安房田 智司 (アワタ サトシ)

AWATA Satoshi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(理学)

研究分野 【 表示 / 非表示

生態・環境

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会

  • 日本動物行動学会

  • 日本水産増殖学会

  • 日本水産学会

  • 日本生態学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    現在

    日本魚類学会   学会賞選考委員

  • 2017年09月
    -
    現在

    日本魚類学会   代議員

  • 2017年01月
    -
    現在

    日本生態学会   生態学会誌編集幹事

  • 2017年01月
    -
    現在

    日本動物行動学会   運営委員

  • 2015年01月
    -
    2017年09月

    日本魚類学会   庶務幹事

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度日本水産学会北海道支部大会 最優秀講演賞

    2015年12月  

  • Zoological Science Award 2013(論文賞)

    2013年10月  

  • 日本魚類学会奨励賞

    2012年09月  

  • 財団法人河川環境管理財団 河川整備基金 平成23年度優秀成果

    2011年10月  

  • 第51回日本生態学会優秀ポスター賞

    2004年08月  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年01月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院理学研究科   准教授

  • 2011年04月
    -
    2016年12月

      新潟大学   理学部附属臨海実験所   助教

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

      水産総合研究センター中央水産研究所   内水面研究部   研究等支援職員

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

      北海道大学   北方生物圏フィールド科学センター臼尻水産実験所   日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

      琉球大学   理工学研究科   21世紀COE研究員

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2005年03月

    大阪市立大学  理学研究科  生物地球系専攻  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    大阪大学  理学部  生物学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • If a fish can pass the mark test, what are the implications for consciousness and self-awareness testing in animals?

    Kohda M, Hotta T, Takeyama T, Awata S, Tanaka H, Asai JY, Jordan AL

    PLoS biology  17 ( 2 ) e3000021 2019年02月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Evolutionary transitions to cooperative societies in fishes revisited

    Tanaka Hirokazu, Frommen Joachim G., Koblmueller Stephan, Sefc Kristina M., McGee Matthew, Kohda Masanori, Awata Satoshi, Hori Michio, Taborsky Michael

    ETHOLOGY  124 ( 11 ) 777 - 789 2018年11月  [査読有り]

    DOI

  • 新潟県初記録のササキクモヒトデ(棘皮動物門,クモヒトデ綱)

    幸塚久典, 安房田智司

    ホシザキグリーン財団研究報告  ( 21 ) 269‐272 2018年03月

    J-GLOBAL

  • Dynamics of sibling aggression of a cichlid fish in Lake Tanganyika

    Shun Satoh, Kazutaka Ota, Satoshi Awata, Masanori Kohda

    Hydrobiologia  2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018, Springer Nature Switzerland AG. Siblings often compete for limited resources, particularly food provided by their parents. Such competition is usually nonviolent, but direct aggression has evolved in some species. However, there is little knowledge about sibling aggression in species without parental provisioning. Here, we investigated sibling aggression in the cichlid Neolamprologus furcifer in Lake Tanganyika, Zambia. In this species, females guard their broods in the nest but do not provide any food. Early-stage fry did not show any sibling aggression while foraging on plankton, but began to show nonlethal aggression once they started to forage on small benthic shrimp at 2 weeks of age. The frequency of sibling aggression decreased at week 7, when the density of fry decreased remarkably. Sibling aggression also decreased following a short-term increase in food through supplemental feeding. The aggression was higher in the morning than in the afternoon despite higher abundance of shrimp at that time, and decreased when the number of shrimp in the nest was experimentally reduced. These results indicate that food availability affects sibling aggression of animals that do not exhibit parental provisioning.

    DOI

  • Optimal methods to fix fish sperm for optical microscopic observation: comparisons among different fixative solutions using sperms of copulatory and non-copulatory marine fishes

    Takeshi Ito, Takeshi Ito, Takeshi Ito, Satoshi Awata, Satoshi Awata

    Ichthyological Research  2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018, The Ichthyological Society of Japan. Sperm fixation in better conditions is a requisite for the examination of sperm morphology using optical microscopes. Here, we investigated the effects of different fixatives on sperm morphological characteristics in four marine fishes: copulatory sculpins Pseudoblennius marmoratus and Radulinopsis taranetzi, and non-copulatory sculpin Icelus mororanis and dragonet Repomucenus beniteguri. We found that a 2.5% glutaraldehyde solution is optimal for observing sperm morphology in these fishes. Furthermore, the low concentrations (2.5%) of formalin could be useful, but the solvent for diluting formalin should be changed depending on the species: seawater in copulatory and non-copulatory sculpins and isotonic solution in the non-copulatory dragonet.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ホルモンから見た生命現象と進化 第IV巻 回遊・渡り-巡-

    矢田 崇,安房田 智司,井口 恵一朗 (担当: 分担執筆 )

    裳華房  2016年

  • 魚類行動生態学入門

    桑村 哲生, 安房田 智司 (担当: 共編者 )

    東海大学出版会  2013年

    CiNii

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 体外受精から体内受精へ:バイカルカジカ類における精子の進化

    伊藤岳, 木下泉, 東島昌太郎, 田原大輔, 後藤晃, SIDELEVA Valentina, 安房田智司

    日本魚類学会年会講演要旨  2018年10月 

  • 魚類行動生態学,そのおもしろさと次世代研究

    安房田智司

    日本魚類学会年会講演要旨  2018年10月 

  • 初めて明らかとなった奄美大島産リュウキュウアユのメタ個体群構造

    武島弘彦, 小黒環, 佐久間啓, 久米元, 米沢俊彦, 西田睦, 井口恵一朗, 安房田智司

    日本魚類学会年会講演要旨  2018年10月 

  • 佐渡島の河川で採集された魚類の回遊パタン

    飯田碧, 安房田智司, 小黒環, 木戸杏香, 白井厚太朗, 満尾世志人

    日本生態学会大会講演要旨(Web)  2018年 

  • エビ‐ハゼ共生関係での新知見:お互いに給餌し合う関係だった

    安房田智司, 山内宏子, 佐伯泰河, 佐藤駿, 十川俊平, 幸田正典

    日本動物行動学会大会発表要旨集  2018年 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生物学概論A

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 専門生物学実験B

    (2018年度)大学 専門科目

  • 社会生態学特論II

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 特別研究(生物)

    (2018年度)大学 専門科目

  • 海外特別研究(生物)

    (2018年度)大学院 専門科目

全件表示 >>