天尾 豊 (アマオ ユタカ)

AMAO Yutaka

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

グリーン・環境化学, 触媒・資源化学プロセス, 生物機能・バイオプロセス

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 1.二酸化炭素の光還元
    光エネルギーと生物工学的手法を用いた二酸化炭素を原料とした水中での低炭素燃料生成プロセスの開発を目的とした研究を進めている.具体的には色素分子と二酸化炭素固定化能を持つ生体触媒とを複合化し,可視光エネルギーにより水中において二酸化炭素を原料としてメタノール,ギ酸等低炭素燃料が合成可能な反応系を構築している.また生体触媒を活性化させる人工補酵素の設計と合成も進めている.
    2. 二酸化炭素を原料とした光有機合成
    二酸化炭素を一酸化炭素,ギ酸,ホルムアルデヒド,メタノールに光還元するものが主流であり、炭素数1の二酸化炭素を還元していくため炭素数1の分子が生成することになる.これに対して天然の光合成では,太陽光エネルギーにより作り出された還元力を使って二酸化炭素を還元,炭素数を拡張し,最終的には炭素数6のグルコースを生成することができる.私たちは、二酸化炭素を原料とし,炭素-炭素結合生成を可能とする色素分子と生体触媒とで構成される新たな人工光合成系の構築に成功している.
    3. 水素エネルギー製造
    酵素によるセルロースなどのバイオマスの分解反応、色素分子と水素発生触媒とを組み合わせることで,可視光エネルギーを利用してバイオマスからの水素生産反応系の構築に成功している.
    4. pH指示薬と発光色素を複合化した光学二酸化炭素センサー
    pH指示薬が二酸化炭素によって変色する性質に着目し,さまざまなpH指示薬を固定化したポリマー膜をベースとした二酸化炭素センサーを開発している。一例としてα-ナフトールフタレインを用いたセンサーが,もっとも二酸化炭素を感度良く検出することを見出している.二酸化炭素のモニター等環境測定への応用が期待されている。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

pH指示薬と発光色素を複合化した光学二酸化炭素センサー, 二酸化炭素の光還元, 二酸化炭素を原料とした光有機合成, 水素製造技術

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 可視光エネルギーを用いた二酸化炭素−有機分子変換に関する研究

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  人工光合成、二酸化炭素固定

  • pH指示薬と発光色素を複合化した光学二酸化炭素センサー

    (個人研究)

  • 水素製造技術に関する研究

    (個人研究)

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 学部教育では生化学1を担当し、生体分子と化学との関連性を理解できるような講義を心がけるとともに卒業研究では二酸化炭素の利用や水素エネルギーの重要性など、科学者として必要な環境・エネルギー問題を幅広く理解できる人材育成につとめている。まだ大学院教育ではさらに研究の立案も含めた自立した研究者育成につとめるとともに、国際的に活躍できる人材育成のため、国際会議での発表や国際誌への執筆への積極的な指導を進めている。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

  • 水素エネルギー協会

  • 石油学会

  • 触媒学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2017年12月
    -
    2019年07月

    WHTC2019アドバイザリー委員

  • 2017年05月
    -
    2020年04月

    触媒学会討論会委員

  • 2017年05月
    -
    2019年04月

    触媒学会国際交流委員

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    日本化学会ATP委員

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    石油学会 産油・産ガス国研究者受入事業海外協力分科会委員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • Fellow of Royal Society of Chemistry

    2018年  

  • 第13回公益信託エスペック地球環境研究・技術基金 エスペック環境研究奨励賞

    2010年  

  • 2009年度先端錯体工学研究会奨励賞受賞

    2009年  

  • 平成19年度触媒学会奨励賞受賞

    2008年  

  • 平成18年度ポルフィリン研究会奨励賞受賞

    2007年  

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   複合先端研究機構   教授  

  • 大阪市立大学   人工光合成研究センター   センター所長  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
     
     

      大阪市立大学   教授

  • 2002年
    -
    2007年

      大分大学工学部応用化学科助教授  

  • 1998年
    -
    2001年

      科学技術庁航空宇宙技術研究所(現宇宙航空研究開発機構JAXA)研究員  

  • 1997年
    -
    1998年

      財団法人神奈川科学技術アカデミー専任研究員  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Chloroplast from Spinach adsorbed nanocrystalline TiO2 electrode for photovoltaic conversion device toward artificial photosynthesis system

    Yutaka Amao, Akemi Tadokoro, Miki Nakamura, Naho Shuto, Ayumi Kuroki

    Research on Chemical Intermediates  2014年04月

  • Formate dehydrogenase-viologen immobilized electrode for CO2 conversion toward the development of artificial photosynthesis system

    Yutaka Amao, Naho Shuto

    Research on Chemical Intermediates  2014年04月

  • Self-Assembly of the Light-Harvesting Complex of Photosystem II (LHCII) on Alkanethiol-Modified Gold Electrodes

    M. Kondo, M. Amano, F. Kaoru, A. Okuda , S. Isigure, T. Dewa, Y. Amao, H. Hashimoto, M. Nango

    Research on Chemical Intermediates  2014年04月

  • Immobilization of Photosystem I or II Complexes on Electrodes for Photoenergy-Conversion Devices

    Masaharu Kondo, Mizuki Amano, Takashi Joke, Shuichi Ishigure, Tomoyasu Noji, Takehisa Dewa, Yutaka Amao and Mamoru Nango

    Research on Chemical Intermediates  2014年

  • The effect of the functional ionic group of the viologen derivative on visible-light driven CO2 reduction to formic acid with the system consisting of water-soluble zinc porphyrin and formate dehydrogenase

    Ikeyama S., Amao Y.

    PHOTOCHEMICAL & PHOTOBIOLOGICAL SCIENCES  17 ( 1 ) 60 - 68 2018年01月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 生体触媒を用いた人工光合成:二酸化炭素の資源化

    天尾豊 (担当: 単著 )

    機能材料   2017年

  • Viologens for Co-enzyme of Biocatalysts with the Function of CO2 Reduction and Utilization (Highlight Review)

    天尾豊 (担当: 単著 )

    Chemistry Letters  2017年

  • 人工光合成系による二酸化炭素の還元・物質生産

    天尾豊 (担当: 単著 )

    表面科学  2017年

  • 人工光合成系によるCO2のギ酸への変換と応用について

    天尾豊 (担当: 単著 )

    CO2削減、省エネに関する新技術、採用事例、規制対応  2017年

  • Photoredox systems for building C–C bonds from carbon dioxide

    天尾豊 (担当: 単著 )

    SPR Photochemistry  2017年

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Selective hydrogen production from formate at room temperature using nanoparticle with homogeneously dispersed platinum nanoparticle

    Yutaka Amao, Atsuro Kai

    European Hydrogen Energy Conference 2018 (EHEC2018)  2018年03月 

  • 二酸化炭素資源化機能を持つリンゴ酸酵素と人工補酵素との相互作用に関する研究

    片桐毅之、池山秀作、天尾豊

    日本化学会 第98春季年会  2018年03月 

  • Visible-light driven building C-C bonds from CO2 as a feedstock with photosensitizer-biocatalyst hybrid system

    Yutaka Amao, Takayuki Katagiri, and Shusaku Ikeyama

    ECO-BIO 2018  2018年03月 

  • Visible-light Driven Carbon Dioxide Utilization with Biocatalyst and Dye Molecule Hybrid System

    Yutaka Amao  [招待有り]

    2017 Global Research Efforts on Energy and Nanomaterials (GREEN 2017)  2017年12月 

  • 二酸化炭素資源化のための光増感分子及び生体触媒を用いた可視光駆動型炭素ー炭素結合生成系

    片桐毅之, 藤田 晃平, 池山 秀作, 天尾 豊

    第47回石油・石油化学討論会  2017年11月 

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • ギ酸分解装置 [特許]

    発明(考案)者名: 天尾豊,森和彦,西河洋一,渡部歩,坂部友祐

  • ギ酸生成デバイス [特許]

    発明(考案)者名: 天尾豊,森和彦,西河洋一,渡部歩,坂部友祐

  • 人工光合成によるエタノールの生産方法 [特許]

    発明(考案)者名: 岩国秀治, 天尾豊

  • 光合成基板、その製造方法、光合成反応法および光合成装置 [特許]

    発明(考案)者名: 関藤武士,岩井覚司,宮本康司,天尾豊,梶野勉,上村恵子

  • 水素供給システム [特許]

    発明(考案)者名: 天尾豊,森和彦,西河洋一,渡部歩,坂部友祐

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 多電子・水素イオン協奏型二酸化炭素-メタノール変換を触媒する革新的人工酵素の創製

    挑戦的萌芽研究 代表者

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2018年03月
     

  • 二酸化炭素還元光触媒能を有する人工光合成システム

    新学術領域研究 分担者・その他

    研究期間:

    2012年06月
    -
    2017年03月
     

  • 二酸化炭素を燃料化する光捕集分子-人工補酵素-ギ酸脱水素酵素複合体の設計と創製

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • バイオマス・二酸化炭素を原料としたソーラー燃料・化成品変換システムの構築に関する研究

    制度名:  環境総合研究推進費補助金 (補助金)  代表者

    研究期間:

    2011年06月
    -
    2014年03月

  • 藻類由来光合成器官の電極デバイス化とバイオ燃料変換系への展開

    制度名:  戦略的創造研究推進事業(個人型) (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2011年03月
    -
    2016年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 機能生物物理化学特論I

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 生化学1

    (2017年度)大学 専門科目

  • 生化学1

    (2016年度)大学 専門科目

  • 大阪学

    (2016年度)大学 共通(教育)科目

  • 機能生物物理化学特論I

    (2015年度)大学院 専門科目

全件表示 >>

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2017年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    1名
    卒業論文審査数
    1件
    博士課程学生指導数(前期)
    0名
    博士課程学生指導数(後期)
    0名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    1件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2016年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    2名
    卒業論文審査数
    2件
    博士課程学生指導数(前期)
    0名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    2件
    博士論文審査数(主査)
    1件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2015年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    1名
    卒業論文審査数
    1件
    博士課程学生指導数(前期)
    0名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    0件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2014年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    0名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    0件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件