小宮 透 (コミヤ トオル)

Komiya Tohru

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  医学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

分子形態学, 形態・構造, 遺伝子工学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 人やマウスなどの哺乳類の遺伝子はおよそ3万種と見積もられている。それらの中で機能が明らかになっている遺伝子は1万種に満たない。ポストゲノムの時代の今、未知の宝の山から重要な遺伝子を効率良く単離する方法が待ち望まれている。我々は高速in situ hybridization法という、組織の部域・細胞特異的発現を示す遺伝子を網羅的に単離する方法を考案した。それを用いて生物学的にも医学的にも重要な遺伝子を単離を進めている。

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子発現データベースの構築

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  遺伝子発現

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 古典的発生生物学で明らかにされた誘導などの現象を現代の分子生物学的な言葉で解読することを目的とする。また器官形成における最先端の知見を紹介し、明らかにされている点と今後の研究課題を明確にしたい。 授業内容

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本発生生物学会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年
    -
    2001年

      カン研究所(株)  

  • 1993年
    -
    2000年

      科学技術振興事業団  

  • 1992年
    -
    1993年

      YSニューテクノロジー研究所  

  • 1991年
    -
    1992年

      新技術事業団  

  • 1983年
    -
    1985年

      日本製薬(株)  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年

    東京大学  医学研究科  基礎医学  博士課程

  •  
    -
    1987年

    千葉大学  理学研究科  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年

    千葉大学  理学部  生物学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cloning of the novel gene gob-4, which is expressed in intestinal goblet cells in mice.

    Biochim Biophys Acta.  1444   434 - 438 1999年

  • Cloning of the novel gene gob-5, which is expressed in intestinal goblet cells in mice.

    Biochem Biophys Res Commun.  255   347 - 351 1999年

  • Cloning of the novel gene intelectin, which is expressed in intestinal paneth cells in mice.

    Biochem Biophys Res Commun.  251   759 - 762 1998年

  • A large-scale in situ hybridization system using an equalized cDNA library.

    Analytical Biochem.  254   23 - 30 1997年

  • Large-scale immunohistological staining using polyethylene glycol-embedded sections mounted on 96-well plates for monoclonal antibody screening

    Analytical Biochem.  251   158 - 162 1997年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 96ウェルで行う切片のin situ ハイブリダイゼーション

    Medical Science Digest  29 ( 7 ) 258 - 259 2003年

  • 遺伝子発現部位の解析を高速化

    日経先端技術  05 ( 37 ) 17 - 20 2003年

  • in situ ハイブリッド形成による発現地図

    中山書店・ゲノム機能:発現プロフィールとトランスクリプトーム    102 - 115 2000年

  • 96ウェルで行う切片のin situ ハイブリダイゼーション

    細胞工学  18   405 1999年

  • 96ウェル用のDIG標識RNAプローブ作成法

    秀潤社・細胞工学  18   125 1999年

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 組織切片を用いた迅速・多検体in situ hybridization

    研究テーマ概要:我々が考案した迅速・多検体in situ hybridization法を均一化ライブラリーを用いて組織中のほぼ全ての転写産物の調べそのデータベース化を行うこと。

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演, 共同研究, 受託研究, 技術相談, 講演

    交流可能な時期・期間:2001-

    キーワード:高速多検体in situハイブリッド形成, 細胞レベルの解像度の遺伝子発現データベース

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:動植物、組織を問わず、網羅的な遺伝子の発現パターンを掌握できるので、分子生物学・医学・病理学等広い範囲の応用が可能である。