VENKATESH RAGHAVAN (ベンカテッシュ ラガワン)

RAGHAVAN Venkatesh

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(理学)

研究分野 【 表示 / 非表示

空間情報科学, リモートセンシング, 情報地質

研究キーワード 【 表示 / 非表示

空間情報学, リモートセンシング

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 空間情報学・情報地質

    (国内共同研究) 研究期間:

    1994年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  空間情報、データベース、インターネット

  • リモートセンシング

    (国内共同研究) 研究期間:

    1990年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  衛星画像解析

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本情報地質学会

  • 日本-ベトナム空間情報学連合

  • 日本GIS学会

  • インド地質学会

  • 国際数理地質学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 1995年
    -
    現在

    日本情報地質学会   評議員

  • 2016年
    -
    2017年

    Open Source Geospatial Foundation (OSGeo)   President

  • 2006年12月
    -
    現在

    OSGeo.JP   理事

  • 2001年
    -
    現在

    日本-ベトナム空間情報学連合   コーディネータ

  • 2005年
    -
    現在

    International Journal of Geoinformatics   共同編集者

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • Sol Katz Award

    2012年   Open Source Geospatial Foundation

  • GIS名誉上級技術者

    2019年   一般社団法人 地理情報システム学会

  • Young Scientist Award

    1995年   一般社団法人 資源・素材学会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年08月
    -
    2019年01月

      インド情報技術大学   客員教授

  • 2018年08月
    -
    2019年01月

      科学技術パーク, プネー大学(インド)   客員研究員

  • 2018年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   工学研究科   教授

  • 2016年
    -
    現在

      ナレースアン大学   客員教授

  • 2015年03月
    -
    現在

      大阪市立大学   都市防災教育研究センター   兼任研究員

全件表示 >>

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年
    -
    1994年

    大阪市立大学  理学研究科  地質学  博士課程

  • 1980年
    -
    1982年

    プ-ナ大学  理学研究科  地質学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1976年
    -
    1980年

    プ-ナ大学  理学部  地質学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of HUMGEOSTAT: A New Geological Tool for Geostatistical Analysis of Mineral Deposit: A Case Study at Sin Quyen Mine (Northern Vietnam)

    Xuan Luan Truong, Xuan Quang Truong, Tuan Anh Nguyen, Raghavan Venkatesh, Chi Cong Nguyen

    JOURNAL OF THE GEOLOGICAL SOCIETY OF INDIA  93 ( 5 ) 574 - 582 2019年05月  [査読有り]

  • Multi-scale object-based fuzzy classification for LULC mapping from optical satellite images

    Do, H.T., Raghavan, V., Truong, L.X., and Yonezawa, G.

    Spatial Information Research  27 ( 2 ) 247 - 257 2019年04月  [査読有り]

  • Development of optimal routing service for emergency scenarios using pgRouting and FOSS4G

    Choosumrong, S., Humhong, C., Raghavan V., and Fenoy, G.

    Spatial Information Research  2019年01月  [査読有り]

  • Enhancing Prediction Performance of Landslide Susceptibility Model Using Hybrid Machine Learning Approach of Bagging Ensemble and Logistic Model Tree

    Truong, X.L., Mitamura, M., Kono, Y., Raghavan, V., Yonezawa, G., Truong, X.Q., Do, T.H., Tien Bui, D., Lee, S.

    Applied Science  8 ( 7 ) 1 - 22 2018年06月  [査読有り]

  • Post Disaster Road Traversability Mapping Based on GPS Track Sharing and Map-Matching

    Yu, W., Song, X., Raghavan, V., Yoshida, D. and Ebara, H.

    International Journal of Geoinformatics  13 ( 4 ) 13 - 24 2017年12月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • FOSS4G Handbook

    RAGHAVAN Venkatesh (担当: 共著 )

    開発社  2011年

  • Joint Proceedings on Area Informatics and Historical GIS

    RAGHAVAN Venkatesh (担当: 単著 )

    Center for Southeast Asian Studies  2006年

  • GIS Technology for Susitainable Management of Natural Resources and Agricultural Products

    RAGHAVAN Venkatesh (担当: 単著 )

    International Cooperation Center for Agricultural Eduation, Nagoya University and JICA-Chubu  2005年

  • Enhancing Participation and Governence in Water Resource Management

    RAGHAVAN Venkatesh (担当: 単著 )

    United Nations University Press  2005年

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Pixel-based and Object-Based Terrace Extraction using Feed-forward Deep Neural Network

    Do, H.T., Raghavan, V., and Yonezawa, G.

    ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences  IV-3   1 - 7 2019年03月

  • Study of Stratigraphic Correlation Support System for 3D Subsurface Geological Modeling Borehole Data Based on Logical Model of Geologic Structure

    Masumto, S., Nemoto, T., Sakurai, K,, Nonogaki, S., and Raghavan, V.

    Proc. Int. Conf. GIS-IDEAS2018  2018年11月

  • Field Data Aggregation and Evaluation using Free and Open Source Geospatial Software

    Raghavan, V. and Bandara, N.

    Proc. Int. Conf. GIS-IDEAS2018    1 - 8 2018年11月

  • Visualization of three-dimensional geologic model using WebGL

    Nemoto, T., Masumoto, S., Nonogaki, S. and Raghavan, V.

    Proc. Int. Conf. GIS-IDEAS2018    331 - 334 2018年11月

  • Study on Stratigraphic Correlation Support System for 3-D Subsurface Geological Modeling using Borehole Data based on Logical Model of Geologic Structure

    Masumoto, S., Nemoto, T.,Sakurai, K., Nonogaki, S. and Raghavan, V.

    Proc. Int. Conf. GIS-IDEAS2018    320 - 325 2018年11月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Leveraging Libre/Free & Open Ecosystem for Spatial Informatics and Analytics

    RAGHAVAN Venkatesh  [招待有り]

    STAR Seminar  2019年02月 

  • Integrated Web and Mobile GIS Service Oriented Platform

    RAGHAVAN Venkatesh  [招待有り]

    OSGeo.TH Workshop  2019年02月 

  • Leveraging the Open Geospatial Ecosystem for Urban Management and Disaster Mitigation

    RAGHAVAN Venkatesh  [招待有り]

    FD Program on Geoinformatics  2019年01月 

  • Leveraging the Open Geospatial Ecosystem for Urban Management and Disaster Mitigation

    RAGHAVAN Venkatesh  [招待有り]

    CEaS Seminar  2019年01月 

  • Open Source Mobile GIS Solutions

    RAGHAVAN Venkatesh  [招待有り]

    16th NNMRS on RS/GIS for Mineral Exploration  2019年01月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • WebGIS3次元地質モデラーを効率的に活 用するための地層対比支援システムの開発

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2016年
    -
    2018年
     

  • 信頼度を含む高分解能地質情報を発信す るためのWebGIS3次元地質モデラーの開発

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2013年
    -
    2015年
     

  • 衛星データと地球地図を用いた環境劣化評価システムの構築

    文部科学省宇宙利用促進調整委託費研究 代表者

    研究期間:

    2013年
    -
    2014年
     

  • 水環境モニタリングからみる紅河流域都市の 変容と持続可能性-ハノイを中心として-

    基盤研究(A) 分担者・その他

    研究期間:

    2012年
    -
    2015年
     

  • オープンスタンダードとクラウド技術を用いた洪水リスク予測のためのWeb-GIS

    特別研究員奨励費 代表者

    研究期間:

    2011年11月
    -
    2013年11月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公立大学防災センター連携によるコミュニティ防災システムの構築

    制度名:  重点研究 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2017年
    -
    2018年

  • 北部ベトナムの都市における人間活動が与える地形環境への影響評価

    制度名:  重点研究 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2016年
    -
    2017年

  • 地理空間 ソフトウェア開発環境を目的としたシステム構築

    制度名:  重点研究 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2015年
    -
    2016年

  • 災害知の社会実装にむけたコミュニティ防災学の構築

    制度名:  重点研究 分担者・その他

    研究期間:

    2014年
    -
    2015年

  • 持続可能な資源管理のための土壌マッピングと土壌ダイナミクスモデリングに関するWeb-GISシステムの開発

    制度名:  京都大学東南アジア研究所共同研究 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2013年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 情報基礎

    (2019年度)大学 共通(教育)科目

  • 空間情報学

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 空間情報学特論

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 知識情報基盤研究特論

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 都市情報環境演習

    (2019年度)大学院 専門科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • データ集約と分析のためのモバイルおよびWeb-GISプラットフォームの構築

    役割:その他

    2017年
    -
    現在

    主催者・発行元: RAPIDE合同会社 

  • 水道サービス災害情報管理デモンストレーションシステムの開発

    役割:その他

    2013年
     
     

    主催者・発行元: (株)大阪水道総合サービス 

  • 農村部におけるモビリティマネジメントシステムのプロトタイプ開発

    役割:その他

    2010年
    -
    2014年

    主催者・発行元: GeoRepublic Co. Ltd.  大阪市立大学インキュベータ 共同研究 

  • フレンドリーなウェブ処理サービス(WPS)フレームワーク開発

    役割:その他

    2010年
     
     

    主催者・発行元: 合同会社GeoLabs SARL 

  • オープンソースGISの研究と採用促進のためのアウトリーチ活動

    役割:その他

    2009年
    -
    2012年

    主催者・発行元: 応用技術株式会社  大阪市立大学インキュベータ 共同研究 

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • GRASS GISを用いた空間情報データベースの開発

    研究テーマ概要:地理情報システム(GRASS)を用いた地図に関連した情報のデータベースの開発

    交流の種別:共同研究

    交流可能な時期・期間:2年間

    キーワード:地理情報システム, 空間データ, デジタル化

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:地図を基本とする空間情報を扱う各種の分野に応用可能

    中核となる知識・技術・情報等:地理情報システム,空間情報のデジタル化

    従来の研究との優位性、特徴:無償のソフトウェアを基本としている

  • Online GISの開発

    研究テーマ概要:地理情報をネットワーク上で利用するためのシステム開発

    交流の種別:共同研究

    交流可能な時期・期間:2年間

    キーワード:Web, 空間情報, パブリックアクセス

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:ネットワークを利用した地理情報の提供を行なう各種の分野に応用可能

    中核となる知識・技術・情報等:Web開発技術,cgiプログラミング,GIS

    従来の研究との優位性、特徴:ネットワークを利用した地図データの収集と共有化

  • Webをベースにしたデータベースの開発

    研究テーマ概要:データベースをWebから利用するためのシステム開発

    交流の種別:共同研究

    交流可能な時期・期間:2年間

    キーワード:SQL, Webインターフェース, リレーショナルデータベース, 全文検索

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:Webを利用したデータベース提供を行なう各種の分野に応用可能

    中核となる知識・技術・情報等:Web開発技術,html,データベース

    従来の研究との優位性、特徴:低コスト,htmlの知識のみで開発可能