HORI Madoka

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Research Areas 【 display / non-display

Japanese Literature, Japanese Studies, Comparative Literature and Culture

Research Interests 【 display / non-display

Asia, Modernism, Boundary, Japanese Literature, Comparative Literature and Culture, Nationalism and Racialism, Mysticism, Symbolist Movement, Modern Japan

Association Memberships 【 display / non-display

  • JAPAN COMPARATIVE LITERATURE ASSOCIATION

  • Yone Noguchi Society

Awards & Honors 【 display / non-display

  • The Suntory Prize for Social Sciences and Humanities (Literary and Art Criticism)

    2012  

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Literature and Human Sciences   Department of Cultural Management   Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2013
    -
    2015

    Yeungnam University, Dept of Japanese Language and Literature   International Lecturer

  • 2010.04
    -
    2013.03

    International Research Centre for Japanese Studies  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    2008

    The Graduate University for Advanced Studies  Graduate School, Division of Cultural Studies  Department of Japanese Studies 

  •  
    -
    2002

    University of London SOAS  School of Oriental African Studies  Comparative Literature 

  •  
    -
    2001

    Japan Women's University  Graduate School, Division of Letters  Japanese Literature 

 

Published Papers 【 display / non-display

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 『詩集 明界と幽界』

    訳者・堀まどか (Part: Single Work )

    彩流社  2019.10

     View Summary

    全篇英文和文対訳

  • 『映しと移ろいーー文化伝播の器と蝕変の実相』

    堀まどか (Part: Single Work )

    花鳥社  2019.09

  • 明界と幽界 : 詩集

    野口 米次郎, 星野 文子, 堀 まどか, 羽田 美也子, 亀井 俊介 (Part: Single Work )

    彩流社  2019

    CiNii

  • 『大正=歴史の踊り場とは何かー現代の起点をさぐる』

    堀まどか (Part: Single Work )

    講談社選書メチエ  2018.05

     View Summary

    鷲田清一(編)、佐々木幹郎(著)、山室信一(著)、渡辺裕(著)、(コラム執筆:8名)

  • 『田辺聖子事典 ゆめいろ万華鏡』

    堀まどか (Part: Single Work )

    和泉書院  2017.10

     View Summary

    浦西 和彦 (著), 檀原 みすず (著), 増田 周子 (著)

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 「文学研究」から「文化研究」へーー「文化構想学」科における教育・研究へ向けて

    堀まどか

    『文学研究・文化研究の方法とグローバル展開を探る』(2019年度「文学研究科プロジェクト」成果報告書)    41 - 50 2020.03  [Refereed]  [Invited]

  • 野口米次郎の戦争詩ーー第一次世界大戦から第二次世界大戦へ

    堀まどか

    現代詩手帖    56 - 63 2018.07  [Refereed]  [Invited]

  • 「野口米次郎と芭蕉―明治20年代の日本の芭蕉再評価の潮流」

    堀まどか

    『草樹』  ( 66 ) 34 - 37 2016.11  [Refereed]  [Invited]

  • 展望)日本語教育の現場で感じる「文学」研究の可能性

    堀まどか

    日本近代文学  94   219 - 226 2016.05  [Refereed]  [Invited]

  • Japan To-day: Bungei-shunju's European Language War-time Propaganda

    Sakuhinsha  2011.03

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • 日本文学と〈鎮魂〉ー戦後の文芸文化を中心に

    堀まどか

    シンポジウム『文学の可能性ー震災・移動・記憶』  (大阪市立大学・杉本キャンパス(学情・文化交流室))  2019.07  大阪市立大学(ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ)女性研究者支援室

  • 世界文学と「地方」:野口米次郎とシカゴの詩雑誌『ポエトリ』」

    堀まどか

    二〇一八年度文学研究科プロジェクト『日本文学を世界文学として読む』  2019.01 

  • 外からみる「日本」という地方(パネル名「地方という〈レトリック〉のあと」)

    堀まどか

    日本比較文学会大会  (日本大学文理学部3号館)  2018.06  日本比較文学会

     View Summary

    司会・報告:大東和重(関西学院大学)
    報告:森岡卓司(山形大学)
    今泉秀人(大阪大学)
    堀まどか(大阪市立大学)
    〈地方〉というテーマは本学会の年次大会でもすでに様々な形で取り上げられている。しかし、例えば〈地方〉が、日本や日本以外の諸地域におけるさまざまなテクストにおいて、誰によって、そしてどのようなレトリックによって表現されてきたのかを検討するだけではなく、そうしたレトリックへの分析や批判の〈あと〉(跡、痕、後…)に何を見出していくのかを検討し、このテーマを深化更新していく必要性があるだろう。
    森岡(日本文学)は、1950年代山形のローカルな文学運動から出立した民話研究者武田正に着目し、彼のテクストに〈地方〉と〈中央〉の脱構築ともいえるモチーフが認められることを、同時代の文学的言説における〈地方〉表象を参照しつつ論じる。
    大東(台湾文学)は、日本統治期台湾の地方都市・台南で活動した、呉新榮・楊熾昌・荘松年・許丙丁など、台湾人作家に焦点を当て、日本語・中国語による文学や民俗学の活動が、〈地方〉と〈中央〉という二元的な枠組に収まらない射程を持っていたことを論じる。
    今泉(中国文学)は、20世紀前半の中国において〈地方〉が、国家や文明が有する本源的な価値を内包する場として、特に、文学作品における「郷土」(あるいは「故郷」)という形で「生産」されてきたことを取り上げ、民国期の「郷土文学」を代表する魯迅・周作人兄弟、また沈従文とその作品を紹介し、本源性の場としての〈地方〉が抱え込んだジレンマについて論じる。
    堀(国際日本学/文化交流史/日本語文学)は、外部からみた「日本」という視点について、ヨネノグチを例に見ていくことからはじめて、20世紀転換期に注目された「地方」の普遍的な意味、世界的な注目の度合い、そしてそのモダニティとの関係について論じる。また、グローバルな思想をうけて形成される柳宗悦の「民芸」運動のような活動が、「地方性」(植民地/非植民地をふくめた地域)にどんな課題をもたらしていたか、という点から、「地方」というレトリックにまつわる危うさについて、問題提起する。

  • 日本から発信された〈沈黙〉のことば;詩人ヨネノグチを中心に

    堀まどか

    大阪市立大学公開講座「温故知新」  (大阪市立大学文化交流センター(大阪駅前第二ビル2階))  2017.11  大阪市立大学文化情報センター(大阪文化の情報発信基地)

  • (テーマ:芸術と社会組織のあいだ)「境界者の文芸と民族独立運動」

    堀まどか

    第4回 多文化交渉における「あいだ」の研究会  (国際日本文化研究センター・京都)  2017.09  日文研共同研究会(稲賀班)

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • Higher Comparative Studies and Seminar in Asian Calture

    (2018) Graduate school, Special course

  • Higher Comparative Studies in Asian Culture

    (2018) Graduate school, Special course

  • Japanese3B

    (2018) University, General education courses

  • Japanese3A

    (2018) University, General education courses

  • Japanese1B

    (2018) University, General education courses

display all >>