KOHNO Ayumi

写真a

Search Institutional Repository


Title

Associate Professor

Laboratory location

Abeno Campus

Degree 【 display / non-display

  • Osaka Prefecture University -  Doctor of Nursing Science

Research Areas 【 display / non-display

Psychiatric and Mental Health Nursing

Association Memberships 【 display / non-display

  • International Society of Psychiatric-Mental Health Nurses

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Nursing   Nursing Course   Associate Professor  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    2014

    Osaka Prefecture University  Graduate School, Division of Nursing 

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Development of a blended learning system for nurses to learn the basics of psychoeducation for patients with mental disorders

    Matsuda Mitsunobu, Kohno Ayumi

    BMC NURSING  20 ( 1 ) 164 2021.09  [Refereed]

    DOI PubMed

  • 地域で暮らす精神障害者が訪問看護に期待する支援

    松田 光信, 河野 あゆみ

    日本病院・地域精神医学会 病院・地域精神医学  63 ( 3 ) 241 - 246 2021.08  [Refereed]

  • Effect of Multimorbidity on Fragility Fractures in Community-Dwelling Older Adults: Shimane CoHRE Study.

    A G, Yano S, Sheik AM, Yu A, Okuyama K, Takeda M, Kohno K, Yamasaki M, Isomura M, Nabika T, Nagai A

    Journal of clinical medicine  10 ( 15 )  2021.07  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Development Process of an e-Learning System for Nurses to Obtain Knowledge related to Psychoeducation for Patients with Schizophrenia

    Ayumi Kohno, Mitsunobu Matsuda

    Osaka City University Journal of Nursing  16   27 - 32 2020.03  [Refereed]

  • 精神障害者のレジリエンスの概念分析

    大平 幸子, 松田 光信, 河野 あゆみ

    公益社団法人 日本看護科学学会 日本看護科学会誌  40 ( 0 ) 100 - 105 2020  [Refereed]

     View Summary

    <p><b>目的:</b>精神障害者のレジリエンスの概念を分析し,その構造を明らかにすることにより,看護実践や研究における有用性を検討することである.</p><p><b>方法:</b>43文献を対象として,Rodgersの概念分析アプローチを用いて分析した.</p><p><b>結果:</b>属性には3カテゴリー【回復を支える個人的要素】【多側面からのエンパワー】【個人に内在する力の発動】を抽出した.先行要件には2カテゴリー,帰結には3カテゴリーを抽出した.</p><p><b>結論:</b>レジリエンスの概念は,回復力を重視することによって精神障害者がその人らしく生きること,そして【人間的な成長】を実現する過程を表す概念である.結果より【回復を支える個人的要素】と【多側面からのエンパワー】の要素が,精神障害者の【個人の内在する力の発動】を可能にすることが明らかとなった.これらの要素の強化により,精神障害者のレジリエンスを高めることができ,精神障害者への支援を検討するうえで有用である.</p>

    DOI CiNii

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 実践能力を磨く看護研究 : 精神看護学対応

    松田 光信, 當目 雅代, 杉本 吉恵, 河野 あゆみ(看護学) (Part: Single Work )

    金芳堂  2009

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>

 

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Contribution to FD activities

    (2019)

  • Contribution to FD activities

    (2018)

  • Contribution to FD activities

    (2017)

  • Contribution to FD activities

    (2016)