長谷川 健一 (ハセガワ ケンイチ)

HASEGAWA Kenichi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(文学)

研究分野 【 表示 / 非表示

ヨーロッパ文学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • ドイツ語圏における文化・文学を、その歴史的・社会的背景も含め総合的に研究している。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

18世紀ドイツ文学, ユング=シュティリング, 敬虔主義(ピエティスムス)

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 近代ドイツ文学と敬虔主義

    (個人研究) 研究期間:

    2002年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  敬虔主義

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学ドイツ文学会

  • 日本独文学会

  • 阪神ドイツ文学会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   文学研究科   言語文化学専攻   准教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Jung-Stilling und seine Volkslieder

    長谷川健一

    Seminarium  ( 39 ) 21 - 44 2017年12月  [査読有り]

  • ジャン・パウルの『見えないロッジ』における地下教育モティーフをめぐって―『レヴァーナ、あるいは教育論』を手がかりに―

    セミナリウム  ( 35 ) 1 - 25 2013年12月

  • K.A.ファルンハーゲン・フォン・エンゼのツィンツェンドルフ評価をめぐる一考察―ウィーン体制下のプロイセンにおける政治・宗教・サン=シモン主義との関連から―

    セミナリウム  ( 32 ) 21 - 45 2010年12月

  • ノヴァーリス文学とヘルンフート同胞教団―二つの断片におけるヘルンフート・モティーフと『青い花』の解釈をめぐって―

    セミナリウム  ( 31 ) 1 - 25 2009年12月

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『ドナウ河―流域の文学と文化―』

    丹下和彦, 松村國隆他 (担当: 共著 )

    晃洋書房  2011年04月

  • 『アルタナティーフ―第二外国語としてのドイツ語文法―』

    神竹道士, 髙井絹子, 長谷川健一 (担当: 共著 )

    郁文堂  2015年03月

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 「新しい装飾」と「新しい芸術」をめぐって―H.ムテジウスによるドイツの独自性の追求―

    長谷川健一

    大阪市立大学フランス文学会  2019年03月 

  • シュバイツァーと敬虔主義

    長谷川健一  [招待有り]

    シュバイツァー永眠記念会  2017年11月 

  • フィクションの誘惑―ユング=シュティリングにおける信仰と創作―

    長谷川健一

    大阪市立大学ドイツ文学会  2017年03月 

  • 装飾と「近代」―ヘルマン・ムテジウスのユーゲントシュティール批判再考―

    長谷川健一

    大阪市立大学ドイツ文学会  2016年03月 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 世紀転換期の装飾と「近代性」をめぐる問題―独仏語圏における文化論的視座から―

    研究課題/領域番号:16K02541  基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 言語文化概論Ⅰ

    (2018年度)大学 専門科目

  • ドイツ語圏文化学研究

    (2018年度)大学院 専門科目

  • ドイツ語圏文学研究演習2

    (2018年度)大学院 専門科目

  • ドイツ語圏文学研究Ⅱ

    (2018年度)大学院 専門科目

  • ドイツ語圏減文化特別演習

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • マティアス・ポリティキ朗読・対談会の企画・実施

    (大阪)

    役割:企画, その他

     対象:その他 

    2014年10月
     
     

     概要を見る

    大阪・ハンブルク友好都市提携25周年記念事業の一環で、本学の外国人招へい教授として受け入れたドイツ人作家ポリティキ氏の朗読・対談会を企画し、2014年10月8日に、大阪市、大阪ドイツ文化センター、大阪市立大学の共催で開催した。70名以上の参加者が集まり、盛況であった。
    ◆関係組織:大阪ドイツ文化センター、大阪市、大阪市立大学

  • 秋期ドイツ語技能検定試験の大阪会場責任者

    (大阪市立大学)

    役割:その他

     対象:その他 

    2011年
    -
    2013年

     概要を見る

    2011、2012、2013年度の3年間(秋期)、大阪会場の試験場責任者を務め、関係教員・学生の協力の元、西日本最大規模の受験者数(700~800名)を受け入れた。
    ◆関係組織:ドイツ語ドイツ文学振興会、大阪市立大学