  博士課程

  •  
    -
    2005年

    学習院大学  法学研究科  修士課程

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ドイツ法における後発的不能論の成立と展開(3)プロイセン一般ラント法からドイツ民法典の成立まで

    坂口 甲

    法学雑誌  63 ( 4 ) 1174 - 1117 2017年12月

  • ドイツ法における後発的不能論の成立と展開(2)プロイセン一般ラント法からドイツ民法典の成立まで

    坂口 甲

    法学雑誌  63 ( 3 ) 820 - 768 2017年09月

  • ドイツ法における後発的不能論の成立と展開(1)プロイセン一般ラント法からドイツ民法典の成立まで

    坂口 甲

    法学雑誌  63 ( 2 ) 524 - 466 2017年06月

  • 双務契約における両当事者の責めに帰すべき事由による履行不能――ドイツ法における効果論の一考察

    神戸市外国語大学研究年報  ( 48 ) 137 - 259 2012年03月

  • ドイツにおける債権者遅滞制度と債権者の協力義務(3・完)

    坂口 甲

    法学論叢  166 ( 2 ) 130 - 151 2009年11月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 詳解 改正民法

    坂口甲 (担当: 分担執筆 )

    商事法務  2018年06月

  • 民法判例百選Ⅱ(第8版)

    坂口 甲 (担当: 分担執筆 )

    有斐閣  2018年03月

  • Tradition und Innovation im Recht

    Ko Sakaguchi (担当: 分担執筆 )

    Mohr Siebeck  2017年11月

  • Before/After民法改正

    坂口 甲 (担当: 分担執筆 )

    弘文堂  2017年09月

  • 18歳からはじめる民法(第3版)

    坂口 甲 (担当: 分担執筆 )

    法律文化社  2017年03月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 第20回インターカレッジ民法討論会 出題の意図と解説

    坂口 甲

    法学セミナー  ( 715 ) 52 - 55 2014年08月

  • 両当事者の責めに帰すべき事由による履行不能の効果論に関する一考察

    坂口 甲

    私法  ( 75 ) 158 - 165 2013年

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Übergang der Gegenleistungsgefahr auf den Besteller im Werkvertragsrecht

    Ko Sakaguchi

    Dissertantenseminar für römisches Recht an der Uni Bonn  (Bonn)  2017年07月 

  • Heutige Diskussionen um Gläubigerverzug im klassischen römischen Recht

    Ko Sakaguchi

    Dissertantenseminar für römisches Recht an der Uni Bonn  (Bonn)  2016年07月 

  • Eine Skizze der Entwicklung der Lehre von der nachträglichen Unmöglichkeit in Japan

    Ko Sakaguchi

    第9回日独法学シンポジウム  (Freiburg)  2016年04月 

  • 民法における伝統と革新――後発的不能論の展開から見た債権法改正――

    坂口 甲

    日独法学シンポジウム準備会  2015年10月 

  • 19世紀ドイツにおける後発的不能論の展開と 債権者の責めに帰すべき事由による不能(中間報告)

    坂口 甲

    大阪市立大学民法研究会  2015年04月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 債権者の不協力による履行障害とドイツ給付障害法における体系転換

    若手B 代表者

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

  • 契約における債権者の協力と履行障害

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2014年03月
     

  • 債権者側の事情により債務者が履行障害に陥った場合における債権者の責任に関する研究

    若手研究(スタートアップ) 代表者

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2010年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 都市における法現象としての中小企業問題の検証

    制度名:  大阪市立大学戦略的研究 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 民法第3

    (2015年度)

  • 基礎演習

    (2015年度)大学

  • 民法2

    (2015年度)大学

  • 専門演習

    (2015年度)大学

  • 基礎演習

    (2014年度)大学

全件表示 >>