伊東 明 (イトウ アキラ)

ITOH Akira

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(農学)

研究分野 【 表示 / 非表示

植物生態, 熱帯生態学, 外来植物,熱帯林

研究歴 【 表示 / 非表示

  • タンポポの雑種形成過程の解明

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  タンポポ、雑種、倍数性

  • 熱帯雨林の修復技術に関する研究

    (国際共同研究)

    研究課題キーワード:  熱帯雨林、修復

  • 熱帯雨林樹木の更新に関する研究

    (国際共同研究)

    研究課題キーワード:  熱帯雨林、更新

  • 熱帯雨林の樹木多様性維持機構に関する研究

    (国際共同研究)

    研究課題キーワード:  熱帯雨林、種多様性

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会

  • 日本熱帯生態学会

  • 日本森林学会

  • 熱帯生物・保全学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    現在

    日本学術会議   連携会員

  • 2017年03月
    -
    2018年03月

    日本生態学会   理事

  • 2017年01月
    -
    現在

    日本生態学会   日本生態学会誌編集長

  • 2016年01月
    -
    現在

    関西自然保護機構   副編集委員長

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    日本熱帯生態学会   幹事長

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本熱帯生態学会奨励賞「吉良賞」

    1997年  

  • 関西自然保護機構論文賞「四手井綱英記念賞」

    2008年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    京都大学  農学研究科  熱帯農学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    京都大学  農学部  林学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Global importance of large-diameter trees

    Lutz James A., Furniss Tucker J., Johnson Daniel J., Davies Stuart J., Allen David, Alonso Alfonso, Anderson-Teixeira Kristina J., Andrade Ana, Baltzer Jennifer, Becker Kendall M. L., Blomdahl Erika M., Bourg Norman A., Bunyavejchewin Sarayudh, Burslem David F. R. P., Cansler C. Alina, Cao Ke, Cao Min, Cardenas Dairon, Chang Li-Wan, Chao Kuo-Jung, Chao Wei-Chun, Chiang Jyh-Min, Chu Chengjin, Chuyong George B., Clay Keith, Condit Richard, Cordell Susan, Dattaraja Handanakere S., Duque Alvaro, Ewango Corneille E. N., Fischer Gunter A., Fletcher Christine, Freund James A., Giardina Christian, Germain Sara J., Gilbert Gregory S., Hao Zhanqing, Hart Terese, Hau Billy C. H., He Fangliang, Hector Andrew, Howe Robert W., Hsieh Chang-Fu, Hu Yue-Hua, Hubbell Stephen P., Inman-Narahari Faith M., Itoh Akira, Janik David, Kassim Abdul Rahman, Kenfack David, Korte Lisa, Kral Kamil, Larson Andrew J., Li YiDe, Lin Yiching, Liu Shirong, Lum Shawn, Ma Keping, Makana Jean-Remy, Malhi Yadvinder, McMahon Sean M., McShea William J., Memiaghe Herve R., Mi Xiangcheng, Morecroft Michael, Musili Paul M., Myers Jonathan A., Novotny Vojtech, de Oliveira Alexandre, Ong Perry, Orwig David A., Ostertag Rebecca, Parker Geoffrey G., Patankar Rajit, Phillips Richard P., Reynolds Glen, Sack Lawren, Song Guo-Zhang M., Su Sheng-Hsin, Sukumar Raman, Sun I-Fang, Suresh Hebbalalu S., Swanson Mark E., Tan Sylvester, Thomas Duncan W., Thompson Jill, Uriarte Maria, Valencia Renato, Vicentini Alberto, Vrska Tomas, Wang Xugao, Weiblen George D., Wolf Amy, Wu Shu-Hui, Xu Han, Yamakura Takuo, Yap Sandra, Zimmerman Jess K.

    GLOBAL ECOLOGY AND BIOGEOGRAPHY  27 ( 7 ) 849 - 864 2018年07月  [査読有り]

    DOI

  • Are patterns of fine-scale spatial genetic structure consistent between sites within tropical tree species?

    Smith James R., Ghazoul Jaboury, Burslem David F. R. P., Itoh Akira, Khoo Eyen, Lee Soon Leong, Maycock Colin R., Nanami Satoshi, Ng Kevin Kit Siong, Kettle Chris J.

    PLOS ONE  13 ( 3 )  2018年03月  [査読有り]

    DOI

  • Hybridization rate and genotypic diversity of apomictic hybrids between native (Taraxacum japonicum) and introduced (T. officinale) dandelions in western Japan

    Matsuyama Shuhei, Morimoto Miki, Harata Tsuyoshi, Nanami Satoshi, Itoh Akira

    CONSERVATION GENETICS  19 ( 1 ) 181 - 191 2018年02月  [査読有り]

    DOI

  • Plant invasion: Another threat to the Sao Paulo Marsh Antwren (Formicivora paludicola), a species on the verge of extinction

    Del-Rio Glaucia, Rego Marco Antonio, Silveira Luis Fabio, Itoh Akira

    PLOS ONE  12 ( 12 )  2017年12月  [査読有り]

    DOI

  • Dioecious plants are more precocious than cosexual plants: A comparative study of relative sizes at the onset of sexual reproduction in woody species

    Ohya Itsuki, Nanami Satoshi, Itoh Akira

    ECOLOGY AND EVOLUTION  7 ( 15 ) 5660 - 5668 2017年08月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 植物の分布パターン

    伊東明 (担当: 分担執筆 )

    植物学の百科事典(丸善出版)  2016年

  • 雌雄異株植物における性比と雌雄異株の精査

    名波哲,伊東明 (担当: 分担執筆 )

    大阪市立大学理学部生物学科編「生物学実験への招待 Aコース」(大阪公立大学共同出版)  2014年

  • 樹木の生物体量の推定

    名波哲,伊東明 (担当: 分担執筆 )

    大阪市立大学理学部生物学科編「生物学実験への招待 Sコース」(大阪公立大学共同出版)  2014年

  • 植物園のタンポポ-在来タンポポの保全と雑種問題-

    伊東明,松山周平 (担当: 分担執筆 )

    都市・森・人をつなぐ―森の植物園からの提言(京都大学学術出版会)  2014年

  • 森林の水平構造.

    正木隆,相場慎一郎 編 (担当: 分担執筆 )

    共立出版・森の生態学(シリーズ現代の生態学 8)  2011年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • モニタリングサイト1000 森林・草原調査コアサイト・準コアサイトの毎木調査データの概要.

    石原正恵,石田健,井田秀行,伊東明,他

    日本生態学会誌  60   111 - 123 2010年

  • 野外研究サイトから(12)ランビル・ヒルズ国立公園.

    市栄智明,市岡孝朗,伊東明

    日本生態学会誌  59   227 - 232 2009年

  • 熱帯雨林の多様性を説明する仮説

    森林の生態学 長期大規模研究から見えるもの(文一総合出版)    242 - 243 2006年

  • 御蓋山ナギの分布域拡大1.諸説概観.

    山倉拓夫,大前義男,名波哲,神崎護

    関西自然保護機構会誌  22 ( 2 ) 173 - 184 2000年

  • リュウノウジュの林冠優占と熱帯雨林の多様性

    北海道大学図書刊行会・森の自然誌-複雑形の生態学-    146 - 161 2000年

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 野外実験による乾燥フタバガキ林のフェノロジー研究

    フィールドワーク 

    2000年
     
     
  • 東南アジア熱帯雨林の修復生態学

    1995年
     
     
  • タイ国における特用林産物による森林維持に関する研究

    1990年
     
     
  • サラワクの混合フタバガキ林における生態学的調査

    1990年
     
     
  • 中国南部地域での森林利用に関する調査

    1989年
     
     
 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 機能生態学特論

    (2018年度)大学院

  • 21世紀の植物科学と食糧・環境問題

    (2018年度)大学 副専攻科目

  • 生物学概論A

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 野外実習

    (2018年度)大学 専門科目

  • 生物学実験A

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • タンポポ調査西日本2015

    (西日本(近畿、中国、四国、北九州))

    役割:講師, 調査担当

     対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 研究者, 社会人・一般, 市民団体 

    2014年03月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    西日本の研究機関(大学、博物館)、環境NPOと協同して、市民参加型の自然環境調査(『タンポポ調査西日本2015』)の予備調査を実施した。本調査は、平成27年度に実施予定。実行委員を務め、雑種タンポポの解析を担当している。取り組みは、各地域の新聞等で報道された。◆関係組織:大阪市立自然史博物館、大阪環境保全協会、徳島県立博物館、兵庫県立人と自然の博物館

  • 市大理科セミナー

    (大阪市立大学・基礎教育実験棟)

    役割:講師

     対象:高校生 

    2013年
    -
    2017年
  • タンポポ調査西日本2010

    (西日本(近畿、中国、四国、北九州))

    役割:講師, 調査担当

     対象:小学生, 中学生, 高校生, 研究者, 社会人・一般, 市民団体 

    2009年03月
    -
    2011年03月

     概要を見る

    西日本の研究機関(大学、博物館)、環境NPOと協同して、市民参加型の自然環境調査(『タンポポ調査西日本2010』)を実施した。大阪事務局の副代表を務めるとともに、雑種タンポポの解析を担当した。また、市民のための説明会、報告会、等で講演を行った。取り組みは、各地域の新聞等で報道された。◆関係組織:大阪市立自然史博物館、大阪環境保全協会、徳島県立博物館、兵庫県立人と自然の博物館