KOBAYASHI Naoki

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Degree 【 display / non-display

  • Osaka City University -  D.Lit.

Research Areas 【 display / non-display

Japanese Literature

Research Career 【 display / non-display

  • Study of legend on Kamakura Bakufu

    (Individual) Project Year :

    2008.04
    -
    2011.03

Association Memberships 【 display / non-display

  • The Narrative Literary Society

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Literature and Human Sciences   Language and Culture Course   Professor  

  • Osaka City University   Graduate School of Literature and Human Sciences   Dean  

Career 【 display / non-display

  • 2007
     
     

    Osaka City University  

  • 1996
     
     

    Osaka City University  

  • 1993
     
     

    Osaka City University  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1991

    Kyoto University  Graduate School, Division of Letters 

  •  
    -
    1988

    Kobe University  Graduate School, Division of Letters 

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1984

    Kyoto University   Faculty of Literature  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • 無住と持経者伝 ─ 『法華経顕応録』享受・補遺─

    小林 直樹

    大阪市立大学国語国文学研究室・文学史研究  ( 55 ) 53 - 62 2015.03  [Refereed]

     View Summary

    無住の著作『雑談集』への南宋の宗暁撰『法華経顕応録』の投影を探った論。無住にとって南宋の新来の持経者伝が入手できたという喜びと、本書の説話が伝える禅律的雰囲気が何ものにも代えがたい大きな魅力となって、本書重用を結果することになったのではないかと推測している。

    CiNii

  • 無住の経文解釈と説話

    小林 直樹

    説話文学会・説話文学研究  ( 48 ) 24 - 32 2013.07  [Refereed]

     View Summary

    無住の著作の中でも、彼の経文への姿勢がもっとも顕著にうかがえる『雑談集』を素材に、無住の経文解釈、とりわけ法華経をめぐる解釈活動について、東福寺における修学との関わりを中心に論じたもの。

    CiNii

  • 無住と南宋代成立典籍

    小林 直樹

    大阪市立大学国語国文学研究室・文学史研究  ( 53 ) 41 - 63 2013.03  [Refereed]

     View Summary

    無住の著作において従来出典が明らかにされていない説話について、『禅林宝訓』、『楽邦文類』、『法華経顕応録』、『大蔵一覧集』などの南宋代に成立した典籍との出典関係を考証することで、無住の著作が当時の最新の情報知識により花開いた側面が大きいことを明らかにしようとした論。

    CiNii

  • 無住と金剛王院僧正実賢の法脈

    小林 直樹

    説話文学会・説話文学研究  ( 44 ) 93 - 103 2009.07  [Refereed]

     View Summary

    本稿では無住の関心が金剛王院僧正実賢のみならず、実賢の法脈にまで及んでいることを明らかにする。無住は実賢の法脈と確実に接点をもっており、その著作に収められる実賢とその法脈に連なる僧たちの説話は、無住と実賢流の深い交流の中から掬い上げられたものである可能性が高いことを推定した。

    CiNii

  • 無住と金剛王院僧正実賢

    小林 直樹

    大阪市立大学国語国文学研究室・文学史研究  ( 49 ) 55 - 64 2009.03  [Refereed]

     View Summary

    無住の著作に複数の説話が収められる金剛王院僧正実賢は、東寺長者、醍醐寺座主という仏教界の頂点を極めた僧であり、一見すると遁世僧の無住とはかけ離れた存在のように見えるが、本稿は実賢説話の詳細な分析を通して無住と実賢をつなぐ心理的紐帯を浮かび上がらせた論。

    CiNii

display all >>

 

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Contribution to FD activities

    (2010)

Educational activity record 【 display / non-display

  • Academic year : 2010

     View Details

    Number of instructed the graduation thesis
    5
    Number of graduation thesis reviews
    18
    Number of instructed the Master course
    4
    Number of instructed the Doctoral course
    2
    Number of master's thesis reviews (chief)
    3
    Number of master's thesis reviews (vice-chief)
    6
    Number of doctoral thesis reviews (chief)
    0
    Number of doctoral thesis reviews (vice-chief)
    1