岡成 玄太 (オカナリ ゲンタ)

OKANARI Genta

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  法務博士(専門職)

研究分野 【 表示 / 非表示

民事手続法学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 民事訴訟の判決手続、とりわけ当事者を巡る諸問題についての研究。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

民事手続

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 固有必要的共同訴訟

    (個人研究) 研究期間:

    2014年04月
    -
    現在

  • 財産管理人の訴訟上の地位

    (個人研究) 研究期間:

    2014年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  訴訟担当、代理、民訴法29条、財産管理

  • 遺言執行者の当事者適格

    (個人研究) 研究期間:

    2012年04月
    -
    2013年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 民事訴訟法学会

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 商事法務研究会賞

    2020年12月09日  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

      東京大学法学政治学研究科   特任講師

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

      東京大学法学政治学研究科   助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    東京大学  法学政治学研究科  法曹養成専攻 

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    東京大学  法学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 遺言執行者の訴訟上の地位・権限

    岡成 玄太

    法律時報  93 ( 11 ) 34 - 41 2021年09月  [招待有り]

  • 裁判官の私知利用の禁止―経験則・公知の事実・立法事実の基礎理論―

    岡成 玄太

    法学雑誌  2021年08月

  • 免責の効力を受ける債権と消滅時効

    岡成玄太

    倒産判例百選[第6版]  2021年01月  [招待有り]

  • 固有必要的共同訴訟の成立範囲について(2)

    岡成 玄太

    法学雑誌  66 ( 1・2 ) 535 - 494 2020年03月

  • 取立訴訟(1)――代位訴訟との競合(最三小判昭和45・6・2)

    岡成 玄太

    民事執行・保全判例百選(有斐閣)  2020年01月  [招待有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 裁判官による常識・専門知・科学の調査と利用 ――経験則・公知の事実・立法事実――

    岡成 玄太

    民事訴訟法研究会(東京大学)  2019年09月 

  • 無償行為否認の対象行為時における債務超過の要否

    岡成玄太

    東京大学民事法判例研究会  2019年02月 

  • いわゆる財産管理人の訴訟上の地位

    岡成玄太

    関西民事訴訟法研究会  2018年12月 

  • 固有必要的共同訴訟について

    岡成玄太

    民事訴訟法研究会(東京大学)  2018年10月 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 財産管理制度と民事訴訟理論

    研究課題/領域番号:18K12686  若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 民事訴訟法第1

    (2020年度)大学院 共通(教育)科目

  • 専門演習(民事訴訟法)

    (2020年度)大学 共通(教育)科目

  • 民事訴訟法

    (2020年度)大学 専門科目

  • 民事訴訟法第1

    (2019年度)大学院 共通(教育)科目

  • 専門演習(民事訴訟法)

    (2019年度)大学 共通(教育)科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • FD活動への貢献

    (2020年度)

  • FD活動への貢献

    (2019年度)

     概要を見る

    学部FD集会に参加した。

  • FD活動への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    学部FD集会に参加。