小畠 誠也 (コバタケ セイヤ)

KOBATAKE Seiya

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://www.a-chem.eng.osaka-cu.ac.jp/kobatakelab/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  修士(工学)

  • 大阪市立大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

機能材料化学, 光化学, 材料化学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 光によって可逆的に分子構造が変化し、色の変わる材料を合成し、溶液中、高分子媒体中、および結晶状態でのフォトクロミック反応挙動および物性変化について研究している。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

フォトクロミズム, フォトメカニカル, 有機結晶, 分子センサー

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 蛍光の光スイッチングマテリアルの創生

    (国内共同研究) 研究期間:

    2013年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  フォトクロミズム、蛍光物質

  • 光応答性金属ナノ粒子ネットワークの合成と高効率光エネルギー利用

    (個人研究) 研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月

    研究課題キーワード:  フォトクロミズム、金属ナノ粒子、RAFT重合

  • フォトクロミック分子を含む有機-無機ハイブリッド材料の合成と物性評価

    (個人研究) 研究期間:

    2010年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  フォトクロミズム、シリカナノ粒子、RAFT重合

  • 光機能性有機分子ポリマーを被覆した金属ナノ粒子の電場増強光反応

    (個人研究) 研究期間:

    2008年04月
    -
    2015年03月

    研究課題キーワード:  フォトクロミズム、金属ナノ粒子、RAFT重合

  • 超薄膜ジアリールエテンポリマーのフォトクロミック反応挙動と物性評価

    (個人研究) 研究期間:

    2007年04月
    -
    2010年03月

    研究課題キーワード:  フォトクロミズム、ジアリールエテン、ラジカル重合

全件表示 >>

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 物理化学序論
    分析化学I
    機能材料化学
    光有機材料化学特論(大学院)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

  • 高分子学会

  • 光化学協会

  • 分子科学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
     
     

    第61回放射線化学討論会   組織委員

  • 2018年08月
     
     

    13th International Workshop on Crystal Growth of Organic Materials (CGOM13)   Scientific Committee

  • 2018年03月
    -
    現在

    J. Photochem. Photobiol. C: Photochemistry Reviews   Associate Editor

  • 2017年03月
    -
    現在

    日本化学会 有機結晶部会   幹事

  • 2016年03月
    -
    現在

    日本化学会 有機結晶部会   広報委員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 光化学協会賞 受賞

    2014年10月  

  • アジア・オセアニア光化学協会 若手奨励賞 受賞

    2010年11月  

  • 日本化学会 第52回進歩賞 受賞

    2003年03月  

  • 日本化学会 BCSJ賞 受賞

    2019年08月15日  

  • 日本化学会 BCSJ賞 受賞

    2011年02月  

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   化学生物系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院工学研究科 機能創成科学教育研究センター   副センター長(兼務)

  • 2015年08月
    -
    現在

      大阪市立大学   複合先端研究機構   兼任研究員

  • 2011年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院工学研究科   教授

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

      大阪市立大学   大学院工学研究科   准教授

  • 2006年10月
    -
    2010年03月

      科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ   研究者兼任

全件表示 >>

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1996年03月

    大阪市立大学  工学研究科  応用化学専攻  博士課程後期

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    大阪市立大学  工学研究科  応用化学専攻  博士課程前期

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1991年03月

    大阪市立大学  工学部  応用化学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Molecular design for a write-by-light/erase-by-heat recording system using photochromic diarylethenes with thermal cycloreversion

    Yuta Sato, Daichi Kitagawa, Seiya Kobatake

    TETRAHEDRON  75 ( 35 ) 130487 (7 pages) 2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    光書き込み/熱消去型記録システム用のフォトクロミックジアリールエテンを設計および合成を行った。ジアリールエテンの両側に極性置換基を導入すると、光環化および光環化反応性が維持されたが、熱開環反応性に大きく影響した。電子求引性置換基の導入は熱反応を促進し、電子供与性置換基の導入は熱反応を抑制した。熱反応の速度定数は、Hammettの置換基定数の修正値であるBrown-Okamotoの置換基定数とよく相関した。速度定数が大きいのは、熱反応の活性化エネルギーが低いためである。これらの結果は、光による書き込み/熱による消去型の記録システムのためのジアリールエテンの分子設計に関する新しい知見を提供している。

    DOI

  • Photoreversible Interference Color Modulation to Multicolor in Photochromic Molecular Crystals

    Kohei Morimoto, Hajime Tsujioka, Daichi Kitagawa, Seiya Kobatake

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN  92 ( 8 ) 1299 - 1304 2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    外部刺激に応答する機能性分子結晶は、材料化学と結晶工学の新しいフロンティアと考えられる。 ここでは、フォトクロミックジアリールエテン誘導体、1,2-ビス(2-エチル-5-フェニル-3-チエニル)ペルフルオロシクロペンテンで構成される単結晶の光可逆干渉色変化について報告している。クロスニコルの下でサンプルステージを消光位置から45°回転させて結晶を観察すると、干渉色を示した。紫外線を照射すると、開環体から閉環体への光環化反応により、光照射に応じて干渉色が劇的かつ瞬時に変化した。この変化は、フォトクロミック反応に非常に敏感であった。これらの結果は、フォトクロミック結晶の応用の新たな機会を提供するかもしれない。

    DOI CiNii

  • Plasmon Enhanced Optical Responses of Diarylethene Molecules Adsorbed on Gold Nanorods

    Syogo Noda, Seiju Hasegawa, Hiroyuki Hamada, Seiya Kobatake, Kohei Imura

    CHEMISTRY LETTERS  48 ( 6 ) 537 - 540 2019年06月  [査読有り]

     概要を見る

    ジアリールエテン(DE)ポリマーで被覆された金ナノロッドのアセンブリは、溶液中で化学的に調製し、ポリ(DE)のプラズモン増強光学応答について研究した。DEの開環体からの蛍光は、金のバンド間遷移により550 nm付近でほとんど消光され、700 nm付近の蛍光は縦プラズモン共鳴によりわずかに増強された。金ナノロッド-ポリ(DE)の開環反応も研究し、反応速度はプラズモン励起によって増強され、アセンブリでほぼ2倍に増加することがわかった。増強の大きさは、ナノロッドの近くでシミュレートされた光学増強場の空間的および配向的に平均化された値と定性的に一致している。

    DOI CiNii

  • Efficient "turn-off" fluorescence photoswitching in a highly fluorescent diarylethene single crystal

    Sanae Ishida, Daichi Kitagawa, Seiya Kobatake, Sunnam Kim, Seiji Kurihara, Tuyoshi Fukaminato

    CHEMICAL COMMUNICATIONS  55 ( 40 ) 5681 - 5684 2019年05月  [査読有り]

    DOI

  • Cyclization reaction dynamics of an inverse type diarylethene derivative as revealed by time-resolved absorption and fluorescence spectroscopies

    Hikaru Sotome, Daichi Kitagawa, Tatsumoto Nakahama, Syoji Ito, Seiya Kobatake, Masahiro Irie, Hiroshi Miyasaka

    Phys. Chem. Chem. Phys.  21 ( 17 ) 8623 - 8632 2019年05月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Chapter 8. Photochromic bulk materials

    M. Morimoto, S. Kobatake, M. Irie, H. K. Bisoyi, Q. Li, S. Wang, H. Tian (担当: 共著 )

    Photochromic Materials: Preparation, Properties and Applications, First Edition, Eds. by H. Tian, J. Zhang, Wiley-VCH Verlag  2016年

  • Book chapter: Photoinduced mechanical motion of photochromic crystalline materials

    S. Kobatake, D. Kitagawa (担当: 共著 )

    Advances in Organic Crystal Chemistry, Comprehensive Reviews 2015, Eds.: R. Tamura, M. Miyata, Springer  2015年

  • フォトクロミック分子材料の機能化(第3章, 7)

    小畠誠也 (担当: 単著 )

    自己組織化マテリアルのフロンティア(次代を担う研究者による提案-未来を創るエキゾチック自己組織化戦略), 「エキゾチック自己組織化材料」研究グループ編, フロンティア出版  2015年

  • 光環化によるフェナントレン同族体ならびにフォトクロミック化合物の合成(27.2.2)

    小畠誠也 (担当: 分担執筆 )

    有機合成実験法ハンドブック 第2版, 有機合成化学協会編, 丸善出版  2015年

  • 光化学フロンティア 未来材料を生む有機光化学の基礎 第12章 12.1 フォトクロミズム

    小畠誠也 (担当: 分担執筆 )

    化学同人  2018年

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Strategy for molecular design of photochromic diarylethenes having thermal functionality

    D. Kitagawa, S. Kobatake

    Chem. Rec.  16 ( 4 ) 2005 - 2015 2016年

  • Applying photoresponsive photochromic materials to light-starting thermosensors

    S. Kobatake

    Convertech & e-Print  6 ( 2 ) 57 - 61 2016年

  • 光応答性フォトクロミック材料の低温温度センサーへの応用

    小畠誠也

    コンバーテック, 2015年12月号    82 - 85 2015年

  • Photochromism of diarylethene molecules and crystals: Memories, switches, and actuators

    M. Irie, T. Fukaminato, K. Matsuda, S. Kobatake

    Chem. Rev.  114 ( 24 ) 12174 - 12277 2014年

  • 光に応答して可逆に変形する有機結晶

    小畠誠也, 入江正浩

    化学と工業  61 ( 5 ) 506 - 509 2008年

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 長鎖アルキル基を有するジアリールエテン単結晶の光誘起形状変化

    東口拓矢, 北川大地, 小畠誠也

    日本化学会第99回春季年会  2019年03月 

  • ジアリールエテン結晶の光誘起結晶形状変化に及ぼす偏光照射の影響

    平野 明, 北川大地, 小畠誠也

    日本化学会第99回春季年会  2019年03月 

  • ジアリールベンゼンのフォトクロミズムと高速熱退色挙動

    中濱龍源, 北川大地, 中井喜裕, 小畠誠也

    日本化学会第99回春季年会  2019年03月 

  • ジアリールエテンを分岐点に有するハイパーブランチポリマーの蛍光on/offスイッチング

    清水克哉, Remi Metivier, Arnaud Brosseau, 小畠誠也

    日本化学会第99回春季年会  2019年03月 

  • ヘキサン中におけるスピロピランの紫外光照射により生成する凝集体の構造および特性解析

    水口貴文, 北川大地, 小畠誠也

    日本化学会第99回春季年会  2019年03月 

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • ジアリールエテン化合物を含むフォトクロミック材料および光機能素子 [特許]

    特願 特願2012-154749  特開 特開2014-015552  特許 特許第5920780号

    発明(考案)者名: 小畠誠也

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 国際連携による高次複合光応答系の高度化とネットワーク形成

    新学術領域研究(高次複合光応答)(国際活動支援班) 分担者・その他

    研究期間:

    2015年
    -
    2019年03月
     

  • 高次複合光応答分子システムの 開拓と学理の構築

    新学術領域研究(高次複合光応答)(総括班計画研究) 分担者・その他

    研究期間:

    2014年06月
    -
    2019年03月
     

  • 高次光励起による光応答性分子結晶のフォトメカニカル新現象の開拓

    新学術領域研究(高次複合光応答) (計画研究) 代表者

    研究期間:

    2014年06月
    -
    2019年03月
     

  • 光応答性金属ナノ粒子ネットワークの合成と高効率光エネルギー利用

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

  • 光機能性有機分子ポリマーを被覆した金属ナノ粒子の電場増強光反応

    特定領域研究(光-分子強結合場)(470) (公募) 代表者

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 冷凍・冷蔵輸送保存管理に使用できる光スタート型温度上昇センサーインジケーターの開発

    制度名:  大阪市イノベーション創出支援補助金 (補助金)  代表者

    研究期間:

    2018年09月
    -
    2019年02月

  • 高輝度蛍光スイッチング固体材料の創製

    制度名:  戦略的研究 STEP-UP研究費 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 光スタート型低温温度上昇センサーの開発

    制度名:  科学技術振興機構 研究成果展開事業マッチングプランナープログラム 「探索試験」 (補助金)  代表者

    研究期間:

    2015年10月
    -
    2016年09月

  • 光照射スタート型低温下での温度上昇センサーの創製

    制度名:  工学研究科萌芽研究費 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2014年03月

  • 光スタート温度管理機能を有する分子センサーの開発

    制度名:  科学技術振興機構 A-STEP (補助金)  代表者

    研究期間:

    2011年08月
    -
    2012年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 分析化学Ⅰ

    (2018年度)大学 専門科目

  • 特別演習

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 卒業研究Ⅱ

    (2018年度)大学 専門科目

  • 卒業研究Ⅰ

    (2018年度)大学 専門科目

  • 化学バイオ工学特論Ⅱ

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 国際化への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    博士課程学生の海外学会活動指導と支援

  • 課外活動

    (2018年度)

     概要を見る

    研究室学生の学会活動指導、リーディングプログラム学生への課外活動支援

  • 学部・研究科横断型教育プログラムへの貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    博士課程教育リーディングプログラムSiMS運営メンバー

  • FD活動への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    工学部FD集会に参加するとともに、意見交換を行った。

  • 学部・研究科横断型教育プログラムへの貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    博士課程教育リーディングプログラムSiMS運営メンバー

全件表示 >>

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2018年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    5名
    卒業論文審査数
    8件
    博士課程学生指導数(前期)
    8名
    博士課程学生指導数(後期)
    2名
    修士論文審査数(主査)
    4件
    修士論文審査数(副査)
    4件
    博士論文審査数(主査)
    1件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2017年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    5名
    卒業論文審査数
    7件
    博士課程学生指導数(前期)
    7名
    博士課程学生指導数(後期)
    2名
    修士論文審査数(主査)
    3件
    修士論文審査数(副査)
    11件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2012年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    5名
    卒業論文審査数
    4件
    博士課程学生指導数(前期)
    8名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    4件
    修士論文審査数(副査)
    9件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    1件
  • 担当年度:2011年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    4名
    卒業論文審査数
    3件
    博士課程学生指導数(前期)
    8名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    3件
    修士論文審査数(副査)
    10件
    博士論文審査数(主査)
    1件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2010年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    4名
    卒業論文審査数
    4件
    博士課程学生指導数(前期)
    5名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    1件
    修士論文審査数(副査)
    3件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 光化学基礎講座20 光化学の基礎概念と実験技術 2018

    (大阪大学豊中キャンパス基礎工学部国際棟(シグマホール))

    役割:講師

     対象:大学生, 大学院生, 研究者, 企業 

    2018年10月
     
     

    主催者・発行元: 光化学協会 

     概要を見る

    講演を行った。

  • 光化学基礎講座19 光化学の基礎概念と実験技術 2017

    (大阪大学豊中キャンパス基礎工学部国際棟(シグマホール))

    役割:講師

     対象:大学生, 大学院生, 研究者, 企業 

    2017年10月
     
     

    主催者・発行元: 光化学協会 

     概要を見る

    講演を行った。

  • 講座名称: 文化交流センター専門家講座[技術]コース コース名: 現代社会に貢献する新しい材料の開発 講義名: 環境に配慮した発光・発色材料の新技術

    (大阪駅前第2ビル6階 文化交流センター)

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2014年02月
     
     
  • 化学に関する模擬授業と研究紹介

    (追手門学院高校)

    役割:講師

     対象:高校生 

    2013年07月