瀧澤 重志 (タキザワ アツシ)

TAKIZAWA Atsushi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

計算機システム, 都市計画・建築計画

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 地理情報システム学会

  • 日本建築学会

  • 日本都市計画学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2006年06月
     
     

    学会誌等の編集・審査委員会

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年日本建築学会奨励賞

    2010年  

  • 日本都市計画学会第7回関西支部研究発表会奨励賞

    2009年  

  • 平成13年度IMS成果賞

    2001年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   生活科学研究科   生活科学専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
     
     

      大阪市立大学   准教授

  • 2007年
    -
    2013年

      京都大学/助教  

  • 2003年
    -
    2007年

      京都大学/助手  

  • 1997年
    -
    2003年

      神戸大学/助手  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年

    神戸大学  自然科学研究科  建築学専攻  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    神戸大学  工学部  建築学専攻

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 成約賃料の分散比最大化に基づくオフィスビルのグレード分類手法

    瀧澤 重志, 加藤 直樹

    公益社団法人 日本不動産学会 日本不動産学会誌  31 ( 1 ) 58 - 63 2018年06月  [査読有り]

    DOI CiNii

  • Study Design of VESUTO (R): Efficacy of Tiotropium/Olodaterol on Lung Hyperinflation, Exercise Capacity, and Physical Activity in Japanese Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease

    Ichinose Masakazu, Minakata Yoshiaki, Motegi Takashi, Ueki Jun, Seki Tetsuo, Anzai Tatsuhiko, Takizawa Ayako, Groenke Lars, Hirata Kazuto

    ADVANCES IN THERAPY  34 ( 7 ) 1622 - 1635 2017年07月  [査読有り]

    DOI

  • 大阪環状線各駅の位置を含めた認知度に関する研究

    土井 亜香里, 瀧澤 重志

    公益社団法人 日本都市計画学会 日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集  15 ( 0 ) 93 - 96 2017年  [査読有り]

     概要を見る

    大阪環状線は大阪市営地下鉄御堂筋線に比べ,乗車人員も少なく,人々から親しまれていない懸念がある.本研究では大阪環状線19駅の駅名と位置に関する認知度をアンケート調査から分析し,駅それぞれの特徴と環状線の課題点を考察する.また,各駅の認知度を2重の円の大きさとして可視化する手法も提案する.

    DOI CiNii

  • COMPARISON OF PREFERENCE AND ERRORS OF USING THREE DRY POWDER INHALERS WITH HEALTHY VOLUNTEERS

    Ichinose M., Minakata Y., Motegi T., Ueki J., Seki T., Anzai T., Takizawa A., Groenke L., Hirata K.

    RESPIROLOGY  21   179 - 179 2016年11月  [査読有り]

  • 成約賃料の分散比最大化に基づくオフィスビルのグレード分類手法に関する研究

    瀧澤 重志, 池上 純代, 加藤 直樹

    日本建築学会 日本建築学会計画系論文集  81 ( 728 ) 2259 - 2268 2016年  [査読有り]

     概要を見る

    &nbsp;Since office buildings vary in location, size, facility, rent and so on, it is difficult to illustrate their market with the average of such indices; segmentation according to those building specifications (specs) is needed. As an example of segmentation, some real estate-related companies grade office buildings according to their specs. Although their standards differ from each other, a few companies use the height and age of buildings. Conversely, attributes such as location, gross floor area, base floor area and building age are commonly used even though their values still differ for each company. Moreover, the number of grades differs from company to company, with there being two to four grades. These standards of grades have monotonicity, with wider floor area, newer buildings, etc. being better. In foreign countries, real estate-related companies also grade office buildings and make market reports on the basis of the grade. For example, Building Owners Management Association, which is an organization of office building owners in the United States, sets three grades of buildings, as A, B and C, in descending order and defines the overall characteristics of each grade. This grade differs from that of Japan in that rent is considered to be one of the building specs. Standards of the office building grade evaluation are subjective, sensory, and differ from company to company in that one company might deem a building to be A grade and the other might deem the same building to be B grade.<br>&nbsp;With the above discussion as the backdrop, we propose a quantitative grading method for office buildings. This method optimizes the thresholds of each spec of office buildings so as to maximize the variance ratio of contracted rents of targeted office buildings for each grade. We formulate this problem as parametric mixed integer programming and validate the method with the data of office buildings located in 23 Tokyo wards in 2013 and 2014. In the experiments, we tested 11 combinations of building specs.<br>&nbsp;The results of the experiments support the following conclusions. Compared with the existing typical office building grades published by some companies, the proposed method can grade office buildings that exhibit an increased variance ratio of rent. The best combination of building spaces derived by the proposed method comprises the following specifications: a location that is within the main five wards, building age, total floor area, base floor area and ceiling height. These specs differ slightly from those of the existing standards. The existing standards tend to classify buildings that have rents close to the average of different grades; overlaps of rents between different grades are often seen. Conversely, the proposed method sets the grade to classify buildings that have high rents in different grades.<br>&nbsp;Since the term of the data used for this experiment is only 2 years, we need longer-term data to validate the stability of the derived building specs. In addition, since we limited the combination of attributes to 11 due to the constraint of computational time, we should examine the combination of attributes exhaustively.

    DOI CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 防災・避難計画の数理モデルの高度化と社会実装へ向けて

    瀧澤 重志, 小林 和博, 佐藤 憲一郎, 斎藤 努, 清水 正明, 間瀬 正啓, 藤澤. 克樹, 神山 直之, 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 (担当: 単著 )

    九州大学マス・フォア・インダストリ研究所, 九州大学大学院数理学府  2018年

    CiNii

  • アルゴリズミック・デザイン 建築・都市の新しい設計手法

    瀧澤 重志 (担当: 単著 )

    鹿島出版会  2009年

  • やさしくわかる建築・都市・環境のためのソフトコンピューティング

    瀧澤 重志 (担当: 単著 )

    日本建築学会  2005年

  • 建築最適化への招待

    瀧澤 重志 (担当: 単著 )

    日本建築学会  2005年

  • 複雑系と建築・都市・社会

    瀧澤 重志 (担当: 単著 )

    技報堂出版  2005年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 賃貸用オフィスビルのエントランスホールに対する感性評価のCAEPを用いた分析

    高橋宣行, 瀧澤重志, 加藤直樹, 具源龍

    日本建築学会計画系論文集  74 ( 640 )  2009年06月  [査読有り]

  • Arc-disjoint In-trees in Directed Graphs

    Naoyuki Kamiyama,Naoki Katoh and Atsushi Takizawa

    Combinatorica   29 ( 2 ) 197 - 214 2009年  [査読有り]

     概要を見る

    accepted

    DOI J-GLOBAL

  • 新橋に立地するオフィスビルの感性評価を考慮した賃料分析

    瀧澤重志, 材木敦, 加藤直樹, 具源龍

    日本建築学会計画系論文集  73 ( 627 ) 1053 - 1059 2008年05月  [査読有り]

  • グラフマイニングを用いた室配置を考慮した賃料分析 京都市郊外の3LDKを中心とした賃貸マンションを対象として

    瀧澤重志,吉田一馬,加藤直樹

    日本建築学会環境系論文集  ( 623 ) 139 - 146 2008年01月  [査読有り]

    DOI J-GLOBAL

  • マルチエージェント・シミュレーションに基づく都心部における人口分布の過渡的動態モデルに関する研究,池谷直樹,谷本潤,萩島理,相良博喜(評論)

    奥俊信,瀧澤重志

    日本建築学会技術報告集  13 ( 26 ) 845 - 848 2007年12月  [査読有り]

    DOI CiNii J-GLOBAL

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 国際シンポジウム活動

    2011年11月 

     概要を見る

    ALGODE 2011 Organizing Committee

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 産学官連携活動

    2009年04月
    -
    2010年03月

     概要を見る

    株式会社帝国データバンクとの企業間取引構造の分析

  • 産学官連携活動

    2008年04月
    -
    2009年03月

     概要を見る

    株式会社大和ハウス工業との画像解析による建物防水シートの劣化推定システムの研究開発

  • 産学官連携活動

    2006年04月
    -
    2007年03月

     概要を見る

    株式会社ザイマックスとのオフィスビルのPM業務に関するデータ分析(継続中)

  • 産学官連携活動

    2006年04月
    -
    2007年03月

     概要を見る

    株式会社太陽工業との画像を用いた膜構造材料の残存強度推定モデルに関する研究