西村 伸也 (ニシムラ ノブヤ)

NISHIMURA Nobuya

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(工学)

  • 大阪市立大学 -  工学修士

研究分野 【 表示 / 非表示

冷凍工学, 熱工学, エネルギー学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 地球温暖化ならびに都市温暖化(ヒートアイランド)の抑制・防止の観点から,太陽エネルギーや風力エネルギーなどの再生可能エネルギーを利用した環境共生型エネルギーシステムの開発に取り組んでいる.また,温暖化防止の観点からは,省エネルギーならびに大気への顕熱排熱削減を目的に,低温排熱を利用した,発電・ヒートポンプシステムの開発に取り組んでいる.さらに,これらの統合と都市の温熱環境防止の観点から,GISを用いた都市温熱環境の時空間マップの作成と,空調室外機への水噴霧など,温暖化に関する種々の緩和策にも取り組んでいる.

研究キーワード 【 表示 / 非表示

ヒートアイランド, 冷凍空調, 太陽熱利用, 環境共生型エネルギーシステム

研究歴 【 表示 / 非表示

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討

    (国内共同研究) 研究期間:

    2004年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  ヒートアイランド、空調、人工排熱

  • 吸収式冷凍機の小型・高性能化研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    1991年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  吸収式冷凍機、吸収促進、マランゴニ対流

  • 蒸気圧縮式空冷空調機の実性能測定法の開発

    (個人研究) 研究期間:

    2008年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  マルチセンサーを用いた実性能のその場測定

  • 再生可能エネルギーを利用した環境共生型エネルギーシステムの開発

    (国内共同研究) 研究期間:

    2000年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  再生可能エネルギ、環境共生、太陽エネルギー

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 熱機関や空調機などの設計や動作原理について学ぶために熱力学および伝熱工学の講義を行っている.また,原動機の動力発生機構ならびにそれら機器の性能と環境影響評価を主題に,環境エネルギー工学(学部)ならびに熱力学特論(大学院)の講義を行っている.産業革命以降の近代社会は,化石燃料を燃やし,それより動力を取り出して大規模な生産活動を行うことで発展してきた.21世紀を迎えて,地球温暖化に代表される環境面の制約から,エネルギーシステムの変容が迫られている.そこで大事になるのが,いかにしてエネルギーを有効利用するかという,熱エネルギーに関する技術である.このような技術の基礎として,まず,熱力学の第1法則と第2法則,および各種熱機関のサイクルとその性能予測に関して,熱力学の講義を行っている.また,エネルギーの有効利用を図るための複合システムや,その評価方法について高度な講義を行っている.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本冷凍空調学会

  • 日本機械学会

  • 日本ヒートアイランド学会

  • 日本伝熱学会

  • 日本太陽エネルギー学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    現在

    日本ヒートアイランド学会   会長

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    日本伝熱学会   セミナー委員会委員長

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    日本機械学会   熱工学部門講習委員会委員長

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    日本機械学会   学術誌編集委員会和文論文集副編集長

  • 2012年04月
    -
    現在

    日本冷凍空調学会   近畿地区事業推進委員会委員長

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本冷凍空調学会賞学術賞

    2014年  

  • 日本ヒートアイランド学会論文賞

    2014年  

  • 日本機械学会環境工学部門研究業績賞

    2003年  

  • 高圧ガス保安協会会長表彰(保安功績者)

    2016年  

  • 日本冷凍空調学会賞学術賞

    2003年  

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   機械物理系専攻   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年

    大阪市立大学  工学研究科  機械工学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    早稲田大学  理工学部  機械工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • IMPROVEMENT OF THERMAL PERFORMANCE OF A COUPLING HOT WATER- DRIVEN AND GAS FIRED-DRIVEN ABSORPTION AIR CONDITIONING SYSTEM BY BOTH USING SOLAR ENERGY AND GAS ENGINE COOLING WATER

    Nobuya Nishimura, Ryusuke MATSUDA, Norio UEDONO, Toru SHIBA and Tomohisa MEKATA

    GRAND RENEWABLE ENERGY 2018 Proceedings  P-st-8   1 - 4 2018年06月  [査読有り]

  • 一重/二重効用吸収式冷凍機を併用したソーラークーリングシステムの静特性解析

    佐藤 涼太,中川 博之,西村 伸也,寺尾 一孝

    国際吸収・吸着ヒートポンプ2017予稿集  2017年08月  [査読有り]

  • 太陽熱を利用した一重/二重併用吸収式冷暖房システムの開発

    Tametoshi MATSUBARA, Hiroyuki NAKAGAWA,Yuma YAMAGA

    Proceedings of the 23rd International Congress of Refrigeration  2015年08月

  • 吸収式冷房システムへの太陽熱の導入効果 -植物工場への適用可能性の検討-

    松原為敏,伊與田浩志,白柳洋祐,山賀勇真

    日本冷凍空調学会・論文集  31 ( 3 ) 317 - 329 2014年09月

  • 構成要素の高性能化が蒸気圧縮式空調機の運転特性に及ぼす影響の総合的評価,-ら旋溝付管が性能に及ぼす影響-

    四宮徳章,西村伸也,伊與田浩志

    日本冷凍空調学会論文集  27 ( 1 ) 11 - 20 2010年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ヒートアイランドの事典

    西村伸也,梅干野晃,中大窪千晶,平野聡,藤田茂,桝元慶子,與語基宏 (担当: 共著 )

    朝倉書店  2015年06月

  • 高効率冷凍・空調・給湯機器の最新技術

    鹿園直毅,西村伸也,小倉裕直 他 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2011年11月

  • ヒートアイランド対策 -都市平熱化計画の考え方・進め方-

    水野稔,鳴海大典,下田吉之,白木一成,竹林英樹,近本智行,中尾正喜,西岡真稔,西田康隆,西村伸也,野邑奉弘,濱根潤也,森山正和,吉田篤正,吉田治典ほか (担当: 単著 )

    オーム社  2009年

  • 海と陸との環境共生学

    野邑奉弘,西村伸也,上嶋英機,村田武一郎,山口克人他 (担当: 共著 )

    大阪大学出版会  2004年

  • 自然エネルギー活用型まちづくり計画指針 -環境共生都市をめざして-

    野邑奉弘,山口克人,村田武一郎、西村伸也,惣田訓,他 (担当: 共著 )

    NPO大阪湾研究センター  2003年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 関西のエネルギー事情

    日本伝熱学会・伝熱  52 ( 219 ) 36 - 43 2013年04月

  • 関西のエネルギー事情

    西村 伸也

    日本伝熱学会・伝熱  52 ( 219 ) 36 - 43 2013年04月  [査読有り]

  • 関西のエネルギー事情

    西村 伸也

    日本伝熱学会・伝熱  52 ( 219 ) 36 - 43 2013年04月  [査読有り]

  • 太陽エネルギー利用の実践と課題

    混相流  Vol.25 ( No.3 ) 221 - 228 2011年09月

  • 太陽エネルギー利用の実践と課題

    西村 伸也

    混相流  Vol.25 ( No.3 ) 221 - 228 2011年09月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 冷凍空調分野におけるZEB&ZEHへの取組

    西村 伸也  [招待有り]

    太陽エネルギー学会関西支部2018年度シンポジウム  2018年12月 

  • 冷凍空調分野におけるZEB&ZEHへの取組

    西村 伸也

    太陽エネルギー学会関西支部2018年度シンポジウム  2018年12月 

  • 気候変動と冷凍空調システム

    西村 伸也  [招待有り]

    日本冷凍空調学会 環境変化に対応するための先進熱交換技術に関する調査研究プロジェクト  2018年12月 

  • 気候変動と冷凍空調システム

    西村 伸也

    日本冷凍空調学会 環境変化に対応するための先進熱交換技術に関する調査研究プロジェクト  2018年12月 

  • The role of refrigeration and air conditioning systems in the era of global warming and urban warming and its international development

    Nobuya NISHIMURA  [招待有り]

    The 2nd Joint Symposium on Advanced Mechanical Science & Technology,Osaka Prefecture University  2018年11月 

全件表示 >>

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 温暖化・節電時代に適合した蒸気圧縮式空冷空調機の実性能簡易評価法の開発(科研,基盤研究C)

    その他 

    2013年04月
     
     
  • ヒートアイランド対策のためのPDCAデュアルサイクル支援システムの研究(科研,基盤(B)分担)

    2008年04月
    -
    2011年03月
  • 固体高分子型燃料電池の少量低温排熱で運転可能な家庭用小型吸収式冷凍機の開発(科研,基盤研究(C))

    その他 

    2006年
     
     
  • 臭化リチウム水溶液中でのマランゴニ対流発生のモデル化と吸収器高性能化への適用(科研,基盤研究C)

    その他 

    2001年
    -
    2002年

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 温暖化・節電時代に適合した蒸気圧縮式空冷空調機の実性能簡易評価法の開発

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 熱力学特論

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 前期特別演習

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 熱力学Ⅰ

    (2018年度)大学 専門科目

  • 熱システム設計論

    (2018年度)大学 専門科目

  • 環境エネルギー工学(分担)

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 国際化への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    国連アカデミックインパクトに関する公開講座を企画した

  • 課外活動

    (2018年度)

     概要を見る

    日本冷凍空調学会の近畿地区事業推進委員会のシンポジウムや最新技術セミナーに研究室の4回生・修士学生を参加させ,専門知識・先端技術の習得と,企業人との交流を実践した.

  • 課外活動

    (2018年度)

     概要を見る

    日本ヒートアイランド学会の見学会,プライムセミナーに修士学生を参加させた.

  • 教育方法の改善

    (2018年度)

     概要を見る

    修士1回生の学生を対象に,講義の一環として,関西電力の中央給電指令所(非公開)と中之島地区の地域熱供給システム(フェスティバルタワーウェスト)の見学会を実施した.

  • 国際化への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    ポーランド AGH University of Science and Technology のMarcin Zakrewski氏が芝浦工業大学に提出した博士論文の学外副査を務めた.過熱水蒸気の伝熱に関して助言を行った.

全件表示 >>

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2018年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    3名
    卒業論文審査数
    3件
    博士課程学生指導数(前期)
    4名
    博士課程学生指導数(後期)
    0名
    修士論文審査数(主査)
    2件
    修士論文審査数(副査)
    6件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    1件
  • 担当年度:2011年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    3名
    卒業論文審査数
    3件
    博士課程学生指導数(前期)
    6名
    博士課程学生指導数(後期)
    2名
    修士論文審査数(主査)
    3件
    修士論文審査数(副査)
    5件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    2件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人地球環境センター理事 

    役割:運営参加・支援

     対象:その他 

    2018年06月
    -
    2020年06月
  • 東大阪市都市清掃組合「環境にやさしいごみ処理施設を考える委員会」委員

    (東大阪都市清掃組合)

    役割:その他

     対象:行政機関 

    2018年04月
    -
    2019年03月

     概要を見る

    環境にやさしいごみ処理施設を考える委員会委員として4回の会議に参加した.また処理方式検討委員会の委員長として3回の委員会を主催した.

  • 大阪ヒートアイランド対策技術コンソーシアム理事

    役割:運営参加・支援

    2016年06月
    -
    現在
  • 香芝・王子環境施設組合 一般廃棄物処理施設整備・運営事業者審査委員会委員

    役割:運営参加・支援

    2018年04月
    -
    2018年08月
  • マスメディア活動

    2012年04月
    -
    2013年03月

     概要を見る

    環境専門誌「環境施設」第127号で,巻頭インタビュー「エネルギーセンターとしてのゴミ焼却施設」を受けて,大阪市のゴミ処理の現状と,清掃工場建て替えにおける基本コンセプト,熱利用計画などを説明した.

全件表示 >>

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 温暖化に配慮した空調システムの開発

    研究テーマ概要:地球温暖化ならびに都市温暖化(ヒートアイランド)による気温上上昇を考慮した,空調機性能の改善ならびに空調排熱の提言についての研究開発・技術指導を行う

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演, 共同研究, 受託研究, 技術相談, 講演

    交流可能な時期・期間:2016年4月から

    キーワード:実性能測定, 冷媒温度測定, 成績係数(COP), 期間性能, シミュレーション

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:空調機開発,都市内の業務ビル・工場における空調機の選定や環境影響評価,エネルギー事業者・行政に対するコンサルティング種機械工業分野,生体医療分野,スポーツ工学などにも適用可能.

    中核となる知識・技術・情報等:空調機の実性能評価装置(自己開発)

    予測される波及効果:空調機の省エネルギー,空調機の環境負荷低減,街区レベルでの温熱環境の改善

    従来の研究との優位性、特徴:科学研究費補助金により,空調機の実稼働現場における性能を簡便かつ精度よく測定・評価する手法を開発

  • 高効率吸収式冷凍機の開発

    研究テーマ概要:吸収冷凍機の心臓部とも言える吸収器の小型・高性能化について長年研究を行ってきた.サイクル,ハードウェアの改良,界面活性剤による吸収促進技術などについて,実験と理論の両面より研究を進めている.

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演, 共同研究, 受託研究, 講演

    交流可能な時期・期間:2002年4月から可能

    キーワード:吸収式冷凍機, 吸収, 冷凍, 吸収器, 伝熱

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:冷凍空調分野,その他冷凍機を利用する,食品製造・販売,化学工業,建築設備などの分野

    中核となる知識・技術・情報等:冷凍,吸収,吸収冷凍サイクル,熱交換器,伝熱促進技術

    従来の研究との優位性、特徴:真空容器内の溶液の流動状態が可視化観察可能な実機吸収器を模擬した性能試験装置を有している.また,界面活性剤による吸収促進技術についても,総合的に検討可能な各種分析装置を製作・保有している.

  • 低温未利用エネルギーの活用技術

    研究テーマ概要:各種の工場や廃棄物処理施設で利用されていない80℃未満の低温排熱を回収し,発電・冷熱製造を可能とする熱システムの実用化を図る.

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 共同研究, 講演

    交流可能な時期・期間:2017年から

    キーワード:低温未利用排熱, バイナリ―サイクル, 冷熱製造

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:加熱・焼却プロセスを有する工場への適用

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2012年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    4名

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2005年04月
     
     

    活動内容:JICA太陽光発電研修プログラムの講師を務めている