勝田 卓也 (カツタ タクヤ)

KATSUTA Takuya

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

研究分野 【 表示 / 非表示

英米法

研究概要 【 表示 / 非表示

  • アメリカ法の様々な問題を分析する。アメリカでは法が大きな役割を果たしているといわれるが、アメリカ独自の歴史、文化、諸制度の中で、このことを多面的に検討する。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

アメリカ憲法, 陪審制度

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 陪審裁判

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  司法、市民参加

  • アメリカにおける公民権の展開

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  公民権、市民的権利、アメリカ法の歴史

  • アメリカ連邦最高裁の役割

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  最高裁判所、法と政治

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 日本法と基本的に性質の異なる英米法の講義を担当する。特に、訴訟社会と呼ばれるアメリカにおいて、裁判所が具体的にどのような役割を果たしているのかを考える。日本とアメリカで司法が果たす役割の比較を行う。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日米法学会

  • 比較法学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
    2016年

    日米法学会   編集幹事

  • 2010年
    -
    現在

    日米法学会   評議員

  • 2009年
    -
    2013年

    日米法学会   編集副幹事

  • 2007年
    -
    現在

    日米法学会   編集委員

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   教授  

  • 大阪市立大学   法学研究科   研究科長  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院法学研究科   研究科長

  • 2012年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   教授

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

      大阪市立大学   准教授

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

      大阪市立大学   助教授

  • 1997年
    -
    2000年

      早稲田大学法学部助手  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学  法学研究科  基礎法学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学  法学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Brown and Roper: The American South and the Supreme Court

    Takuya Katsuta

    Connecticut Journal of International Law  27 ( 1 ) 119 - 164 2011年  [査読有り]

  • Japan's Rejection of the American Criminal Jury

    Takuya Katsuta

    American Journal of Comparative Law  58 ( 3 ) 497 - 524 2010年  [査読有り]

  • 最高裁は創造説を排除できるのか?

    勝田 卓也

    大沢秀介・大林啓吾(編)『アメリカ憲法と公教育』    3 - 39 2017年03月  [招待有り]

  • 起訴されない警官:大陪審への関心

    勝田 卓也

    アメリカ法  2015 ( 2 ) 304 - 314 2016年04月  [招待有り]

  • 少年の死刑と国際基準 大沢秀介・大林啓吾(編)『アメリカ憲法判例の物語』

    勝田 卓也

    成文堂    315 - 349 2014年  [招待有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • アメリカ南部の法と連邦最高裁

    勝田 卓也 (担当: 単著 )

    有斐閣  2011年11月

  • 世界の先住民環境問題事典(共訳)

    平松 紘(監訳) (担当: 共訳 )

    明石書店  2010年

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • オバマ大統領による刑事司法改革―Barack Obama, Commentary, The President’s Role in Advancing Criminal Justice Reform, 130 Harvard Law Review 811-866 (2017)

    勝田 卓也

    アメリカ法  2017 ( 2 ) 286 - 296 2018年07月  [依頼有り]

  • Pena-Rodriguez v. Colorado, 137 S. Ct. 855 (2017)――評議における陪審員の言動についての証言を禁止する原則は、人種偏見の場合には第6修正の陪審審理を受ける権利によって例外的な扱いが要請される

    勝田 卓也

    アメリカ法  2017 ( 2 ) 333 - 342 2018年07月  [依頼有り]

  • Warger v. Shauers, 135 S. Ct. 521 (2014)―評議における陪審員の言動についての証言は、連邦証拠規則606(b)により排除される

    アメリカ法  2015 ( 2 ) 258 - 292 2016年04月  [依頼有り]

  • リチャード・J・ラザルス「今日のアメリカ合衆国における環境法」

    勝田 卓也

    アメリカ法  2015 ( 2 ) 207 - 223 2016年01月  [依頼有り]

  • アメリカ刑事司法制度擁護論―J. Harvie Wilkinson III, In Defense of American Criminal Justice, 67 Vanderbilt Law Review 1099-1172 (2014)

    アメリカ法  2015 ( 1 ) 89 - 96 2015年11月  [依頼有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 法多元主義と近代アメリカ法:コメント

    戒能通弘、大久保雄也、清水潤、椎名智彦、勝田卓也

    日本法哲学会  2018年11月 

  • Takuya Katsuta, Death Sentencing Comparing with Saiban-in and American Jury, June 6, 2016, Law and Society Association Annual Meeting

    Takuya Katsuta

    Law and Society Association  2016年06月 

  • Alleyne v. United States, 133 S.Ct 2151 (2013):陪審審理を受ける権利は,刑の下限を引き上げる事実認定にも及ぶ。

    勝田 卓也

    日米法学会  2014年09月 

  • 死刑をめぐる憲法判断における外国法参照の意義:Roper v. Simmons事件判決(2005)を手掛かりとして

    勝田 卓也

    比較法学会  2009年06月 

  • Takuya Katsuta, Racial Composition of the Jury: The Multi-Racial Jury and the Peremptory Challenge, August 3, 1995, Research Committee on Sociology of Law International Association Annual Meeting

    Takuya Katsuta

    Research Committee on Sociology of Law International Association  1995年08月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 英米法演習

    (2018年度)大学 専門科目

  • 英米法

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 法政2年次演習

    (2018年度)大学 専門科目

  • 英米法

    (2018年度)大学 専門科目

  • 英米法

    (2017年度)大学院 専門科目

全件表示 >>

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 陪審裁判に関する研究

    研究テーマ概要:アメリカにおける陪審裁判の基本的な制度、歴史的背景、専門家である裁判官と比較した場合の特殊性などについて、基礎的な立場から研究する。

    共同研究の希望:大学等研究機関

    交流の種別:共同研究, 共同研究

    交流可能な時期・期間:随時

    キーワード:陪審, 市民参加, 司法

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:アメリカの陪審裁判についての基礎的な知識は、日米間の法的紛争が現実的な今日、欠くことができない。また、日本における裁判への市民参加を考える際にも参考となる。