保尊 隆享 (ホソン タカユキ)

HOSON Takayuki

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/pphys/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  理学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

植物生理, 宇宙生物学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 植物の成長調節、形態形成、そして環境応答に最も直接的に関与する細胞壁の動態を、構成多糖の代謝、それに対する植物ホルモン(オーキシンなど)の作用、代謝を担う細胞壁酵素並びにそれらをコードする遺伝子の構造と機能、に焦点を当てて研究してきた。さらに、遺伝的プログラムに強く影響する環境シグナルの中から重力に着目し、これがどのような機構を通して細胞壁代謝を修飾し成長調節や形態形成に関わるか、宇宙実験並びに地上研究により解析している。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

宇宙, 形態形成, 微小重力, 成長調節, 植物, 細胞壁

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 宇宙環境における植物の成長と形態形成

    (国際共同研究) 研究期間:

    1987年04月
     
     

    研究課題キーワード:  抗重力反応、自発的形態形成、微小重力

  • 植物の成長調節機構

    (個人研究) 研究期間:

    1977年04月
     
     

    研究課題キーワード:  細胞壁、オーキシン、伸展性

  • 植物細胞壁の生理機能

    (個人研究) 研究期間:

    1977年04月
     
     

    研究課題キーワード:  細胞壁、酵素、調節因子

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • (植物細胞生理学)高等植物が持つ生理機能、特に成長や分化の調節が、どのような機構によりなされているか、細胞レベルで概説する。具体的には、細胞レベルで見た高等植物の特徴、植物細胞の各細胞小器官の構造・機能・特性、及び植物細胞成長の調節機構について解説する。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物学会

  • COSPAR

  • アメリカ植物生理学会(American Society of Plant Physiologists)

  • 日本宇宙生物科学会

  • 日本植物生理学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2010年
    -
    2011年

    日本植物学会   学会賞選考委員

  • 2007年
    -
    2010年

    日本植物学会   評議員

  • 2001年
    -
    2004年

    日本植物学会   評議員

  • 1999年
    -
    2004年

    日本植物学会   編集実行委員

  • 1995年
    -
    1998年

    日本植物学会   評議員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本宇宙生物科学会学会賞

    2001年  

  • 日本植物学会奨励賞

    1992年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年
     
     

      大阪市立大学   教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1979年

    東北大学  理学研究科  生物学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1977年

    東北大学  理学部  生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Modification of growth anisotropy and cortical microtubule dynamics in Arabidopsis hypocotyls grown under microgravity conditions in space

    Soga Kouichi, Yamazaki Chiaki, Kamada Motoshi, Tanigawa Naoki, Kasahara Haruo, Yano Sachiko, Kojo Kei H., Kutsuna Natsumaro, Kato Takehide, Hashimoto Takashi, Kotake Toshihisa, Wakabayashi Kazuyuki, Hoson Takayuki

    PHYSIOLOGIA PLANTARUM  162 ( 1 ) 135 - 144 2018年01月  [査読有り]

    DOI

  • Dynamics of Actin Filaments in Epidermal Cells of Azuki Bean Epicotyls under Hypergravity Conditions

    Tanabe Hiroyo, Soga Kouichi, Wakabayashi Kazuyuki, Hoson Takayuki

    日本宇宙生物科学会 Biological Sciences in Space  32 ( 0 ) 11 - 16 2018年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>The effects of hypergravity on growth and dynamics of actin filaments were examined in azuki bean (<i>Vigna angularis</i>) epicotyls. Elongation growth occurred mainly in the apical region of epicotyls, which was inhibited by hypergravity at 300 <i>G</i>. The density of actin filaments in epidermal cells decreased from the apical to the basal regions of epicotyls, irrespective of the gravitational conditions, and in the apical region of epicotyls, hypergravity decreased the density. Actin filaments were arranged with longitudinal or radial direction in the epidermal cells of apical region of 1 <i>G</i>-grown epicotyls. On the other hand, actin filaments with transverse direction were observed in basal region of epicotyls grown at 1 <i>G</i>. Similar changes in the arrangement of actin filaments toward the basal region were observed even under hypergravity conditions. Hypergravity had no effects on the growth and reorientation of cortical microtubules, when actin filaments were disrupted by cytochalasin D treatment. These results suggest that modification of dynamics of actin filaments is responsible for reorientation of cortical microtubules, which leads to inhibition of elongation growth in azuki bean epicotyls under hypergravity conditions.</p>

    DOI CiNii

  • Growth and cortical microtubule dynamics in shoot organs under microgravity and hypergravity conditions

    Soga Kouichi, Wakabayashi Kazuyuki, Hoson Takayuki

    PLANT SIGNALING & BEHAVIOR  13 ( 1 )  2018年  [査読有り]

    DOI

  • Persistence of plant hormone levels in rice shoots grown under microgravity conditions in space: its relationship to maintenance of shoot growth

    Wakabayashi Kazuyuki, Soga Kouichi, Hoson Takayuki, Kotake Toshihisa, Kojima Mikiko, Sakakibara Hitoshi, Yamazaki Takashi, Higashibata Akira, Ishioka Noriaki, Shimazu Toru, Kamada Motoshi

    PHYSIOLOGIA PLANTARUM  161 ( 2 ) 285 - 293 2017年10月  [査読有り]

    DOI

  • A Research Scenario of Space-Utilizing Plant Science

    Takahashi Hideyuki, Hidema Jun, Kitaya Yoshiaki, Hoson Takayuki, Karahara Ichirou, Yano Sachiko

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MICROGRAVITY SCIENCE AND APPLICATION  34 ( 2 )  2017年  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Cellulose as the anti-gravitational polysaccharide

    Hoson T (担当: 共著 )

    Cellulose: Structure and Properties, Derivatives and Industrial Uses, Nova Science Publishers.  2010年

  • 植物ホルモンの分子細胞生物学

    保尊隆享 (担当: 共著 )

    講談社  2006年

  • Cellulose: Structure and Properties, Derivatives and Industrial Uses (共著)

    保尊 隆享 (担当: 単著 )

    Nova Science Publishers  2010年

  • 生物学辞典

    保尊隆享 (担当: 共著 )

    東京化学同人  2010年

  • Cellulose : structure and properties, derivatives and industrial uses

    Lejeune Arnaud, Deprez Thibaut (担当: 単著 )

    Nova Science Publishers  2010年

    CiNii

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Cortical microtubules are responsible for gravity resistance in plants

    Hoson T, Matsumoto S, Soga K and Wakabayashi K

    Plant Signal. Behav.  5   752 - 754 2010年

  • 国際宇宙ステーション実験による植物の抗重力反応機構の解明

    保尊隆享、曽我康一、若林和幸

    生物工学  88   292 - 295 2010年

  • Role of the cell wall-sustaining system in gravity resistance in plants

    Hoson, T., Soga, K. Wakabayashi, K.

    Biol. Sci. Space  23   131 - 136 2009年

  • 植物の抗重力反応

    保尊隆享

    宇宙環境利用の展望.資源探査用観測システム・宇宙環境利用研究開発機構    59 - 77 2007年

  • The mechanism and significance of gravity resistance in plants

    J. Gravit. Physiol.  13   97 - 100 2006年

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生物学の潮流

    (2011年度)大学

  • 生物学への招待

    大学 共通(教育)科目

  • 植物細胞生理学

    大学

  • 植物機能学特論Ⅰ